2019年12月05日

京大E.S.S.の仕込み

月曜日(12/2)の朝から、いよいよ京都大学E.S.S.
ドラマセクション公演の仕込みが始まりました。
昨年の公演を経験した上回生が、いろいろと
リードしながら進めました。

役者やスタッフのみなさんは学校の授業があるので、
朝から来れない人は夕方からの参加に。
また、空いている時間にセンターに来て
仕込みを手伝う人は、大学とセンターを
往ったり来たり。

1912051.jpg 1912053.jpg 1912052.jpg

E.S.S.の公演ですから、もちろん英語劇です。
そこで、英語が苦手なお客さんのために、
そこは字幕が用意されています。
ただ、以前はその字幕を映すスクリーンが床置きのもので、
座る場所によってはちょっと見にくいというお客さんのために、
今年はスクリーンを吊るす試みにチャレンジしています。

また、照明さんも、いろいろと試行錯誤を繰り返して、
灯体の吊り位置を考え、シーンに合った明りが
作れるように工夫していました。

今日からは完成した舞台で、照明を入れた
練習が繰り返されています。

ぜひ、この機会に英語劇を楽しんでみてはいかがでしょう。

posted by ひがせい at 20:48| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: