2017年12月09日

ダンススタディーズ1(#2)の3回目(17DS3)

12/8は3回目のワークショップでした。
今日から参加の人もいて、少し広く感じだった空間が
ちょうどいい位の空間になってきました。今日は大谷さんが進行です。

まずは、腕を回してみます。次にペットボトル(水の重み)を使って、
水の音をならさないように、腕を回す速度に変化をつけていきます。
その後、ペットボトルを持たずに腕を回してみます。
すると、それまで、腕だけで回そうとしていた動きから、
とても自然に、全身を使った動きに変わり、踊っているように見えました。

171209_1.jpg 171209_2.jpg 171209_3.jpg

次に、ペアの片方の人が四つ這いになって、背骨と動かす位置を意識しながら
ゆっくりと上にあげていきます。
動かす順番は尾てい骨から徐々に背中、胸、と上にしていきます。
もう1人が指で、動かすべき位置を押してあげます。
「ここだよ〜」と何度か押してもらいますが、なかなか難しい・・・
動かしているつもりが動いていない・・・
と何回か繰り返していると、動くようになってきました。
背骨が上にあがったら、次は反対に下げていきます(背骨をそらす感じです)
繰り返しすることで、ゆっくり、じっくりと体と向き合う時間でした。

171209_4.jpg 171209_5.jpg 171209_6.jpg

休憩をはさんで、童謡を使ったワークです。
ペアになって歌いながら、体を動かします。「サ」が出てきたら、
歌に合わせて横に動いていたのを前に動くことに。というルールのもと、
2人で歌い終わるまで間違わずに合わせて動くというものでした。
中学生や高校生は、まず歌詞を覚えるところから始まりました。
とりあえず動きながらやってみると、感覚をつかむのが早く、
歌い終わるまでできたペアも。
観ていると、何だかスピードアップしている!という組もありました。
みんな、とっても集中していました。

171209_7.jpg 171209_8.jpg 171209_9.jpg

最後に、輪になってリーダーの動きを真似るワークをしました。
リーダーになる順番は決まっていましたが、いつ交代するかは言葉を使わずに
つないでいきます。手のポーズで回す人、リーダーが変わっていったことに気づかず
知らぬ間に自分に回ってきて、驚いた人も。
それぞれの動きの特徴も見れ、観察力や察することに集中したワークでした。

171209_10.jpg 171209_11.jpg 171209_12.jpg

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ダンス スタディーズ1は、あと4名参加者を継続募集します。
受付締め切りは12月15日(金)にしています。
途中からの参加でも大丈夫です。
説明会も随時開催させていただきます。
このブログを読んで、やってみたいと思った方は、
 ぜひ、こちらの記事からメールでご連絡ください。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

posted by Higashiyama Center at 19:32| Comment(0) | ▼ダンススタディーズ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: