2020年09月19日

申し訳ありません、無観客でのコンクールです!

いよいよ明日から、高劇連中部支部大会が始まります。
が、今年はコロナウイルス感染拡大予防の観点から、
残念ながら、無観客で行われます。

2009197.jpg 2009198.jpg

9月13日(日)に行われた、リハーサル初日に戻ります。
リハーサル初日は、西乙訓高校、桂高校、
洛星高校、堀川高校の順で行われました。

コロナ禍で迎える演劇コンクール、最初のリハーサル校は
西乙訓高校でした。
顧問の先生から、もっと声を出して!、もっと大きく!
という指示が何度もとびましたが、
このご時世で仕方がないとは言え、
マスク着用の演劇にはやはり違和感を
感じざるを得ないものがあり、
これから行われる参加校10校のリハがどうなるのか、
総じて、役者さんが気の毒に思えてきました。
(マスクだと呼気の二酸化炭素も吸うので、
苦しいときもあるのではないかな?、とか)

続く桂高校は、お芝居づくりはしっかり進めている様子でしたが、
直接の顧問の先生に情報がリアルタイムで届いていないらしく、
ここ数日にそれらが一気にやってきたようで、
いろいろ間に合っていないことと向き合わざるを
得ない状況、それと格闘されていました。

2009199.jpg 20091910.jpg

洛星高校は、置き道具の数がかなり多く、
すべてを運び入れて舞台上の適切な位置に
設置するまでに、35分ほどかかりました。
創作台本が多い中、既成台本の上演だと思われますが、
なにか象徴的に使われている映像が効果的でした。

堀川高校は、今年初めて冬劇祭に参加されたと思います。
その時は2人芝居でしたが、3月で先輩の1人が卒業、
残ったもう1人の生徒さんが、新たなメンバー2人を加えて
3人でお芝居に臨んでいました。
冬劇祭の時と同じく、なにかじっくりと
考えさせられるようなお芝居のように感じました。

posted by ひがせい at 17:35| Comment(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: