2022年10月24日

クール制プログラム Bコース第2回目を実施しました!

10月16日(日)、アートスペースのBコース2回目を実施しました!
今回のテーマは「たのしい、うつくしい、雨の日」です。
水に溶かした水彩絵の具を、スポイトを使用して画用紙の上に乗せ、
傾けると水が流れて雨のような絵が描けるという創作をしました。
雨が流れたところに好きな絵を描いて完成です。

画用紙の上を水が流れていく様子を楽しんだり、
色鮮やか雨の中に生き物が住んでいる場面を描いたりと、
雨の日がわくわくするような作品ができました。
またインクを垂直に垂らし交差させて、
チェックの柄のような模様を描いた作品や、
雨の中に建つ銀閣寺を描いた作品など、
雨というキーワードにとらわれない、
参加者それぞれの思い描く風景を描いていきました。
最後は、いくつか創作された作品の中からお気に入りのものを
額縁に入れて持って帰りました。
絵を入れる額縁にも、ラメの装飾や絵の具やペンで色を付けて装飾しました。

221024_1.jpg 221024_2.jpg 221024_3.jpg

雨の日と好きなものを組み合わせて楽しい作品が
たくさんできあがりました。

出来上がった作品はセンターのロビーに展示しました。

posted by ひがせい at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月06日

クール制プログラムAコース2回目を実施しました!

10月2日(日)は東山アートスペースのAコース2回目でした。
今回のテーマは「オリジナルの本を作ろう!」です。
参加メンバーそれぞれはボランティアスタッフに作り方を教わりながら、
大きな紙を手順に沿って折っていくことで、本を作っていきます。
そして作った本に、それぞれの「好きなもの」の描いて自由に表現していきます。
何の絵を描こうか、どの色の紙を使おうか等、
ボランティアスタッフと一緒に考えながら創作に取り組みました。
今回も作品作りを通して、メンバーとボランティアスタッフの間に
自然と交流が生まれ、賑やかでした。
特に絵を描いている時は、楽しんでいる様子の方が多かったです!
そしてみんなの「好き」がたくさん詰まった素敵な本が完成しました。

221006_1.jpg 221006_2.jpg 221006_3.jpg

大好きな物語と自分の好きなキャラクターたちを登場させてみたり、
好きなものを1ページに1つずつ描いたり、
中には、本格的な物語を文章入りで描き、全員の前で発表する際に
物語について説明していたメンバーもいました。
それを聞いて「おーっ!!」という声が上がったりと
集中して過ごした時間を本を通して、共有することもできました。
出来上がった作品はセンターのロビーに展示しています。

221006_4.jpg 221006_5.jpg 221006_6.jpg

posted by ひがせい at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月23日

クール制プログラム Bコース第1回目実施しました!

9月18日(日)、アートスペースのクール制プログラム
Bコース第1回目を実施しました。
今回のテーマは『くしゃくしゃ、ねじねじ アルミホイルでいきもの』です。
ということで、参加者とボランティアが一緒に
アルミホイルを使って個性豊かな「いきもの」を作りました。
アルミホイルを丸めたり、ねじったりして自由自在に形を変化させていくことで、
一人一人が好きな「いきもの」を表していました。
またマスキングテープで補強をしたり、「いきもの」の手足を
くっつけたりすることで形を整えました。
沢山手を動かしながら段々と作品が出来上がっていく過程を
皆で楽しむことが出来ました。
また土台となる紙皿に絵を描いたりアルミホイル自体に絵を描く方もいて、
絵を描くことを楽しんでいる方も多かったです。

220923_1.jpg 220923_2.jpg 220923_3.jpg

今回はBコースの第1回目ということで、久しぶりに参加される方や
初参加の方もいましたが、はじめからリラックスした様子で、
それぞれのペースで創作を楽しんでいる様子でした。
とても楽しい創作の時間になりました!
出来上がった作品はロビーに展示しています。


posted by ひがせい at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月05日

クール制プログラム Aコース第1回目実施しました!

9月4日に、アートスペースのクール制プログラム
Aコース第1回目を実施しました。
今回のテーマは『ピクニックへ行こう!』です。
ピクニックに欠かせないお弁当を、紙ねんどや毛糸など
様々な素材を使って再現しました。
紙ねんどでサンドイッチやおにぎりを作ったり、
素材の感触を楽しみながら作品づくりができました。
1人1つ用意されたお弁当箱に具材を詰め込んで段々と
出来上がっていく様子にワクワクしました。
最後にお弁当箱にもペンやシールで模様を付け、
オリジナルお弁当が完成しました。

220905_1.jpg 220905_2.jpg 220905_3.jpg

今回は、Aコースの初回ということで、
少し緊張しながらスタートしましたが、
参加者やボランティア、ナビゲーターそれぞれとの会話も交え、
リラックスしながら創作活動ができました。
出来上がった作品はロビーにて展示しています。

posted by ひがせい at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月08日

アートスペース8月の単発プログラムを実施しました!

先月に引き続き、8月7日(日)に単発プログラムを実施しました。
今回は魚を題材に紙版画を行いました。
はじめに紙に魚の絵を描いていきます。
図鑑を参考に描いたり、想像力に任せて自由に魚の絵を描いている人もいました。
次に、描いた魚の絵をハサミで切り取り、魚の型をつくっていきます。
魚の目玉や鱗の部分等を表した紙を上から重ねていきました。
紙以外の素材も使い、うろこを表現してみたり、それぞれの個性が出てきました。
より創作が深まるように、ボランティアが声かけしたり、
魚やそれ以外のことについての会話を楽しみつつ、作っていきます。
次に、できあがった魚の型にローラーでインクをまんべんなく塗っていきます。
ローラーをコロコロと転がす作業を皆さん楽しんでいました。
2枚刷るので、1枚目の色のつき具合をみて、2枚目は、「もっと濃いのがいい!」と
丁寧にインクをつけている人が多かったです。

20808_1.jpg 220808_2.jpg 220808_3.jpg

明るい雰囲気の中、順調に創作が進んでいきました。
最後に、インクが塗られた魚の型に上から半紙をのせます。
大事に手で半紙に魚を映し出して、完成です。
綺麗に半紙に映し出された魚をみんなに見せると、拍手が起こりました。
刷り終わった作品に、さらに絵や音符を書き込んでいる人もいました。
最後の発表の時間も、いろいろな魚と創作した参加者の自信に満ちた笑顔が
印象的でした。
2枚の内、1枚は持って帰り、1枚はセンターのロビーに展示しました。

220808_4.jpg 220808_5.jpg 220808_6.jpg


posted by ひがせい at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月21日

アートスペースの作品を東山センターで展示しています!

7月18日に実施したアートスペースで作られた作品を
東山センターのロビーにて展示しています。
夏祭りをテーマにした3種類の作品です。ぜひ、ご覧ください。

「野菜スタンプで花火」
野菜の断面に絵の具を塗り「野菜スタンプ」で、
夏の風物詩である花火を描きました。
色々な形の野菜で出来た花火がとても色とりどりです。
創作を通して、参加者の皆さんとボランティアの交流の場になっていました。

「とうもろこしタウン」
ペットボトルに黄色い紙とプチプチを巻き付けて、とうもろこしを作りました。
立てたとうもろこしを建物に見たてて「とうもろこしタウン」に。
みんなで協力しながら集中して作ったので、大小さまざまな、
沢山のとうもろこしが出来ました。

「たこやきころがし」
紐とテープをぐるぐる巻きにしてたこやきをつくりました。
作ったたこやきを段ボールの上にころがして、紙皿でキャッチしました。
たこやきだけに留まらず、余った材料でたこせんも作り出すなど、
それぞれが自由になって創作を楽しんでいました。

220721_3.jpg 220721_1.jpg 220721_2.jpg



posted by ひがせい at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月19日

アートスペース単発プログラム【7/18】実施しました!

今年度初のアートスペースを実施しました!
祇園祭にちなんで、テーマは「夏祭り」。
お祭りの音楽をBGMに、お祭りの雰囲気を味わいながら
花火や屋台などをモチーフにした3種類の作品を創作しました。
「お祭りといえばなんやろう?」、「お祭りの屋台で何が好き?」
などの会話も聞こえ、参加者とボランティアそれぞれの思いつきや、
一緒に考えながら創作活動を行いました。

220719_1.jpg 220719_2.jpg 220719_3.jpg

ボランティアからは、「緊張している様子も見られたけど、
段々自分の思っていることを伝えてくれるようになった。」
「(マスクをしていたが)時折笑顔を見せて楽しそうな様子が伺えた。」
などの感想を聞くことができました。

作品はセンターのロビーにて展示しています。ぜひご覧ください。


posted by ひがせい at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月11日

アートスペース ボランティア研修報告

7月10日に今年度活動を予定している、アートスペースのボランティアを集め、
ボランティア研修を行いました。
研修は前半と後半にわけ、前半は知的な障がいについて学ぶ知識理解の時間、
後半はアートスペースナビゲーターの、松谷さんによる体験ワークショップでした。
前半の時間は、知的な障がいのある方とのコミュニケーションの方法について、
のびのびと表現をすることができるのかや見え方・考え方について
考える時間となりました。
後半の時間は、身近にある様々な素材を使ってオリジナルスタンプを作り、
1枚の紙に絵を描きました。

220711_1.jpg 220711_2.jpg 220711_3.jpg

ボランティア一人一人のオリジナリティ溢れる作品ができました。
参加したボランティアからは、「今回学んだことを、次回の活動で活かしたい」
「作品自体は同じモチーフなのに、全然違った作品ができ面白かった。」
という声を聞くことができました。

研修で作られた作品は、アートスペースのウェルカムボードとして
東山センターにて展示予定です。

posted by ひがせい at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月15日

令和3年度アートスペース作品展2/20(日)まで開催

今年度のアートスペースの活動がすべて終了し、
センターロビにてアートスペース作品展「わたしたちの日曜日」を
2月20日(日)まで実施しています。
作品のテーマは、「空・地・水」。
空を飛ぶ作品や、山や雪をイメージした作品、
流れる川や海の生き物の作品など、参加者思い思いの世界を表現しています。
また、コメントコーナーもございますので、
ご来場の際は、作品展を観ての感想をお寄せ下さい。
感染症対策をしながら実施していますので、ぜひご来館ください。

210213_1.jpg 210213_2.jpg 210213_3.jpg
posted by ひがせい at 21:26| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月08日

Bコース 1回目

当初、8月22日から始まる予定だったBコースの活動ですが、
緊急事態宣言の発令を受け、これまで実施ができずにおりました。
10月に入り、やっと開始することができました。
ご参加のみなさま、お待たせしてしまいましたが、
これからどうぞよろしくお願いいたします。

1回目は”空”がテーマのプログラムです。
「空飛ぶ〇〇(ホニャララ)」と題し、
重ねた紙に穴をあけたところに割ピンを刺し,
動きのあるモノが空を飛ぶ姿をイメージしながら作品をつくりました。

2111071.jpg 2111072.jpg 2111073.jpg

Aコースの人の作品を見て、
「私もあれが作りたい!」とトマトのキャラクターを作ったり、
「それかわいい。私もやってみようかな。」と
マスキングテープやシールを使ってデコレーションをしてみたり、
作品創作を通して,さまざまな交流も生まれていました。
初回の活動になるので、緊張した人もいるかもしれませんが、
みなさん、明るい表情で楽しそうに作品作りに取り組んでいました。

現在、東山アートスペースでは、参加者の作品作りをサポートする
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまで
お気軽にお問合せください。

posted by ひがせい at 10:00| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月06日

Aコース 2回目(10/3)

緊急事態宣言が解除されたため,
延期していたアートスペースの2回目の活動を,
約2か月ぶりに実施することができました!

1回目は“空”をテーマにしたプログラムに取り組みました。
今回は,“水”がテーマです。
大きな模造紙に様々な素材の青色のテープを自由に貼り合わせ,
海や川に見立て,そこに住んでいるモノたちを想像しながら,
描いたり,貼ったりして,作品をつくりました。

2111061.jpg 2111062.jpg 2111063.jpg

机いっぱいの模造紙に青色のテープを大きく貼ることで,
メンバー各々が思い描く海や川の中に住む生き物や文字をカラフルに表現しました。
また,テープを利用してひらひらと立体感・動きのある部分を作ってみたりと,
全体的に大きな作品が出来上がりました!
「水と言えば,海や川。そこには何がいるのだろう・・・?」と,
考えながら作っていました。
最後には,描いたモノそれぞれの特徴を説明しながら楽しく作品発表を行いました。

現在,東山アートスペースでは,参加者の作品作りをサポートする
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は,東山青少年活動センターまで
お気軽にお問合せください。

posted by ひがせい at 10:11| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月13日

令和3年度のアートスペース、始まりました!

アートスペース第1クールが8月1日より始まりました!
まずは、Aコースからスタートです。
8月は『空』がテーマです。
そこで今回は、“空飛ぶ〇〇(ホニャララ)”と題し、
重ねた紙に穴をあけたところに割ピンを刺し、
動きのあるモノが空を飛ぶ姿をイメージしながら作品をつくりました。

2108212.jpg 210821.jpg 2108213.jpg

重ねた紙に穴をあけたところに割ピンを刺し、
繋げるという仕組みを使い、メンバー各々の好きな動物や
乗り物・楽器などなど・・・紙の素材やペンの色、
割ピンを付ける場所にもこだわった
多種多様な作品が出来上がりました!
どんなものが出来上がっていくのか、
わくわく想像しながら作っていました。
最後には、工夫された素敵な作品たちそれぞれの特徴を
説明しながら楽しく作品発表を行いました。

現在、東山アートスペースでは、参加者の作品作りをサポートする
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまで
お気軽にお問合せください。

posted by ひがせい at 14:48| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月10日

Aコース 第2クール 最終回(2/21)

前年度分でアップできていなかった、
アートスペース最終回の様子をお届けします。

第2クールの最終回は、『陶芸をしよう!』でした。

いつも絵の具やマジックが並べられている場所に、
ろくろと粘土が置いてあり、メンバーは少し
緊張しながら席についていました。
ナビゲーターの彦坂さんが試作で作った大きな器を見せると、
メンバーはみんな「おお、すごい!」と緊張が解けた様子。
作り方の説明が終わると早速、メンバーも制作をはじめました。

2105101.jpg 21051012.jpg21051013.jpg

はじめは、人形が大人気!
まずは、試作でも指人形が紹介されたのでそれを参考に作りました。
時間がたつと、今年の干支にちなんで牛を作ったり、
チコちゃんなど好きなキャラクターのオブジェを作るなど、
応用して大きな人形も作られるようになりました。
そしてやはり多く作られたのが、コップやお皿などの食器類。
中には、12個も食器を作るメンバーや
大きなマグカップを作るメンバ―がいて、
食器ひとつとっても一人一人個性が発揮され、
インテリアや日常生活でもつかえそうな作品となりました!

posted by ひがせい at 17:58| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

Aコース第2クールの最終回(2/7)

第2クール最後は『陶芸をしよう!!』でした。
センターの焼成窯を使って、陶芸作品を作ろうという内容。
ボランティアもこの日に向けて研修を受けるなど準備してきました。
 
いつもと雰囲気が違う感じの工作室。
机の上にはろくろと粘土が並べられています。
ナビゲーターの松谷さんが、試作で作った食器や
焼きあがった陶器をメンバーに見せていきます。
すると、メンバーも合点がいったような顔で、製作をはじめました。

2002123.jpg 2002121.jpg 2002122.jpg

陶芸と言えば、食器類。
湯のみやお皿やコップを作っていきます。
初めはろくろや粘土の感触に慣れていないのか、
なかなかうまくいきませんが、 ボランティアと協力して
徐々にコツをつかんでいきます。
中には、コーヒーセットや和食器セットなどテーマを持って製作し、
普段の生活でも十分に使えそうな作品ができあがりました。

他にも、かわいい動物のオブジェやハートやとぐろをまいた器など、
粘土をいろんな形に変形させていきました。
焼きあがるとどんなふうになるのか楽しみですね。

現在、東山アートスペースでは、参加者の作品作りをサポートする
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまで
お気軽にお問合せください。

posted by ひがせい at 13:00| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月11日

Aコース第2クールの2回目(1/10)

アートスペース第2クールAコース、第2回は
「アートスペースDEお正月!」でした!
みんなでこまやたけとんぼ、たこといったお正月で
おなじみのおもちゃを作って遊ぼうという内容です。

まず、ナビゲーターの出川さんが、紙皿やストローで作った
こまとたけとんぼを実践してみせます。
これがよく回る!よく飛ぶ! メンバーはみんな興味津々。
他にも、コロナ禍で外でたこあげできないメンバーたちのために
天井から糸をつるして滑車のようにして
たこをぶら下げられるようにしました。

2002111.jpg 2002112.jpg 2002113.jpg

製作がはじまると、みな思い思いに作っていきます。
こまを花形にしたり、たけんとんぼにかわいい動物を描いたり、
紙皿を重ねて大きなこまにしたり…。

たこ作りが一番個性が溢れていたかもしれません。
絵の具やマジックを使い絵を描いたり、たくさんシールを貼ったり、
中には量産して連だこのようにするメンバーもいました。

発表では、たこあげに見立ててたこを上下させたり、
たけとんぼを飛ばしたりして楽しく遊びました。

現在、東山アートスペースでは、参加者の作品作りをサポートする
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまで
お気軽にお問合せください。


posted by ひがせい at 13:00| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月09日

Bコース第2クールの2回目(1/24)

Bコース第2クール、2回目は
『アートスペースDEお正月!』でした!
お正月にちなんだおもちゃを自分で作って
遊んじゃおうという内容。
製作につかうのは日常で使う紙皿やストローなど、
これで本当におもちゃができるのか?
とメンバーたちは不思議そうでしたが、
ナビゲーターの出川さんが試作を登場させ。
日常のものが遊び道具に生まれ変わったのをみせると
メンバーはみな興味津々でした。

2002084.jpg 2002085.jpg 2002086.jpg

製作がはじまると続々とこまやたけとんぼができていきます。
こまを床や机で回したり、たけとんぼを飛ばしたり。
キャラクターや柄をカラフルに描いたこまとたけとんぼは
回ると色が混ざってきれいに見えました。
たこづくりでは、マスキングテープを細かくはったり、
粘土をつかったり、小さいたこにキャラクターを書いて
大きなたこにいっぱいはったり…。
なかにはお姫さまの形のたこに、水のりを固めて
ダイヤのようにするメンバーもいて工夫がすごいなあと感心しました。
最後は、それぞれのたこを天井からぶら下げ発表をして、とても盛り上がりました。

現在、東山アートスペースでは、参加者の作品作りをサポートする
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまで
お気軽にお問合せください。

posted by ひがせい at 10:00| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

アートスペース第2クールBコース(12/20)

アートスペース第2クールBコース最初は
『野菜ハンコでクリスマス!』です!
野菜を切って作ったハンコで、
クリスマスの雰囲気を盛り上げようと頑張りました。

まず最初に、彦坂さんが「本に模様を集めよう!」と問いかけます。
ボランティアが作った試作の本には、れんこんや
さつまいもなど野菜の模様がずらりとならんでいます。
それをみてメンバーたちはなるほど! という顔をしていました。

2002081.jpg 2002082.jpg 2002083.jpg

作業がはじまると、皆それぞれ工夫をしながら野菜を使っていきます。
それぞれの野菜の形状を活かして虫や動物を表現したり、
またサンタやトナカイを描いてクリスマス気分をもりあげていました。
なかには大きな画用紙に木の枝と様々な野菜のハンコを駆使して
クリスマスツリーをつくるメンバーもいました。
他にも、野菜スタンプを全部集めて図鑑にしたり、
それぞれ野菜を自由に使って創作を楽しみました。

現在、東山アートスペースでは、参加者の作品作りをサポートする
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまで 
お気軽にお問合せください。

posted by ひがせい at 20:44| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

アートスペース第1クールBコースB(11/15)

Bコース第1クール最終回も,
Aコースに引き続き、ストーンアートをしました。

「石を手に取ってみてください、顔に見えませんか?」
ナビゲーターの彦坂さんからメンバーへの問いかけで始まりました。
すると、メンバーは「ここ目や!」「ここ口に見える!」と、
どんどんイメージを膨らませていきます。

2012081.jpg 2012082.jpg 2012083.jpg

制作に取りかかると、油性絵の具をどんどん石に塗っていきます。
好きな色を塗ったり、好きなアイドルの名前を
描いたり一生懸命取り組みました。
普段は平らな紙に描くことが多いですが,
立体的なキャンバスに描くことがなかなかない体験のためか、
どんどん作品ができ上がっていきました。
絵具で描くだけでなく、またそこに粘土や糸等の素材をつけて
さらにパワーアップさせ、発表では
画版の上にみんなの世界がひろがっていました!

現在、東山アートスペースでは、参加者の作品作りをサポートする
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまで
お気軽にお問合せください。


posted by ひがせい at 15:06| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

アートスペース第1クールBコースA(10/25)

アートスペース第1クール、Bコースも引き続き運動会をしました!
コロナウイルスでほとんどの学校行事が中止になっているので
みんなでわいわいする雰囲気をつくれたらと思い企画しました。

ナビゲーターの出川さんが「オリジナルのメダルと
万国旗をつくろう」とみんなに呼びかけ、スタートしました。
金、銀、銅の好きな色を選び、絵の具や色付きの粘土で
カラフルなメダルを作りました。
万国旗づくりでは好きなキャラクターやアイドルを描いて
オリジナルの国を想定して作りました。
旗は、教室に飾られて運動会を演出するガーランドになりました。

2011211.jpg 2011212.jpg 2011213.jpg

運動会本編に入るとみんな大盛り上り。
『お母さんの鍋』という謎の競技にむけて食材集め、
部屋に散らばった野菜や魚や肉を拾い集めて準備完了。
すると三角巾とエプロンをつけたおかあさんが鍋を持って現れました!
その鍋に食材を投げ入れてカレーをつくろうという競技です!
一生けん命お母さんを追いかけまわしたり、ボランティアが持った食材を
はじいて鍋に入れたり、鍋いっぱいにカレーを作りました。
お母さんはボランティアが演じました。
「はあ〜忙しい、忙しい」と言いながら
ノリノリで演じていました!

参加者は自粛で持て余していたエネルギーを発散していました!
表彰式ではオリジナルのメダルを首にかけ、満足げな表情を浮かべていました。

東山アートスペースでは、参加者の作品作りのサポートをする
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまで
お気軽にお問合せ下さい。

posted by ひがせい at 12:25| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

アートスペース第1クールAコースB(11/1)

第1クールAコース最後のアートスペースは、
ストーンアートでした! 文字通り石を使ったアートです。
ナビゲーターの松谷さんやボランティアが
大小さまざまな石を河原で集めてくれました。
見た目が地味な石ですが、いろいろなアートに返信していきました。

はじめに、ナビゲーターの松谷さんがボランティアの作った
試作の石を見せるとメンバーはみんな興味津々。
特にゾンビやジャックオランタンといった
ハロウィンにまつわるものや朝ごはんセットなどに
みんな興味を持っていました。

2011191.jpg 2011192.jpg 2011193.jpg

制作がスタートすると、それぞれ石の使い方が
違うのがおもしろかったです。
石全体に色を塗り動物や車など自分の好きなことにする人もいれば、
石を土台に粘土でつくった小さな動物や雪だるまを乗せて
ミニチュアのように表現している人もいました。
中にはたくさんの大きな石にそれぞれ違った色を塗って、
アイドルグループの嵐や女優さんを表現している人がいました。

発表では自分のつくったものを紹介するのに恥ずかしがりながら、
みんなの個性があふれていました。

東山アートスペースでは、参加者の作品作りをサポートする
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまで
お気軽にお問合せください。

posted by ひがせい at 18:07| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする