2019年08月05日

幻灯劇場「ミルユメコリオ」の仕込み

いよいよ本日(8/5)より、幻灯劇場の仕込みが始まりました。

現在は照明のシュートと音のチェックが行われていますが、
注目すべきは、やはり舞台です。
舞台もまだ薄ベニヤがはられている途中なのですが、
圧巻は客席に向かって6度の傾斜をもたせた、
客席側から見れば太陽光パネルのような舞台です。
広さは4間幅で奥行きが3間半もあり、
前から2間半の部分は黒板の塗料が塗られているため、
黒板としても使われるようです。
そして、アクティングエリアは平台部分よりもさらに前に
2間も広がっているという、相当ひろい舞台です。

1908051.jpg 1908052.jpg 1908053.jpg

台風の動きが気になるところですが、
幻灯劇場の原点回帰の舞台。
初日のチケットは完売とのことですが、
土曜日から月曜日の山の日まで、公演は続きますので、
ぜひ、この機会に「ミルユメコリオ」を
ご覧ください。

posted by ひがせい at 16:55| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: