2020年04月07日

公演ちらし入れの修理

創造活動室の前の廊下に立てかけてある
2枚のパネルで作られた公演のちらし入れ。
1枚のパネルには、24コのポケットが付いています。

このポケットは、薄いビニール製のリフィルポケットで
それを、両面テープや画鋲でパネルに貼り付けていますが、
この数年間の使用で、ポケットの折り目のところが
切れてしまっているものが目立ってきていたので、
すべてのポケットを貼り換えました。

2004071.jpg 2004072.jpg 2004073.jpg

2枚のパネルで48枚のポケットがありますが、
この2月頃までは、これらのポケットに
入りきらないほどの置きチラシが来ていましたが、
現在は、半分以上のポケットがカラの状態になっています。

ちなみに、創活番のメンバーから、パンチを巻く時の
芯に適した固い紙の筒を5本いただきました。
さっそく、新しく購入した10mのパンチ3本と、
古い黒パンチ2本を、芯を使って巻きました。
芯を使って巻かないと、パンチの端が曲がってしまって、
床と固定する時にテープがはがれて困っていました。
そのパンチのくせが、芯に巻くことで、
少し改善されればと思います。

posted by ひがせい at 17:18| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: