2018年06月03日

最優秀は修学院!

中劇研合同発表会、2日目は午前中に4校、
京都女子中学校、同志社国際中学校、
洛星中学校、松原中学校の順に公演がありました。

昼食の休憩をはさんで、合評会が行われ、
そのあと、審査員(山本和馬さんと筒井加寿子さん)の講評、
表彰式へと移りました。

筒井さんからは、表現に正解はないので、
わたしの意見はひとつの「提案」と思って聞いてほしい、
という前置きをした後、昨日からの公演順に
各校へのアドバイス(こうもできたのでは)を
美術(置き道具)や場転、暗転、照明による場所の使い分けなど、
わかりやすく具体的にしていただきました。

同じように、山本さんからは、○○している時の
からだをどう見せたらいいのか、体験がない場合も多いので、
想像してみることも大切だし、具体的に観察してみて、
自分の中でのリアリティーがあると思えることは
思い切って試してみることも重要、
とアドバイスしていただきました。

1806031.jpg 1806032.jpg 1806033.jpg

審査結果は、
最優秀校:修学院中学校
優秀校:立命館中学校、京都女子中学校
優良校:洛星中学校
奨励賞:その他の6校
でした。

後片づけ(舞台・客席のバラシ)は、仕込みに参加していない学校、
音羽、修学院、洛北、京都文教、同志社国際の
各中学校のみなさんで行いました。

演劇部のみなさん、お疲れ様でした。

posted by Higashiyama Center at 15:57| Comment(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: