2014年10月28日

14アートスペースBコース(10/19)

10月は年に一度のお出かけプログラム。
昨年度は動物園、今年は東山消防署に
おじゃまさせていただいて,はしご車を写生しました。

毎年10月に、開催するお出かけプログラムは、
いつものセンターを離れて雰囲気を変えて楽しむプログラムです。
毎年、ここで、メンバーのまた別の顔、ものづくりの一面や興味に出会えます。
毎年このお出かけをまた楽しみにしているメンバーもいます。

Aコースは、写生の時間から雨模様となりましたが、Bコースは快晴。
爽やかな秋晴れの写生日和。消防署の車庫にブルーシートを敷いて、
お出かけ用の画材を準備して行きました。

消防署は、センターのすぐ隣とあって、移動の時間はあまりかかりません。
シートを敷くところはいつもは入れない場所であり、
今回は、ブルーシートの前に、はしご車を出していただいきました。
それだけでも興奮するメンバー多数! そして、消防署職員さんから、
消防署の説明と防火服の着装体験の提案が。
これには即答で「着たい!」と答えるメンバー数人。

1410282.jpg 1410281.jpg

ピースサインをしつつ、ご満悦な時間が終わったら、次は、写生の時間です。
準備では、赤色のペンや、絵の具や、クレヨンを大量に準備しましたが、
メンバーは、いろいろな色ではしご車を表現しています。

色鉛筆で描かれた繊細な線の作品あり、いろんな角度から書いたはしご車あり、
いろんな色のはしご車あり、の作品ができ上がりました。

東山アートスペースの作品は、当日〜次回までの1ヶ月間、
センターロビーで展示しております。
今月は、はしご車や消防車の絵が展示されております。
ぜひ見に来てくださいね。

posted by ひがせい at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

14アートスペース、Aコース(10/5)

今回は、外出プログラムとして、
お隣にある東山消防署へ出向きました!
まずは消防士の方から、消防車の出動時のお話や注意、
はしご車について、などのお話を聞きました。
メンバーからは「すごい・・・」「かっこいい!」などの声が上がりました。
出動時に着用されている防火服の
着用の実践(早業)も見せていただいてから、
実際に防火服を着てみたいメンバーには
着用もさせていただきました。
背中に背負う空気ボンベも背負わせてもらい、
空気を吸う体験もさせてもらいました!
残念ながら、はしご車が実際にはしごを
伸ばしている場面を見ることはできませんでしたが、
「火事があった時には何番に連絡したらいいですか?」
「119番ですね!」というやり取りがあったり、
「火の元には注意しましょう^^」という確認をしたりしました。

1410181.jpg 1410182.jpg 1410183.jpg

その後、ブルーシートの上で絵の具や水彩ペンを使って、
はしご車などの消防車をそれぞれで描きました。
カラフルな消防車も描かれ、いつもと違う空気(雰囲気?)を
味わいながらの活動になりました。

posted by ひがせい at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

14アートスペース、Aコース(9/7)

8月までは固定プログラムとして、皆で同じ素材を用いて
制作をしていましたが、今月からは自由制作をしています。
それぞれが各自で好きな作品を好きな素材を用いてつくっていきます。
木工が好きなT君はロボットのような図案を描いて持参していました。
それを見ながら早速、電動ノコギリを使用して木を切って
合わせながら作品づくりに取りかかっていました。
1回で仕上げるものではなく、数回にわたって仕上げる予定です。
他の皆さんは、木に絵の具を塗ってから組み立ててみたり、
絵を画用紙に描いてみたり・・・。
陶芸やプラバン、羊毛フェルトでの作品づくりにと、
自由にしたいことに取り組みました!

1410162.jpg 1410161.jpg 1410163.jpg

Y君は、世界遺産をモチーフにして
作品をつくっていました!(今回は、ストーンヘンジ)。
制作に少し悩んだら、描いてみたりつくってみたいものの
アイデア探しに図書館に行ってみたりもしています。
つくってみたいものをカタチにする活動を楽しむだけでなく、
参加者同士での声かけや交流も生まれてきているので、
これからの作品づくりの時間の中で
いろいろなものが生まれるとうれしいです。

posted by ひがせい at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

14アートスペース、8月の活動報告

アートスペース8月の固定プログラムでは、
黒いストローとカラーセロファンで
「ステンドグラス」の作品をつくりました!
平面のものや立体のものをいろいろと工夫して制作。
黒い画用紙を好きな図形や動物の形に切り抜いて、
そこにセロファンを貼っていったり、
ストローを短く切ってセロファンと
組み合わせてみたりしながら楽しみました。
他にも、セロファンと画用紙とうちわの骨組、
ストローをくっつけて長くつかった八面体のセロファンの大きな立体物、
三角や四角の立体のものを2つつくってつなげたモビール、
セロファンだけでつくったお面、などができあがりました!

1410062.jpg 1410061.jpg 1410063.jpg

モビールはバランスをとるのが難しそうでしたが、
長さや重さを工夫して仕上げていました♪
セロファンの色の重なりによって新しい色が生まれたり、
光のあたるところに作品をかざるとキラキラ光って
とてもきれいだったりと、それぞれが発想したものが
カタチになっていく過程で新しい発見もありました。
9月からは、自由制作に取り組みます。

posted by ひがせい at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

14アートスペースお試しプログラム

140530.jpg月に一度のアートスペースで、
仲間と一緒のアトリエ活動。
楽しい時間を過ごしてみませんか!
まずはおためしプログラムへのご参加をお待ちしています。

参加対象は、中学生から30歳までの知的な障がいがあり、
京都市内にお住まいか、通勤・通学されている方で、
おひとりで来館できる、もしくは保護者が送迎をできる方。
※体験プログラムへの参加は、東山アートスペース登録者
 (登録後、1年間活動された方)以外の方に
  限らせていただきます。
  昨年のイベントプログラムに参加された方は
  体験プログラムにもお申込みいただけます。

「画用紙にいろんな色のクレヨンで色をぬり、
割り箸やフォークで絵を描こう!」
開催日:2014年5月11日(日) 13:30〜15:00
参加費:500円
場  所:東山青少年活動センター 工作室
申込み:5月1日(火) 13:00より先着順にて受付。
      電話(541-0619)または直接来館でお申込みください。

posted by ひがせい at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

14アートスペース、参加者募集

140526.jpg東山アートスペースは知的な障がいのある青少年の 
余暇充実を目的としたアトリエ活動です。
絵画や木工・ペーパークラフトなどに取り組みます。
アート・クラフト好きみなさん!
アートスペースのメンバーになりませんか。
いずれのコースもメンバーは登録制です。

開催日(各コース全9回)
 Aコース 6/1・7/6・8/3・9/7・10/5・11/2・12/7・2/1・3/1
 Bコース 6/15・7/20・8/17・9/21・10/19
       11/16・12/21・1/18・2/15 
時間:13:30〜16:00
定員:各コース16名 
ナビゲーター:一柳綾乃さん(画家)・松谷歩さん(染色家) 
         ※ほかに、アーティストや青少年ボランティアスタッフが
          活動をサポートします。
参 加 費:A・Bコース 6,000円(全9回/材料費込み)

場   所:京都市東山青少年活動センター
参加対象:中学生〜30歳までの知的な障がいがあり、
       市内にお住まいか通勤・通学されている方。
       また、お一人が来館できる、もしくは保護者が送迎できる方。
申込方法:5月18日(日)13時から24日(土)13時まで
       直接来館または電話(075−541-0619)にて
       この期間に定員を超えた場合は抽選となります。

申込・問い合わせ
 京都市東山青少年活動センター
 開館時間:平日・土曜日10:00〜21:00 
        日・祝日10:00〜18:00 水曜日休館

posted by ひがせい at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

AS13、春イベント報告

春も近づく3月9日に東山アートスペース春イベント
「シャボン玉であそぼう」を開催しました。

お昼は春らしい日差しでしたが、長くは続かず途中から曇り。
少し寒かったですね。それでも雨が降らなくてよかったです。
一日前に新しいエリアができた梅小路公園は芝生広場もとても賑やかでした。

そんななか芝生広場におじゃまして、設営。
受付をすまして、集まったのは参加者は32名。
保護者の方もやスタッフも入れたら
63名の方に参加いただきました。とても賑やか!

まずは、シャボン玉と今日のイベントの趣旨を説明してとりかかります。
大きなシャボン玉を作るグループ、小さなシャボン玉を作るグループ、
シャボン玉で絵を描くグループに別れて楽しみました。

大きいシャボン玉のグループは枝と紐をつかって
大きな輪っかを作る作業を進めます。そして実践。
ゆっくりそして大きく広げると、
もわっと大きなシャボン玉が風とともにできました。
また、網を使って小さいシャボン玉をたくさんつくったりしました。

続きを読む
posted by ひがせい at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

13アートスペースAコース報告(2/2)

1月に活動が無かったので、久しぶりの活動となったAコース、
久々に顔をあわせ、みんなとても嬉しそうです。

自由制作がはじまってから、少しずつ作りためてきた陶芸の作品に、
今回は施釉を行いました。
裏面には撥水剤という液体を塗った後、
白鳳(白マット)と、瑠璃(深いブルー)の釉薬を使いました。
2色の釉薬を塗り分けたり、撥水剤で模様を描いたり。
初めて陶芸をするメンバーが多かったので、
みんな、いろいろなことを試してみました。
焼き上がりが楽しみです。

1403231.jpg 1403232.jpg 1403233.jpg

毎年、さまざまな表情のケロロ軍曹を描いてくれるメンバー。
10月から継続してトランプを画いています。
ジョーカー2枚を加えて54枚のトランプの絵柄を1枚1枚手描きし、
それぞれのキャラクターの特徴を色鉛筆で繊細に捉えています。
細かい作業に疲れたら、スタッフや近くに座るメンバーと、
冗談を言い合ったり、仕事の話をしながら、制作しました。
もちろん、次回も続きをします。

posted by ひがせい at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

13アトリエC2013年度作品展「VIVID」

2月27日(木)〜3月4日(火)、
ANTIQUE belle GALLERY(姉小路通御幸町東入ル)で、
知的な障がいのある青少年のアトリエ活動「アトリエC」の
作品展を行いました。

このギャラリーは、スペースは広くありませんが、
陽が差し込む明るい、とても素敵な空間です。

1403221.jpg 1403222.jpg 1403223.jpg

関係者に限らず、通りすがりの方や1階のアンティーク雑貨屋へ
お越しの方、新聞をご覧になってこられた方など、
たくさんの方にお立ち寄りいただくことができました。
作品の繊細さや美しさに感心される方、
作品から感じられる制作過程のストーリーに
思いを馳せる方もおられました。
また、作品をみながら自然と笑みがこぼれる方も多く、
イキイキとした制作風景や、
穏やかな雰囲気を感じていただけたのではないかと思います。

作品展の様子は、ANTIQUE belleさんのHPでも紹介していただいています。


posted by ひがせい at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

03アトリエC報告(2/9)

2月の活動は最終日ということもあり、
たくさんのメンバーが参加をしてくれました。

Tくんは、とても鮮やかな色合いの動物の絵を描きました。
今年は午年ということで、ハードルを飛び越える、
正面からとらえた馬でしょうか?
背景にはオレンジの太陽がみえ、
新年を迎えたすがすがしい気持ちと、
意気込みが感じられる絵ができました。

1403151.jpg 1403152.jpg 1403153.jpg

大きな和紙にみんなで絵を描くことにも挑戦しました。
いつも通り、勢いよくペンを走らせるSさん、
この大きな和紙にも瞬く間に、
スペースを埋めてしまいました。
このあとさらに大きな和紙を用意し、
それを一人ですべて埋め尽くし、後半は休憩。
疲れたのか、優しくみんなを見守っていました。

今年度、活動最終日ということもあり、
大きな和紙を囲ってみんな、とっても楽しそう。
ナビゲーターの中根さんを中心に、
笑い声の絶えない一日となりました。

posted by ひがせい at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

13アトリエC報告(1/12)

新年早々のアトリエCはお休みをされる方も多く、
少し寂しい人数での開催となりました。

鼻歌交じりでとても楽しそうに絵を描き進めるK君。
この日も、「本当に描くのが好きなんだな・・・」と、
スタッフたちも笑顔で見守っていました。
今取り組んでいるのは、サクランボです。
サクランボの粒に反射した、
葉っぱの緑や土の茶色、影、光。
赤い粒にはさまざまな色が塗り重ねられていきます。
スタッフが、「サクランボ好きなん?」と聞くと、
大塚愛さんの「さくらんぼ」の鼻歌で返事をしていました。

1403121.jpg 1403122.jpg 1403123.jpg

今年度から新しく参加してくれているTさん。
羊毛を小さくちぎり、水に濡らしながらコロコロと転がし、
丸め、羊毛の玉をたくさん作りました。
ていねいに時間をかけて・・・
1月にはたくさんつくった玉をつなげ、ネックレスとブレスレットに仕上げました。
特に、一つ一つの色の組み合わせにはこだわっており、
とてもポップでカラフルな作品になりました。

同じく、今年度から仲間入りたMさん。
絵を描くことが好きですが、
同性のスタッフとお喋りする時間も楽しみのひとつ。
仲良くなったら、スタッフの似顔絵なんかも描いてくれます。
少しずつ活動にも慣れてきたのか、
甘えん坊な一面もみせてくれるようになりました。

posted by ひがせい at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

13アートスペースBコース(2/16)

東山アートスペースBコース2月の回が終わりました。最終回です。
6月からこのメンバーで月1回のペースでやってきた活動と、
活動のなかで生まれてくる作品達も、今日で最後です。
最終回といえどもいつも通りのBコースです。
もくもくとわいわいと会話が飛び交っています。
メンバーにとっていつもの場所、いつもの時間なのかもしれません。

1403047.jpg 1403046.jpg 1403045.jpg

最終回と合わせて保護者会にて、1年のプログラムを
保護者の方に報告をいたしました。
スライドショーを使ってこの1年がどんな感じだったのか一緒にふりかえりました。
今回は13名の保護者の方に集まっていただきました。

続きを読む
posted by ひがせい at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

13アートスペースBコース報告(1/19)

2014年初の東山アートスペース始まりました。
今年も宜しくお願いいたします。
窓からは時折雪が舞う姿も見れたりして、冬、真っ只中です。
3月までこのメンバーで描いて、創っていきたいとおもいます。

1402271.jpg 1402272.jpg 1402273.jpg

今回が自由制作の4回目。
新年の挨拶もそこそこにメンバーそれぞれの作品に没頭していきます。
冬をテーマにするメンバーもいれば、
季節感などどこ吹く風のメンバーもいてわいわいと進んでいきます。
一方、会話から入るメンバーは、ボランティアと話をしながら、
新しいことにチャレンジするメンバーも。
「こんな色してみない?」とか日常の会話から、作品ができあがっていきます。
少しずつ色んなチャレンジがあり、発見があります。

意外と手先が器用なのが分かったり、陶芸にチャレンジしたり。
ふりかえれば新年っぽい話はあまりありませんでしたが、
そこがまたいつものアートスペースらしい回でした。
Bコースは2月回が最後になります(Aコースは3月が最後)。

posted by ひがせい at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

25年度アトリエC作品展「VIVID」

140208.jpg中京区姉小路通御幸町東入ル、「ANTIQUE bell GALLERY」にて、
2013年度の作品展を行います。

夢中になって 好きなことを語って 笑って 創って・・・
鮮やかに彩られたビビッドな時間「アトリエC」の
思わず笑顔がこぼれてしまう作品展です

【期間】2014年2月27日(木)〜3月4日(火)
【時間】12:00〜19:00 ※最終日は18:00まで
【入場】無料

【ANTIQUE bellさんのHPにも掲載していただきました】
http://antiquebelle.com/gallery/2014/vivid.html
posted by ひがせい at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

アトリエC常設展(10/24〜2/12)

東山区社会福祉協議会が京都女子大学と連携して行っている、
地域のセーフティネットを構築するサテライト事業として運営している、
「お茶の間ハウス」をお借りして、常設展を行っています。

1402061.jpg 1402062.jpg 1402063.jpg

10月から、作品を入替えながら続けてきましたが、
いよいよ、最後の入替えを終えました。
地域のみなさんからは、
「暖かい作品ばかりで、賑やかになる」
「次の作品も楽しみにしてるで」
などと、入替作業の時にお声かけいただいております。

展示は2/12までとなっております。
ぜひ、ご覧ください。

posted by ひがせい at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

13アートスペースBコース報告(12/15)

2013年最後のアートスペースBコース。
内容は前回に引き続いて自由試作の三回目を行いました。
12月の回なので、クリスマスをテーマにした
制作を行うメンバーもいて、作品も緑色が多め。
作業しながら「年末年始何する予定?」なんて会話も多かったです。

1401261.jpg 1401262.jpg 1401263.jpg

いつも通りの作業のメンバーもいれば、
今回は今までよりちょっと違うテーマや作業に
取り組むメンバーが多かったように思います。
大きな布を天井から垂らして描いたり、
フェルトでクリスマスツリーを作ったり
フェルトの切り絵をしたり、陶芸にチャレンジしたり、
お地蔵さんをテーマにしていて、
目をつむったお地蔵さんがとっても冬らしく見えました。
創作意欲は来年も続きます。

アトリエCでは、作品を東山のお茶の間ハウスにて展示しております。
お茶の間ハウスとは、東山区社会福祉協議会が中心となり、
貞教学区と今熊野学区で計5力所ある、
地域のお年寄り見守り「サテライト事業」の拠点のひとつです。
外からでも見られますので。ぜひご覧ください。
作品展は、東山社会福祉協議会さんからも紹介されています。

posted by ひがせい at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

03アトリエC報告(12/8)

まちのクリスマスイルミネーションも盛り上がってきた、
12月のアトリエCでは、ポインセチアや
靴下をモチーフに準備しました。
同じモチーフでも、画材をかえると、
また違った雰囲気に仕上がっていました。

キラキラ、可愛いもの、ドレスやリボンが好きなメンバーが多くいます。
Uさんもその一人。
この日はスタッフがあらかじめ用意していた、
白い布で作った小さいドレスに、
ビーズやスパンコールを丁寧に並べ、
デコレーションしました。
「楽しい♪」と思わずつぶやいてしまうほど、気に入ったようです。

1312281.jpg 1312282.jpg 1312283.jpg

ピーターパンの絵本をみながら、
スタッフと一緒にお気に入りのキャラクターの
絵や立体物を作ることを続けているYさん。
最近は、4つのテーブルを転々として、
それぞれにいるメンバーの作業を真似して、
ピーターパンのキャラクター作品をつくっています。
絵画に陶芸、ペーパークラフト・・・。
スタッフやメンバー、いろんな人と交流しながら制作することが、
楽しみのひとつになっているようです。

6月からちぎり絵を続けてきたSくんの作品はやっと完成しました!
大きな手で、小さいもので2mm程度にちぎっているところもあります。
濃淡のある和紙を重ねてゆくちぎり絵。
昨年度まで比較的飽きやすいところがあったSくんですが、
ちぎり絵はものすごい集中力で、
最後までやりきることができました!

posted by ひがせい at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

03アートスペースAコース報告(12/1)

アートスペースでは、活動がメンバーひとりひとりのニーズに合わせて、
より活動が充実するように、各テーブル(4台)に1名のリーダーを配置します。
「Aくんは女性スタッフが好きから、面倒見のいいBちゃんの隣の席にしてみよう」
「CくんはDくんを少し怖がっているな、Dくんとお話する姿を見せてみよう」
「Eさんはカエルのキャラクターが好きだから、Fちゃんと話が合いそう」
など、個々のメンバーを中心に多方面へ関係をつなぐ働きかけをしてゆきます。

1312231.jpg 1312232.jpg 1312233.jpg

この日は、“戦隊ヒーロー”という共通の興味をもちながら、
繋がりをつくれていなかったメンバー同士を、
スタッフのアイディアによって、向い合せに座ってもらいました。
すると、それぞれが持参した図鑑を貸し借りし、
戦隊ヒーロートークに花を咲かせる二人。
とても和やかな雰囲気は、部屋いっぱいに広がりました。

さらに、これまで創作活動に興味を示さず、
図鑑を眺めたり歩き回ったりすることの多かった彼ですが、
向い合せのメンバーに影響されたのか、
何枚も、ヒーローの絵を描き、スタッフや他のメンバーに、
絵の説明をする姿をみることができました。

posted by ひがせい at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

03アトリエC報告(11/10)

11月のアトリエCでは、秋の味覚、
柿やかぼちゃをモチーフに用意し、
色鮮やかな絵がたくさん見られました。
また、今年度5回目の活動ということもあり、
継続して取り組んでいた作品が完成、
完成間近となる方も多くみられました。

「できた!!」と、大きな声で完成を知らせてくれた、Kくん。
厚手の和紙に3ヶ月間かけて人参の写真をもとに絵を描いており、
やっと完成しました。
鼻歌を歌いながら、真剣なまなざしで。
時にはモチーフとしている野菜(ニンジン)の話題でお話をして。
目に映る光の色を、色鉛筆で力強く、何度も塗り重ねて描かれた作品は、
立体的で迫力がありました。

1312221.jpg 1312222.jpg 1312223.jpg

Sさんは、木製のティッシュケースを家から持参し、
ペンを使ってカラフルに色を塗りました。
まるで、パッチワークのように、色が塗り分けられており、
とても華やかなティッシュケースになりました。
そのあとは何枚か画用紙に勢いよく絵を描き、
後半40分近く残して制作を終了し、
笑顔でみんなを見守りながら、活動の修了時間を迎えました。

posted by ひがせい at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

03アートスペースAコース報告(11/3)

ボランティアスタッフに加え、京都女子大学の
社会教育実習生・基礎実習生をむかえ、
あちらこちらで笑い声が起こる、にぎやかな活動となりました。

今年の夏のイベントで行った砂絵は、
11月になってもまだ、続けているメンバーがいます。
カラフルな砂を紙にのせていく方法は、
工程も分かりやすく人気の自由制作です。

1312211.jpg 1312212.jpg 1312213.jpg

毎年、木工で大作をみせてくれるメンバー、
今年は電のこを器用に使って、何やら干支の漢字を切り出しています。
真剣に制作しているので、途中でスタッフが声をかけてもあまり、
反応がないのですが、時より手を貸してほしい時には、
スタッフの名前を呼んでくれます。
名前を覚えてくれたこと”も、スタッフにとっては
とても嬉しい出来事です。

隣同士に座ったメンバー同士、
言葉のコミュニケーションがあまりなくても、
創作に向かう真剣さが互いを高めあっているようにも見えました。

posted by ひがせい at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする