2018年05月26日

中劇研合同発表会の仕込み

昨日(5/25)17時から、6月初めに行われる、
合同発表会に向けて、仕込みが行われました。

仕込み(リノ・パンチ敷きと遮光、客席ぐみ)をしたのは、
京都女子中学校、立命館中学校、同志社中学校の
生徒さんたち、総勢30名でした。
仕込みをリードしていただいたのは、創活番の恵藤さんと藤崎さん。

その前に、照明の仕込みは、ボランティアが来れないので、
一昨日(5/24)と残りの結線を仕込み当日の昼一番で職員が行いました。
照明の吊り込み図面のプラン・作成は藤崎さんにお願いしました。

3005261.jpg 3005262.jpg 3005263.jpg

ここ数年、遮光は同志社中学校が担当。
先輩が後輩に教える形で進められました。

リノとパンチ敷きは京都女子と立命館。
最初は舞台関係のリノと半間の黒パンチ敷きを京女、
客席関係のグレーパンチ敷きを立命館にと分担していましたが、
京女はカラフルなTシャツのユニホームで
テキパキと作業を進めて行くので、
その後は立命館の作業も一緒に手伝ってもらいました。

最後は、平台で客席を組む作業は全員で、
平台と箱馬を薄ベニアで固定する作業も含めて行いました。

いよいよ本日(5/26)からはリハーサルが始まります。

posted by ひがせい at 10:00| Comment(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: