2020年09月22日

高劇連中部支部コンクール、最終日

9月20日から3日間にわたって行われた、
京都府高等学校演劇連盟中部支部大会、
全日程が終了しました。

本日(9/22)は、残り2校、向陽高校と
朱雀高校の公演がありました。

リハの時は、確かに冒頭から漫才のシーンでしたが、
ずっと漫才やコント仕立てのお芝居だとは思っていませんでした。
M1グランプリ予選に向けて、お互いが作ったネタが次々と演じられますが、
ほぼそれが実体験に基づくネタだという2人の告白で、
それぞれの現実が自然に伝えられるような造りになっていました。
結構難しい漫才の息もピッタリでした。

朱雀高校は、コロナ禍でのお芝居にすることで、
役者が舞台上でマスクをつける必然を作り出し、
その上で、花を買いに来たお客さんと花屋の主人との会話から、
いくつかの人間ドラマを作り出して、それを巧みに演じました。

2009221.jpg 2009222.jpg

公演終了後は先生方全員でバラシを行ない、
審査員のお2人は、その間に最終評価を行っていました。

審査結果
最優秀賞 洛星高校、同志社高校
優秀賞  向陽高校、朱雀高校
となりました。


役者・スタッフのみなさま、関係者のみなさま、
お疲れ様でした。

posted by ひがせい at 17:33| Comment(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: