2018年07月03日

幻灯劇場の仕込み

未踏座の公演が日曜日に無事終わり、
昨日(7/2)からは幻灯劇場の仕込みが始まりました。

いろいろ想定して準備はしているものの、
やっぱり現場を見ないとわからないこともあるもので、
舞台装置の位置や舞台上の敷物のセッティング方法、

それに加えて、キャパに即した客席の位置の再考と
場の仕切り方(暗幕の吊り足し)などの変更、
それに伴う借り物の手配、何回かの搬入作業などで
仕込が始まるのが1時間ほど遅れ、
昼からは裸火の申請の件で、
消防署員の現場確認が長引き、
そのことでも作業が送れ、
この日中に仕込みが終わりませんでした。
美術のコンセプトは楽譜です。
それは衣装関係にも及ぶと思われます。
舞台は全体的に白いイメージになってます。

1807031.jpg 1807022.jpg 1807033.jpg

仕込み2日目。現在は舞台関係の仕込みはほぼ終了し、
灯体の吊り替えや音響の仕込みに取りかかっています。
今日中には音照の目途をつけたいものです。

公演は7月6日(金)〜8日(日)の5回公演です。
ぜひ足をお運び下さい。
チケット予約は こちらからできます。

posted by Higashiyama Center at 16:56| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: