2021年04月17日

ふりむいて東山をふりかえる

前年度の3月8日から21日までの12日間行われた、
世代をつなぐダンスイベント、“ふりむいて東山”。
終了からほぼ1か月が経った、今日(4/17)、
実行委員会のメンバー9名が再び集まり、
ふりかえりを行いました。
イベント自体もそうでしたが、本日のふりかえりも
盛りだくさんで、中身の濃いものになったと言ってよく、
予定の3時間もあっという間に過ぎました。

210417.jpg

この企画は、最初にワークショップを受けて、
最後に公開パフォーマンスを行うという、
企画としてはそれほど目新しいものではないと
思われるかもしれませんが(しかも、
なんらかのメソッドを習ったり、直接的な
ダンステクニックを学べる訳でもない)、そこに、
世代をつなぐという要素が加わると、
単なるワークショップではなくなり、
世代間の、あるいは世代を超えた、
「バトル」は、ちょっと言い過ぎかもしれませんが、
実行委員各位から発せられたことばから、
真剣勝負であったことがよくわかりました。
しかも、多世代が真剣勝負をしながら、
みんなで創り上げた、公開パフォーマンスでした。

うぶごえ世代、みふれる世代、さきがけ世代の12日間。
それぞれの世代が1つになってダンスと向き合い、
格闘したドキュメントを、もう少し時間はかかりますが、
ホームページで公開する予定です。
“ふりむいて東山”を知っていただくための
今後の取り組みにもご期待ください。

posted by ひがせい at 19:03| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

劇団ヤングシガレットの仕込み

3月29日に、夕暮れ社 弱男ユニットの公演
「キャンプで、恋とフォーク△」を終えたばかりですが、
早くも、昨日(4/4)より、令和3年度最初の公演となる、
劇団ヤングシガレットの仕込みが始まりました。

仕込みには20人以上のメンバーが集合。
舞台(美術)班、照明班、客席班の3つに分かれて
作業を開始しました。
客席の設営はほぼ問題なく進みましたが、
照明班と舞台班はゆっくりと時間をかけて取り組みました。

2104041.jpg 2104042.jpg 2104043.jpg

舞台班は仕込み日以前から、創造工作室を使って
パネルをたくさん作っていました。
舞台を囲むようにコの字型に立てられたパネルは、
正面の扉以外にも、上下それぞれにはけ口をもつもので、
上部に傾斜が付けられているのが、いいアクセントになっています。

2日目は、照明のシュートと音響さんの仕込みも加りました。
白づくしの舞台装置。
なかなかおしゃれな感じに仕上がりそうです。


posted by ひがせい at 21:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月02日

劇団ヤングシガレット@Stage Support Plan(1st. step)

劇団ヤングシガレット公演「ワンマン・ショー」のご案内

この春、京都の学生が主体となって結成された演劇ユニット。
どんな状況でも演劇をやりたい!
演劇の力を一人でも多くの観客に届けたい!
という強い思いを共に、公演を実施します。

ヤンシガちらし【公演日時】
 4月 9日(金)18時
 4月10日(土)18時
 4月11日(日)13時

【入場料】
 無料カンパ性

【場所】
 東山青少年活動センター 創造活動室
 (東山区東大路五条上ル 総合庁舎北館2F)

【お問い合わせ】
 メール youngcigarette.pr@gmail.com
 Twitter @Young_Cigarette

posted by ひがせい at 11:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

夕暮れ社 弱男ユニットの仕込み

210325.jpg今年度、4月から8月までは、コロナ禍で
公演はすべて中止となりましたが、
9月から公演を再開しています。

最初の頃は、舞台と客席の間にはビニール
カーテンを設置。
無観客での映像配信、あるいは映像撮影のみで、
編集後配信、といった使われ方が
ほとんどでした。
その後、客席の前後四方に十分な距離を取って、
少数の観客だけを入れる公演が、
3回公演のうち1回、といった感じの
団体もありました。

そして、いよいよ3月からは、客席間の距離を
空けつつも、20人くらいまでの観客を入れた
公演を行っています。

今年度の最後の公演は、夕暮れ社 弱男ユニットの
「キャンプで、恋とフォーク△」
この公演は6月にセンターで予定されていましたが、
新型コロナウィルスの感染拡大によって延期されたものです。

2103252.jpg

本日(3/25)から仕込みが始まり、創造活動室が
キャンプ場となっています。
トライアル公演とされていますが、昨年にセンターで上演されて
シリーズ化されている、青春謳歌劇の第3弾。
ぜひ足をお運びください。
詳しくこちらをご覧ください。

posted by ひがせい at 20:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

ユニット雑種の仕込み

本日(2/15)より、ユニット雑種の仕込みが始まりました。
ユニット雑種は、京都女子大学の劇団<未定>を退団した
メンバーを中心に、現役の<未定>メンバーを加えた構成
となっています。

映像撮影が予定されているので、フローリング床を隠すため、
客席側にさらにもう一枚、合計4枚のリノリウムが引かれました。

2002151.jpg 2002152.jpg 2002153.jpg

DOTS PAR が2灯持ち込まれていて、センターの調光卓で
点灯可能かつないでみました。
本体側の設定をさわり、無事、ライトコマンダーの
21から23チャンネルに入れることができました。
DOTS PAR は容量が40W 弱と小さいので、たくさん吊ることが可能。
センターにはホリゾントライトがないので、
このDOTS PAR を一列につないで、アッパーホリゾントライト
として使うことは可能かなと思いました。


舞台上に平台を組む作業を残して、この日中に舞台設営と
照明のシュートは終了して、仕込み初日は終了しました。
明日は舞台作りと明りづくりが行われる予定です。

posted by ひがせい at 18:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月14日

ユニット雑種の挟み込み

無観客公演となったため、挟み込みはありません。

posted by ひがせい at 17:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユニット雑種公演@Stage Support Plan(1st. step)

ユニット雑種第一次世界大戦下のドイツ軍を舞台に
若き軍人たちの友情と生き様を描く!
柿喰う客の代表・中屋敷法仁の脚本に挑戦します。

【日時】
 2月19日(金)18:00
 2月20日(土)13:30/18:00
 2月21日(日)13:00
 ※受付・開場は開演の30分前
 ※上演時間は約90分程度

【会場】
 京都市東山青少年活動センター創造活動室

【入場料】
 学生(予約)1,000円
 大人(予約)1,300円
 ※当時は+500円

以上の予定でしたが、緊急事態宣言を受け、以下のように変更します。
 2月19日(金)18:00 無観客公演
 2月20日(土)18:00 無観客公演+映像撮影
 2月21日(日)13:00 無観客公演(キャスト変更)
ご理解をお願いいたします。

posted by ひがせい at 15:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

冬劇祭は中止となりました

2021年1月9日に仕込みを行ない、10日(日)・11日(月祝)に
参加8校のリハーサルを実施して、16日(土)・17日(日)の本番に
向けて準備を進めてきましたが、本日(1/15)18時前に、高劇連から
中止にしたいという連絡がありました。
関係者及びボランティアのみなさま、それに何より本番に向けて練習に
励んでこられた高校生のみなさま、たいへん残念です。

posted by ひがせい at 18:05| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

2019年度のステージサポートプラン

この度、昨年度(2019年度)のステージサポート
プランに参加して、センターの創造活動室で公演を行った、
22団体の簡単な
記録ページ
を作成しました。
(公演記録をクリックしてください)

ステージサポートプランは、舞台経験が少なくても
必要な知識や技術を学びながら公演づくりをすることができる、
若者の自主公演を応援する企画(事業)ですが、
初めて公演をする、公演の経験はあまりない、
というグループが毎年、全公演の3割を超えるぐらいは、
参加しています。

そこで、記録ページには、そういう方々のために、
公演の打ち合せに使われた、舞台図面や照明の吊り込み図面、
タイムスケジュールなども、参考資料として見て頂ける
ようにしていましたが、昨年度は、ほどよく
参考になる資料が少なかったので、
それまでに掲載の許可を得ていた、
以前にサポートプランで、公演をした劇団の資料を
見やすくまとめた一覧表も別に作成しました。
合わせてご覧いただけると幸いです。

posted by ひがせい at 14:29| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

夕暮れ社 弱男ユニットの公演について

昨年6月に行われた、「京都で恋とフォーク」の第2弾として、
今月(6月)の18日から22日まで予定されていた、
夕暮れ社 弱男ユニット(作・演出/村上慎太郎)の公演は、
延期とさせていただきます。

公演を楽しみに待たれていたみなさま、
たいへん申し訳ありません。

posted by ひがせい at 13:43| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

朋友の夜明けの公演について

7月3日(金)から5日(日)に予定されていました、
朋友の夜明け第二回公演「アルジャーノンに花束を」は、
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、
日程未定での、公演延期とさせていただきます。

posted by ひがせい at 21:02| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

劇団<未定>の公演中止について

6月13日(土)から14日(日)に予定されていました、
劇団<未定>の公演、は中止とさせていただきます。

posted by ひがせい at 18:01| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

爆劇戦線⚡和田謙二、公演の中止について

5月15日(金)から17日(日)に予定されていました、
爆劇戦線⚡和田謙二の公演は中止とさせていただきます。


posted by ひがせい at 10:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

公演ちらし入れの修理

創造活動室の前の廊下に立てかけてある
2枚のパネルで作られた公演のちらし入れ。
1枚のパネルには、24コのポケットが付いています。

このポケットは、薄いビニール製のリフィルポケットで
それを、両面テープや画鋲でパネルに貼り付けていますが、
この数年間の使用で、ポケットの折り目のところが
切れてしまっているものが目立ってきていたので、
すべてのポケットを貼り換えました。

2004071.jpg 2004072.jpg 2004073.jpg

2枚のパネルで48枚のポケットがありますが、
この2月頃までは、これらのポケットに
入りきらないほどの置きチラシが来ていましたが、
現在は、半分以上のポケットがカラの状態になっています。

ちなみに、創活番のメンバーから、パンチを巻く時の
芯に適した固い紙の筒を5本いただきました。
さっそく、新しく購入した10mのパンチ3本と、
古い黒パンチ2本を、芯を使って巻きました。
芯を使って巻かないと、パンチの端が曲がってしまって、
床と固定する時にテープがはがれて困っていました。
そのパンチのくせが、芯に巻くことで、
少し改善されればと思います。

posted by ひがせい at 17:18| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

男肉 du Soleil の公演中止について

4月24日(金)と25日(土)に予定されていました、
男肉 du Soleil 公演「ホワイトメガタワー」は
中止とさせていただきます。

詳しくは、男肉 du Soleil のホームページ
ご覧ください。

posted by ひがせい at 15:59| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

パーライト直りました

モーガル(ソケット)部分の接触不良か、
それともそこからミニC型プラグにまで
つながるケーブルの問題なのか、
突然点かなくなったり、ふわふわしたり
もう1つ調子のよくなかったパーライト。

2004031.jpg 2004032.jpg

やっと修理が終わって戻ってきました。
結局、モーガルからプラグまでの線の
全とっかえでした。

黒パンチの購入につづき、パーライトの修理。
利用の多い創造活動室の活動を支えていくため、
器具のメンテや設備の充実に務めていきます。




posted by ひがせい at 19:36| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

創造活動室のメンテ(令和2年)

本日(3/28)の13時から18時までの時間、
創造活動室にある照明機材等の
メンテナンスを行いました。
年度末のこの時期、毎年の恒例行事の
ようになっているメンテナンス。
メンテナンスをしていただいたいのは、
創活番というボランティアチームの3人でした。

まずは、暗幕の吊り加減(高さ)の調整から。
緞帳と呼んでいる引き割り幕や上下(かみしも)の袖幕は、
舞台の設えによっては、はずして公演が行われることがあります。
もちろん、公演終了後に吊り戻してはもらいますが、
各々の吊り紐の長さ(高さ)をそろえて吊らないと、
幕が床に付いて、しかもたくさんすって余っていたり、
逆に床から数センチも離れすぎている等、
幕がいびつになってしまいます。
まずはそれを調整していただきました。
ついでに,大黒幕の高さも直していただきました。

2003281.jpg 2003282.jpg 2003283.jpg

続いて、灯体(照明器具)の内部と外部の
ほこりを払ってきれいに、そして、レンズと
反射鏡の汚れも拭っていただきました。

先日の公演後、かまちが割れている平台を発見。
とりあえずかまちをはずし、後日、同等の木材を購入して
修理にそなえることにしました。
舞台関係では他に、黒パンチを購入したので、
30m巻のものを10mに切っていただきました。
これで、南北の壁から壁に届く黒パンチ
3本用意されたことになります。
来年度以降も、できれば10m幅のパンチを
揃えていきたいと考えています。

最後は、ミキサーの出力レベルの調整と
音響ワゴンの内部のほこりを掃除機で
吸い取っていただき、この日のメンテナンスは終了しました。

posted by ひがせい at 17:48| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

ゆり子。公演@Stage Support Plan(1st. step)

昨日(3/2)から、今週末に行われる演劇ユニット
ゆり子。公演の仕込みが始まりました。
舞台エリアを少し広めにレイアウトし、
そこに場を構成するためのオブジェが
たくさん置かれました。

仕込み2日目の今日(3/3)は、音・照の仕込みも終わり、
現在は役者を立たせて明かりづくり、場あたりが行われています。

2003031.jpg 2003032.jpg 2003033.jpg


ゆり子。公演「もう、かえらないから。」のご案内

時は過ぎ、元号「元気」が爆誕して10年。
日本史上最もハイカラな元号の時代に、
公園で野宿(アウトドアと読む)をし続ける
家で少女「ゆん子」がいた。

2003034.jpg【日時】
 3月6日(金)18:30
 3月7日(土)13:00/18:00
 3月8日(日)11:00
 ※受付・開場は開演の30分前
 ※上演時間は約90分程度

【会場】
 京都市東山青少年活動センター創造活動室

【料金】
 高校生 前売当日共  100円(中学生以下無料)
 学生  前 売当日共 1,000円
 U30     前売のみ 1,500円
 一般     前売  2,000円/当日 2,500円
 学生3人割(前売のみ)  2,700円
 
◎予約フォームはこちら

posted by ひがせい at 16:21| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

テクニカル講座〜照明基礎編〜(2/29)

東山青少年活動センターの創造活動室には、
その番をしている「創活番」というボランティアスタッフがいます。
小劇場として利用することのできる創造活動室での
公演のサポートや機材メンテナンス等を主な活動としていて、
本日(2/29)はその創活番(ボランティア)から講師として
惠藤さん、藤崎さん、野中さん、田中さんら4名に来ていただき、
照明の基礎的な知識を学ぶ、テクニカル講座を実施しました。

「普段は役者だが裏方の人が何をしているのか知りたい」
「知識を持ち帰って劇団での活動に活かしたい」等、
各々目的を持った計12名が参加しました。

まずは、座学から始まり、
家庭にあるブレーカーやコンセントを例に挙げながら、
灯体が点灯する仕組みや電気容量とケーブルの太さや
コネクタの形状等の関係性について、
また、実際に照明機材を使用しながら、
レンズの形状やその違いによる光の当たり方の違い等、
初心者にもわかりやすく説明が行われました。

2003021.jpg 2003212.jpg 2003213.jpg

後半は3グループに分かれ、
テーマ【内と外】に沿って実際に明かりづくりをしました。
イメージを出し合う→使いたい灯体やフィルターを決める→
図面に起こす→吊り込む→シュート作業→シーンの発表という順番で行われ、
同じテーマでしたが、灯体の種類、位置、カラー、角度、
タイミング等の違いから、それぞれのグループが思う
【内と外】が表現されていました。

「照明はハコに入ってからの仕事が9.8割。
それまでに何ができるか考え、イメージし準備することが肝心。
また、仕込み中に1人でできる仕事はほとんどない。
思ったものを形にするためにも協力者を得てください」と
最後に惠藤さんからお話がありました。
参加者からは「実践的に学ぶことができて、有意義な時間だった」
中には「裏方さんに希望ばかり押し付けていた。
反省です」などの感想がありました。

テクニカル講座は定期的に開催していますので、
お気軽にご参加ください。
また、創活番も随時募集しています。
公演のサポートに携わりながら、裏方のことが学べますので、
ご興味のある方は東山青少年活動センターまで
お問い合わせください。

posted by ひがせい at 11:59| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

食エヌ花の挟み込み

食エヌ花公演「Umbilical(ly)」の挟み込みは、
2月11日(火)の16時までに、
120部を東山センターまで届けてください。
※創造活動室前にちらし入れの箱が置かれていますので、
 その中に入れてください。

公演は、2月14日(金)〜16日(日)の4回公演です。

挟み込み作業は主催者の方で行います。
どうぞよろしくお願いいたします。

posted by ひがせい at 10:19| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする