2008年03月10日

若年者キャリア形成支援事業「“技”と“心”を伝える仕事 Vol.2」 報告

Vol.2のナビゲーターは、木工芸職人の高橋博樹さんと
陶芸作家の河野嘉宏さん。

前回と同じく、まずは10名の参加者が二つのグループに分かれて、
それぞれ伝統工芸の技を体験。
木工芸グループは、金づちやのみ等
たくさんの道具を使って桐箱を作りました。
寸分のズレも許されない『指物(さしもの)』の技術に、
感嘆の声があがっていました。
一方の陶芸グループは、粘土でできた板を
型に巻きつけてカップを作りました。
こちらは、粘土というとても柔らかい素材で
全く同じ大きさ・形のカップを作ることの
難しさが体感できる内容でした。

0803101.jpg 0803102.jpg 0803103.jpg

後半の座談会では二つのグループが一緒になり、
それぞれのグループで体験した事を参加者同士で共有してから
ナビゲーターのお二方にお話を伺いました。
参加された方からの「なぜ木工・陶芸を選んだのか?」
「ものづくりの世界においてプロとアマの違いは?」
といった率直な質問に対して、
高橋さんと河野さんがひとつひとつ丁寧に答えて下さいました。

終了後、参加者の皆さんからは「職人さんやものづくりのイメージが変わった」
「仕事に対する姿勢がとても参考になった」
「分野と立場の違う人の意見が聞けて良かった」など、
様々な感想をいただきました。

posted by ひがせい at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼仕事関連事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック