2020年09月19日

全リハーサル、終了しました!

9月13日(日)から行われていた、京都府高等学校演劇連盟
中部支部大会のリハーサル、参加校10校すべて終了しました。

本日(9/19)は、残っていた2校、同志社と朱雀のリハでした。

午前中の同志社は、集団としての動きがしっかりと
できている印象を強く持ちました。
演出担当の生徒さんがリハーサルのすべてを
取り仕切って、指示出しも滞ることなく的確で、
予め予定していたきっかけ合わせを早々にすませ、
その後、通し稽古を行いました。
10校のリハーサルで通し稽古を行ったのは同志社だけでした。
演目は、今年1月の冬劇祭で演じられたものと同じでしたが、
美術も含めて、確実にレベルアップしていました。

2009191.jpg 2009192.jpg 2009193.jpg

午後からは最後の学校、朱雀高校のリハーサルが行われました。

音響さんがMDデッキを2台使いたいということで、
ケーブルを差し替えようとプラグを抜くと、
プラグの中継アダプタの先が相手側に残ったまま線が切れてしまい、
ちょっとパニックになってしまいました。
とっさに、CDデッキの線を代用することを思い付き、
差し替えてつないで事なきを得ました。

リハーサルは場転、役者、音・照さんとのきっかけ合せを
入念に繰り返し行っていました。
(きっかけ合せのやり取りから、午前中は
学校で通し稽古をしていたことが窺えました)

きっかけ合せだけで、内容をすべて見たわけではありませんが、
お花屋さんを舞台に、店主とお客さんのやり取りから
様々な人間ドラマが観て取れ、しかも、
コロナ禍の時代に希望の光が差すような内容の
お芝居だと思われました。

2009194.jpg 2009193.jpg 2009192.jpg

posted by ひがせい at 15:32| Comment(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: