2007年10月07日

陶器まつり(五条坂)、ぶらぶら13

陶器まつりの雑感です。
そして、陶器の写真ばかり載せていたので
お店の雰囲気もアップしておきます。

今年は4日間で会場を6周くらいしたのではないかと思います。
何回も立ち寄って見ていただけで、
お店のものを何か買った訳ではないのに
最終日には、そのお店の前を通ると
先方からあいさつされて、少し驚いてしまいました。

0710061.jpg 0710062.jpg 0710063.jpg

昨年のブログ記事にコメントを寄せていただいた
多々楽達の安藤さんのお店にも何度か立ち寄り
ごあいさつさせていただいた。
ぶらぶら廻って見ているうちに、
ぶらぶらしているだけで何だか楽しくなっていく。

今年の陶器まつりは、窯元で焼かれた陶器
(おそらく職人さんの分業制で
比較的多く同じ商品が作製される)が
少し安価で手に入るというイメージから、
若手の陶芸作家のお店が増え、
そこでオリジナリティーを競っている、
そんなイメージに変わりつつあるように感じた。(N)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック