2021年08月20日

脚本決め(21BS11)

緊急事態宣言の発令に伴い、8/20からセンターは休館することが決まり、
ビギナーズユニットの講座も、オンラインに切り替えて実施することになり、
しばらくは対面ではなくなります。
ビギナーズユニットの中でも特に大切している回です。
参加者全員が対面で決めるということにこだわり、当初の予定日を変更し、
8/19に実施しました。

脚本の候補は3つで、前回の脚本講座も含め、事前に各自が読みこんで来ています。
時間は3時間、「17人全員で」1つの脚本に決めるのが、今回のゴールです。
それぞれが持つ作品への想いを語り、そのうえで、どこに焦点を当てて決めるのか。
個人の想いや考えを伝え合い、相手の想いもじっくり聞きながら、進めていきます。
ですが、時間は待ってはくれません。
始める時に決めていたリミットの時間は来ていましたが、
全員が納得のいく結論を出すために、「自分のやりたいこと」から
「17人でやりたいこと」に視点を変え、最後まで、全員で考えました。
自分の意見を伝えること、相手の意見を受け止めること、全員で1つに向かうこと、
それぞれに難しさと苦しさを感じ、作品のことだけではなく、これからの時間や
メンバーについて改めて考えることができた大切な時間でした。

210820.jpg

演劇ビギナーズユニット2021(27期)の上演作品は
別役実さん作の「森から来たカーニバル」に決定しました。

ここから本番の日まで、演出家、演出補と共に、17人がどんな風に進んでいくのか、
いよいよ始まる創作への道のりと、そして進んだ道の先が楽しみです。

posted by ひがせい at 18:18| Comment(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: