2018年12月14日

京都大学E.S.S.「Winter's Tale」 明日から本番!

京都大学E.S.S.ドラマセクション
冬公演2018「Winter's Tale」が
明日から始まります。

公演の仕込みは、12月10日(月)の朝から始まりました。
部員のみなさんは大学での授業があるので、
朝、センターに来て準備を始め、午後は授業へ行って、
また、夕方頃からセンターに集まって準備の続きと稽古。
と、この1週間は東山青少年活動センターと京都大学を
往ったり来たりの毎日です。

仕込みに全員がそろうことはまれで、
途中に授業で抜けたりもするので、
ずいぶんとゆったりとした感じで進んでいましたが、
前年度公演をした、その先輩たちの経験が、
しっかりと後輩たちにも伝えられている場面もありました。

1812141.jpg 1812142.jpg 1812143.jpg

冬物語(Winter's Tale)はシェイクスピアの悲喜劇の1つで、
欺瞞を抱く王と無実の王妃。そして荒廃していく王国。
捨てられた王女の運命は?

公演日時
12月15日(土)13:00
12月16日(日)12:00

古語英語で語られる冬物語。
字幕もありますので、ぜひ、足をお運び下さい。

posted by ひがせい at 21:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: