2017年11月12日

コーヒーワークショップ実施

11月9日に『春風珈琲』の日下部さんを講師に招き、
コーヒーの淹れ方講座を実施しました。
この講座は11月18日(土)に東山青少年活動センターで実施するイベント
“ワカモノ文化市”のカフェコーナーを運営するためのプレ企画です。
講座ではまず、日下部さんが取り扱うインタグコーヒーのレクチャーから
始まりました。
インタグコーヒーは南米エクアドルにあるインタグ地方で生産されたコーヒーで、
森林農法というバナナやアボカドと一緒に育てる農法で育てられています。
日本の茶畑のような段々畑で育て方は生産性が高いのですが、
コーヒーは日陰を好む植物のため、森林農法の方が美味しい
コーヒーになるとのこと。
また、メディアで耳にしたことがあるフェアトレードについてもレクチャーをうけ、
「安い」ではなく、「公正な」価格取引は生産者だけではなく、
生産地の環境を未来まで残すことにつながります。
コーヒーという切り口から日下部さんの価値観に触れた気がします。
後半はコーヒーの淹れ方を教わりました。
同じような淹れ方をしてみても、全く同じ味にはならず、
人それぞれの個性が出ます。
みんなで飲み比べ、苦味や酸味、後味や香りの違いを楽しんでいると
あっという間に時間が過ぎていきました。
参加者からはお湯を注ぐペースや量、温度や蒸らし方など細かな点まで
質問がとんでいました。
レクチャーを受けた青少年が淹れるコーヒーは
11月18日(土)12時〜17時に開催する「ワカモノ文化市」でお楽しみ頂けます。
お時間のある方はぜひお越しください。

171114_1.jpg

171114_2.jpg
posted by ひがせい at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: