2007年09月30日

陶器まつり(五条坂)、ぶらぶら12

陶器まつり最終日、しのぎのカップを買おうと
訪ねたお店の前で20分ほど立ち往生のお話。
初日から何とはなしに気になっていたお店の乳白色のカップ。
伝統技法のしのぎ(手彫りによる彫り込み)による模様が
精巧で細かく、曲線を描いて優美でありながら
カップ自体は少し重厚な感じを漂わせている
存在感がすばらしいと感じていたが、
何故かすぐに購入という行動には移らなかった。
色の感じをもう少し詳しく言うと、
CD-RやDVD-Rの印字面の色、
ホーローびきのような感じとでも言えばいいだろうか。

07081016.jpg 07081017.jpg 07081018.jpg 07081019.jpg

ところが、このカップが、最終日前日にはお店から消えていた。
作家の方に訊いてみると、もう売れてしまったという。
何とか手に入りませんかとたずねると、少し考えた後、
最終日、奥さんが後片付けに来るので、
その時売れたのと同じカップを工房から
持って来てもらうよう連絡しておくから、
22時前に寄ってくださいというので、そうすることにした。

ところが最終日、お店に寄ってみると
これですと見せられたのカップは、
口の周囲にキャラメル色の釉薬が塗られ、
部分的に少し内側に垂れていて、真っ白のカップとは少し違った。
真っ白なカップだったら何の迷いもなく即買ったのだが、
この口の周囲についたキャラメルのために
店の前でしばらく立ち尽くしてしまったというわけなのです。

真っ白な、もう少し細長いビアマグにするか、
真っ白で似たような形だけれども、
しのぎの模様がほしいものほど密ではなく
縦にストレートな模様になっているもの、
この3つを何度も何度も手にとっては返し、
手にとっては返し、とうとう決めかねてしまった。

―真っ白なやつが欲しかったんです。
―それじゃ、真っ白のやつをつくりますよ。
とまで言っていただいたが、だんだん気がひけてきた。
買わずに帰ろうかという思いも頭をよぎったが、
わざわざもって来ていただいておいて断る言葉も見つからず、
そのうち何だか申し訳ないような気になってきた。
汗が額を流れ出した。
あちこちで、少し前から店じまいが始まっている。
―ゆっくり選んでください。
―これだけ悩んで買っていただけるということは、
 作り手としての責任を感じます。
みたいなことまで。

そういう訳で、やはりわざわざ持ってきていただいた
しのぎのカップ(10/10)を購入することにしました。(N)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック