2011年11月26日

11アートスペースA・Bコース(11/6・20)

11月のアートスペースは、2回目の自由制作でした。
メンバーたちは、思い思いに
それぞれの作品を創作しました。

バスが大好きなメンバーは、
バスガイドの帽子とネクタイ、
そしてマイクを作ってくれました。
今の季節にぴったりな紅葉の作品を作ってくれた
メンバーもいました。
本物の木を使って、とてもリアルでした!
そしてお弁当を作ってくれたメンバーも。
卵焼き、からあげ、おにぎり、
そしてカニまで入っていてとても豪勢でした!
他にも素敵な作品がたくさんできました。

1111261.jpg 1111262.jpg 1111263.jpg

メンバーが何をしようか迷っているとき、
ボランティアスタッフは
研修で習った技法を提案したりします。
今回も、木を使った工作、ステンシルなど、
研修が活かされている場面が多く見られました。
メンバーも、初めて経験する表現技法に興味しんしん。
それを見たまわりのメンバーもまた興味しんしん。
自分の提案でメンバーが喜ぶ姿を見て、
ボランティアスタッフも嬉しそうでした。

作品づくりを通して生まれるたくさんの笑顔。
次回もさまざまな笑顔に出会えることを
楽しみにしています!

posted by ひがせい at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

11アートスペースボランティア研修(10/23)

アートスペースでは午前中の時間を使って、
ボランティアスタッフの研修を行っています。
この日の研修は、「画材をいろんな方法で試してみよう!」
ということで、画家の一柳綾乃さんをお招きして、
水彩絵の具、クレヨン、パステルを使う研修を行いました。

1111072.jpg 1111073.jpg 1111071.jpg

水彩絵の具。
まずは紙を水であらかじめ湿らせ、
絵の具をつけた筆で絵を描いてみました。
湿らせてあるので、色がジワーッと滲み、
色と色が自然に混ざり合い優しいタッチになりました。
続いて、筆の水分を拭き取り、
ぱさぱさにした状態で描いてみます。
これはモサモサと草や動物の毛のような雰囲気に。
他にも筆と筆を叩き、絵の具を飛ばす方法や、
垂らした絵の具に息を吹きかけ伸ばす方法もためしてみました。

続きを読む
posted by ひがせい at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

11アートスペースA・Bコース(10/2・10/23)

6月から始まったアートスペースの活動も、
10月で5回目となりました。
毎回テーマを決めての固定プログラム、
消防署へのお出かけプログラムを終え、
いよいよ自由制作となりました。

1111061.jpg 1111062.jpg 1111063.jpg

家から設計図をもってきて、
準備してきてくれたメンバー。
(超大作になりそうです!)
2012年のカレンダーを作成するメンバー。
(新年を迎えるのが楽しみです!)
毎回季節のテーマで絵を描いたり、
貼り絵をするメンバー。
ボランティアスタッフとおしゃべりしながら、
ビーズのアクセサリーをつくるメンバー。

9年目を迎えたアートスペース。
今年はどんな作品がうまれるのでしょうか?
残り、4回の活動で出来上がった作品は、
来年3月下旬に作品展示を行います。

posted by ひがせい at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

11アトリエC(10/16)

今回はところどころで「秋」が感じられる回でした。

いつもモチーフを見ながら描いているテーブルのメンバーは、
秋らしく、きのこや落ち葉、スルメ? などをモチーフに。

また、前回の終了時に、月・田んぼ・星などの
キーワードをメモして帰ったメンバー。
今回そのキーワードが全て入った
秋らしい絵を完成させてくれました。
黒の画用紙に、パステルカラーや
ラメ入り絵の具などで鮮やかに飾りつけ。
秋の夜、星空のなか月が辺りを照らし、
稲穂が金色に輝く風景が描かれています。
静かな空気感まで伝わってくるかのような
作品に仕上がっていました。

1111051.jpg 1111052.jpg 1111053.jpg

陶芸では、2台のバイクと2人のライダーが。
これは、ボランティアとメンバーの合作で、
ボランティアが好きなバイクを作っていると、
メンバーがそのサイズに合うライダーを作ってくれました。
サイズもピッタリで、バイクは自立しないのですが、
ライダーの足の支えがあり、おかげでなんとか立っています。
躍動感のある合作に仕上がっていました。

次回の活動は、自主活動日となっています。
これは、できるだけ自分で作りたいモノ(モチーフやイメージ)や
作るためのモノ(ペン、絵の具、道具など)を用意して、
こだわりの作品を作ろうというものです。
どんな作品が生まれるのか、楽しみです。

posted by ひがせい at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

11アートスペースA・Bコース(9/4・9/18)

9月のアートスペースは、
お隣の東山消防署へ、お出かけをして、
消防車の絵を描きました!
普段、消防車が止まっているガレージから、
車道側に消防車を出していただき、
ガレージの中から絵を描きました。

はじめに消防士さんから、
Aコースの日は「はしご車」、
Bコースでは「水槽車」の紹介をしていただきました。
メンバー、ボランティアスタッフも興味津々。
その後、消防車を直接触ったり、
記念撮影をしたりさせていただきました。

1110011.jpg 1110012.jpg 1110013.jpg

好きな画材を選んで、絵を描いていきます。
赤い消防車を描くメンバーが多いかなと思い、
赤いペンや絵の具をたくさん準備していましたが、
そんなことはありません。
アートスペースの消防車はピンクや緑、黄色、オレンジ。
カラフルでおもしろい消防車がいっぱいでき上がりました。

当日は、たくさんの消防士さんが見守ってくださいました。
メンバーたちは質問したり、できた絵を見てもらったり。
みなさんとても親切で、メンバーも嬉しそうでした。

活動後の振り返りでは、
屋外に出たことで普段よりも伸び伸びと、
ダイナミックな絵を描いている姿がみられて嬉しかった。
みんなが同じモチーフを描いているのに、
見え方が違うのか、いろんな絵ができて面白かった。
と、ボランティアスタッフにとっても、
いろいろな発見があったようです。
みんな違って良い。
みんな違うから面白い。
そんなことを改めて感じることができました。

posted by ひがせい at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

11アートスペースABコース(8/7・8/28)

8月のアートスペースは「水墨画」。
固定プログラムの3回目です!
墨を水で薄めて濃淡をつけて、絵を描きました。
習字用の半紙や、画用紙、ダンボール、大きな和紙など、
いろんな用紙に絵を描きました。

1109301.jpg 1109302.jpg 1109303.jpg

いつも描いているバスの絵も、トーマスの絵も、
自分の名前も、墨で描くと、いつもと違った雰囲気になります。
それから、墨×水彩絵の具、墨×マジック、墨×クレヨンなど、
他の画材と合わせてみたりもしました。
にじませたり、はじかせたり、
いろんな工夫で面白い作品ができ上がりました。

現在、創造工作室前通路にて水墨画の展示を行っております。
お立ち寄りの際はぜひご覧下さい。

posted by ひがせい at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

11アトリエC(9/11)

今回は10名のメンバーが集まりました。
8月がお休みだったこともあり、
「久しぶり!」と挨拶して活動がはじまりました。
今回は、普段出来ない技法体験として「ろうけつ染め」を
部屋の一角で行い、興味のあるメンバーに体験してもらいました。
ろうけつ染めとは、染色の技法のひとつで、
溶かしたロウを筆で布に塗り染めることで、
ロウがついた部分が染め抜かれるというものです。
染め物ではありますが、筆で模様を描くことができ、
くっきりと線を出すことができます。

1109233.jpg 1109232.jpg 1109231.jpg

慎重に溶けたロウを塗っていくメンバー。
大文字山や漢字などをハンカチに描かれていました。
デザインの組み合わせで素敵な和風な作品となりました。

この他にも、長期にわたり描いていたお花畑の絵が完成したほか、
プラバンがブームになるなど賑わいをみせていました。

posted by ひがせい at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

11アートスペースBコース(7/24)

7/3のAコースにつづき、
Bコースでも「紙すきのハガキをつくろう」
(固定プログラム2回目)を実施しました。

メンバーは事前にボランティアが用意した見本のハガキに興味津々。
いつも粘土を使ってロボットや怪獣づくりに夢中なメンバーも、
今回はカラフルなハガキに目を輝かせ、
色や模様を工夫してたくさんのハガキをつくりました。

1107311.jpg 1107313.jpg 1107312.jpg

部屋の隅で新聞紙をビリビリちぎるのが好きなメンバーは、
ボランティアがハガキをつくり、
その上にちぎったハガキをのせて、
新聞紙模様のハガキをつくりました。

ビーズやモールなどのキラキラした素材の好きなメンバーは、
ピンセットを器用に使って1つ1つ丁寧にハガキにビーズをのせて、
キラキラ可愛いハガキをつくりました。

毎回のアートスペースでは、最後に30分間、
お迎えの保護者やヘルパーさんに部屋に入っていただき、
みんなの前で作品の発表会をしています。
たくさんの工夫を凝らして作った、
1人1人の個性あふれる作品に、
「おー!すごい。」
「きれい!」
と感嘆の声があがり、
こだわりの作品に大満足のアートスペースとなりました。

posted by ひがせい at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

11アートスペースAコース(7/3)

この日の活動は「紙すきのハガキをつくろう」。
固定プログラムの2回目です!
あらかじめボランティアスタッフが、
チラシや、新聞紙、牛乳パックなどをちぎり、
ミキサーで細かくしておいた、
赤・白・青・黄・グレーのパルプ。
これを1人づつ500mlのペットボトルに流し入れ、
その中に毛糸やビーズ、色紙を入れたり、
絵の具で色を付けたりして、ハガキの型に流しこみます。

1107101.jpg 1107102.jpg 1107103.jpg

他にも、流しこむ時にクッキーの型で仕切って、
違う色を入れてみたり、
あらかじめ紙に絵を描きそれをパルプ液ではさんだり。
色とりどりのハガキができあがりました。

今回は工程も多く、ちょっと複雑な作業だったので、
メンバーとボランティアが相談し合って、
一緒につくる場面が多くみられました。
1人でものづくりに没頭するのもいいけれど、
みんなでワイワイ楽しくつくる。
そんなアートスペースならではの関わりから、
驚きのアイディアがたくさん生まれ、
笑顔があふれる活動になりました。

乾いてできあがるのは次回ですが、
どんなハガキになってるのか‥‥楽しみですね!

posted by ひがせい at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

11アートスペースAコース(6/19)・Bコース(6/26)

今年度最初のアートスペースがはじまりました!
Aコースは18名、Bコースは16名のメンバー。
それから、ナビゲーターの水口さん、
アシスタントの松谷さん、
毎回10名前後のボランティアスタッフで、
1年間一緒に活動していきます。
アートスペースの活動は、
初めの3回は予め決められたプログラム
(固定プログラム)を行います。
今年の内容は、
@マイバッグをつくろう
A紙すきでハガキをつくろう
B水墨画をしよう
の3つの固定プログラムです。
その後はそれぞれが好きな素材で、
好きなものをつくる自由制作を行います。

1107081.jpg 1107082.jpg 1107083.jpg

初回の6/19(Aコース)、6/26(Bコース)は、
1人に1枚づつの、マイバッグをつくりました。
布製のバッグに絵を描いたり、
はぎれやビーズを貼ったり。
それぞれのセンスが光るバッグが出来上がりました。

今年で9年目になるアートスペース。
新しい出会いや発見、
そして変わらぬ魅力を伝えられるアートスペースに
していきたいと思います。

今回できあがった作品は、
東山青少年活動センターのロビーに展示しています。
開館時間内であれば自由にみていただけますので、
ぜひ、お立ち寄りください。

posted by ひがせい at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

11アトリエC(6/12)

知的な障がいのある青少年のアトリエ活動,
「アトリエC」の第1回目が行われました。
アトリエCは,知的な障がいのある青少年の
余暇活動を目的としたアトリエ活動で、
東山アートスペースと比べ、
より集中して創作できる空間であること、
メンバー(参加者)と一緒に作品展などの
活動発信に取り組むことが特徴です。

11名の方に申込みしていただき、
初回である今回は9名+体験参加1名が参加。
皆さん初回ということもあり、
緊張と期待が入り混じった面持ちでした。

1106231.jpg 1106232.jpg 1106233.jpg

活動は基本的に自由制作。
モチーフを見ながら絵を描く方や、
陶芸で器や造形的な作品を作るか方、
ひたすらゲームやアニメのキャラクターの名前を書く方など様々です。
初めは緊張が見られた方も、創作に集中するうちに真剣な顔に。
独創的な作品が作り上げられていきます。
完成した作品は、「見て見て」と
ナビゲーターやボランティアに見せてくれます。
作品を見たボランティアやナビゲーターからは、「面白いな!」
「すごい‥‥」「かわいい!」と様々な声が聞かれました。

また、今回ボランティアと協力して野球の道具や
選手を粘土で作ってくれたメンバーが居ました。
巨大なバットやグローブ、ボール、選手の人形など、
「次なに作る?」と相談しながら創作していました。
なかなか迫力のある仕上がりで、
特にバットは焼くのが少し心配なほどの太さ・大きさです。
焼き上がりが楽しみですね!

続きを読む
posted by ひがせい at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

アートスペース2011、キャンセル待ちです

本日10時より受付が始まった、2011年でのアートスペース
受付開始とともに両コースとも定員に達しました。
現在、キャンセル待ちの状況です。
例年、キャンセルが出ることは少ないのですが、
もしよろしければ、キャンセル待ちに
エントリーしていただくことはできます。
詳しくはセンターまで(075-541-0619)お問い合せください。

posted by ひがせい at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

11東山アートスペースおためしプログラム 「はぎれ de アート」

東山アートスペースは、知的な障がいのある青少年の
余暇活動の充実を目的としたアトリエ活動です。
5月15日(日)、今年度のアートスペースへの参加を
考えているという方を対象に、おためしプログラムを実施しました。

参加者は4名。
参加者とボランティアと、それぞれ自己紹介をしてから、
制作に取りかかりました。
今回は、あらかじめ形に切ってあるダンボールの台紙に
カラフルな端切れやビーズを貼り合わせ、
コースターとフォトフレームを作りました。

1105191.jpg 1105192.jpg 1105193.jpg

机にドサッと置かれた端切れの中から、
好みの色や模様の端切れを探す様子は、
まるでワゴンセール!
「好きな色は何色?」と、
互いの好みの布を探し合いっこする様子もみられました。

最後は1人1人のステキな笑顔の写真をプリントし、
できあがったフォトフレームにはさみ、完成です。
キラキラのビーズがいっぱいのキュートな作品や、
参加者とボランティアとのアイディアが詰まった合作など、
見てるだけでも楽しい作品ができあがりました。

完成した作品はみなさん持って帰られましたが、
ボランティアが作った作品は、少こしだけ、
昨年度アートスペースの写真と共にロビーに展示しています。
なお、東山アートスペースの申し込みは22日からの申込となります。
たくさんの参加、お待ちしています!

posted by ひがせい at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

10東山アートスペース作品展「コノトキ」

4/1(金)〜4/16(土)、
A・Bコースの36名が1年間に制作したものの中から、
厳選した作品を展示しました。

36名それぞれのスペースが設けられ、
東山青少年活動センターのロビー一帯を使い、
壁面、天井、立体と、作品の良さが活かされた展示になりました。
また、昨年度は動物園へお出かけし、
写生を行いました。動物園での様子と動物の絵は、
スライドショーで壁面に写しました。

メンバーそれぞれの作品を並べてみると、
6月当初の作品から3月の作品へ作風が明るくなったり、
色づかい、使う素材など様々な変化が見られました。
これらの変化に出会えることは、
とても嬉しく、活動を続けてきた財産だと感じます。

1105091.jpg 1105094.jpg 1105092.jpg 1105093.jpg

作品展を見ていただいた方々からは、
「夢中になって制作した様子が感じられる」
「パワーがある、元気になった」という声をいただきました。
ついつい私たちは、
“もっと”良い作品を、新たな変化を期待してしまいます。
しかし同じことに夢中になって取り組む姿勢や、
変化しないことも、変化したことと同じように、
大切にしているからこそ、それぞれのペースに寄り添い、
認め合える空間になったのだと思います。
今回、そんな“変化しない強み”に評価いただけたことが、
とても嬉しく感じています。

平成23年度の活動は、5/22(日)10:00より受付します。
また、はじめてアートスペースへの参加を考えている方は、
「おためしプログラム」へご参加ください。
開催日:2011年5月15日(日) 10:30〜12:30
参加費:500円
場  所:東山青少年活動センター 工作室
申込み:4月24日(日) 10:00より先着順にて受付開始します。
      電話(541-0619)または直接来館でお申込みください。

posted by ひがせい at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

10アートスペース、おでかけ写真展

4月9日から16日まで、中京青少年活動センターの
廊下の壁面ををお借りして、東山アートスペースの
「おでかけ写真展」を実施しました。
アートスペースのメンバーはA・Bコースで合計36名。
それに加えて、メンバーと一緒に楽しみながら活動をサポートした、
ボランティア、ナビゲーター、アシスタントで総勢50名。

平成22年度、みんなで創り上げたアートスペースの時間を
もっと多くの人に感じてもらいたいという思いから、
今回は中京青少年活動センターでおでかけ写真展を行ないました。

この写真展は、1年間に作り溜めた作品の中から厳選し、
制作したメンバーらしさや作品の面白みが伝わるよう、
様々な角度、構成で作品をカメラに収めたものを展示しました。
また、写真の説明文は、ボランティアが自分たちの視点で、
彼らとのエピソードを交えながら、作成しました。

大会議室前の通路に、ずらっと並んだカラフルな写真。
中京青少年活動センターを訪れた多くの利用者のみなさんに
見ていただくことができました。
また、「写真展を見て面白そうだったのでぜひ一緒に活動したい。」と、
3名の方からボランティア活動の問い合わせをいただき、
活動発信の必要とその効果、反響を実感することができました。

1105051.jpg 1105052.jpg

平成23年度の活動は、5月22日(日)午前10時より受付を開始します。
また、はじめてアートスペースへの参加を考えている方は、
「おためしプログラム」へご参加ください。
開催日:2011年5月15日(日) 10:30〜12:30
参加費:500円
場  所:東山青少年活動センター 工作室
申込み:4月24日(日) 10:00より先着順にて受付開始します。
      電話(541-0619)または直接来館でお申込みください。

posted by ひがせい at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

11アートスペース、おためしプログラムの準備

一昨日、5月15日に行なわれる、
おためしプログラムの実施に向け
試作と準備が行われました。
内容は「はぎれ de アート」。
アートスペースが始まって今年で8年目を迎えますが、
これまでの間に少しずつ集めた“はぎれ”が
大きなダンボール2箱分にもなりました。

1105021.jpg 1105022.jpg 1105023.jpg

今回はそのたくさんの“はぎれ”を
ダンボールやプラスチック容器、小枝などに貼り、
フォトフレームやコースターを作ります。
あたたかなベロア素材のもの、
涼しげな木綿、麻のもの、
渋い和柄、きれいな花柄のもの。
“はぎれ”の組み合わせによって、
様々な表情の作品ができあがりました。

月に一度のアートスペースで、
仲間と一緒のアトリエ活動。
楽しい時間を過ごしてみませんか!
まずはおためしプログラムへのご参加をお待ちしています。

参加対象は、中学生から30歳までの知的な障がいがあり、
京都市内にお住まいか、通勤・通学されている方で、
おひとりで来館できる、もしくは保護者が送迎をできる方。
※体験プログラムへの参加は、東山アートスペース登録者
(登録後、1年間活動された方)以外の方に限らせていただきます。
昨年のイベントプログラムに参加された方は
体験プログラムにもお申込みいただけます。

開催日:2011年5月15日(日) 10:30〜12:30
参加費:500円
場  所:東山青少年活動センター 工作室
申込み:4月24日(日) 10:00より先着順にて受付開始します。
      電話(541-0619)または直接来館でお申込みください。

posted by ひがせい at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

11アートスペース、参加者募集

東山アートスペースは知的な障がいのある青少年の 
余暇充実を目的としたアトリエ活動です。
絵画や木工・ペーパークラフトなどに取り組みます。
アート・クラフト好きみなさん!
アートスペースのメンバーになりませんか。
いずれのコースもメンバーは登録制です。

開催日(各コース全9回)
 Aコース 6/19・7/3・8/7・9/4・10/2・11/6・12/4・2/5・3/4
 Bコース 6/26・7/24・8/28・9/18・10/23・11/20・12/18・1/15・2/19 
時間:13:30〜16:00
定員:各コース16名 
ナビゲーター:水口萌恵さん
アシス タント :松谷歩さん 
         ※ほかに、アーティストや青少年ボランティアスタッフが
          活動をサポートします。
参 加 費:A・Bコース 6,000円(全9回/材料費、活動記録冊子代込み)

場   所:京都市東山青少年活動センター
参加対象:中学生〜30歳までの知的な障がいがあり、
       市内にお住まいか通勤・通学されている方。
       また、お一人が来館できる、もしくは保護者が送迎できる方。
申込方法:5月22日(日)午前10時から直接来館または
       電話(075−541-0619)にて先着順受付

申込・問い合わせ
 京都市東山青少年活動センター
 開館時間:平日・土曜日10:00〜21:00 
        日・祝日10:00〜18:00 水曜日休館

posted by ひがせい at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

11アートスペース体験プログラム参加者募集中

今年も東山アートスペースに参加したことのない方を対象とした、
体験プログラムを企画しました。
内容は「はぎれ de アート」。
カラフルな布をペタペタ貼って、
フォトフレームやコースターを作りましょう。

参加対象は、中学生から30歳までの知的な障がいがあり、
京都市内にお住まいか、通勤・通学されている方で、
おひとりで来館できる、もしくは保護者が送迎をできる方。
※体験プログラムへの参加は、東山アートスペース登録者
(登録後、1年間活動された方)以外の方に限らせていただきます。
イベントプログラムに参加された方は
体験プログラムにもお申込みいただけます。

開催日:2011年5月15日(日) 10:30〜12:30
参加費:500円
場  所:東山青少年活動センター 工作室
申込み:4月24日(日) 10:00より先着順にて受付開始します。
      電話(541-0619)または直接来館でお申込みください。

posted by ひがせい at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

10アートスペース「おでかけ写真展」開催中

4月9日(土)より、中京青少年活動センターで
「東山アートスペース」のおでかけ写真展を開催中です。
「東山アートスペース」は、知的な障がいのある
13歳から30歳までの青少年の、余暇活動充実を
目的としたアトリエ活動です。
平成22年度はAコース・Bコースそれぞれ18名のメンバーで実施しました。
今回は、一年間に制作した多くの作品の中から厳選した作品の写真と、
制作過程や活動の様子がわかる写真を展示しています。

1104101.jpg 1104102.jpg 1104103.jpg

「東山アートスペース」には、
メンバーと一緒に楽しみながら活動をサポートをする、
青少年ボランティアが毎回10名程度、
昨年度は50名のボランティアが関わりました。
今回の写真展では、作品と制作したメンバーとのエピソードを
ボランティアスタッフの視点で紹介しています。

4月1日より開催している東山青少年活動センターの
展示をご覧頂いた方からは、
「夢中になって制作した様子が感じられる」
「パワーがある、元気になった」
などのお声をいただきました。
中京での写真展、東山での作品展、ぜひ合わせてご覧ください。

☆写真展
【期間】4/9〜4/16
【場所】中京青少年活動センター
☆作品展 
【期間】4/1〜4/16
【場所】東山青少年活動センター
※どちらも開館時間内に、どなたでも自由にご覧いただけます。

posted by ひがせい at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

10アートスペースBコース(3/20)

Bコース最後のプログラムと、保護者会を実施しました。
この日はメンバー15名とボランティア17名、
ナビゲーター、アシスタント、全部で34名となり、
とても賑やかな活動になりました。

今まで「作品づくり」というよりは、
ボランティアとのおしゃべりを楽しんでいたメンバー。
この日は、初めてアートスペースに参加するボランティアが隣に座り、
おしゃべりを楽しみながら、熱心に制作に打ち込み、
すてきな貼り絵を完成させました。
完成したものを見てメンバーもボランティアも、とても嬉しそうな様子。
この人はものづくりが好き、嫌い、
この人は人と話すのが好き、嫌い、と、
今までなんとなく決めて関わってしまっていたのかなと、
後の振り返りでボランティアから話されました。
一緒にいる人や関わり方によってメンバーの見せる顔も違う。
それは誰でも同じということを改めて感じることができました。

1104041.jpg 1104042.jpg 1104043.jpg

並行して行われた保護者会には、
Bコースの保護者、ヘルパー合わせて9名の方が参加してくださり、
ナビゲーターからの活動報告と、
メンバーの日頃の様子をうかがうことができました。
保護者の方から、「実はメンバー自身がこの時間をとても楽しみにしている」、
毎月ボランティアが発行している活動報告、
「『アートスペース通信』で掲載している写真に
家では見たことのない笑顔が載っていて驚いた。」、
「継続して参加していくなかで、
明らかに外に出る恐怖心が無くなってきている」
などの話を聞くことができました。
保護者会に参加していたボランティアは、
「感情を表情から感じとりにくかったメンバーもいて、
不安を感じたり、悩みながらも楽しんで活動してきた。
自分の知らない家でのメンバーの姿や、保護者の方の期待を知れて嬉しい」
と、今後の活動への励みになったようです。

4/1〜4/16の期間中、東山青少年活動センターロビーにて、
アートスペース作品展を開催します。是非、ご覧ください。

posted by ひがせい at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする