2022年11月29日

京都大学奇術研究会の仕込み

11/28(月)より、京都大学奇術研究会KUMAの仕込みが始まっています。

舞台づくりや照明の吊り込みなど、
先輩が丁寧に教えながら進んでいきました。
機材の説明もありつつ、
仕込みのポイントを、経験者である先輩たちがきちんと伝えながら、
みんなで舞台を創っていっているのが印象的でした。

予定通りに仕込みが終わり、出演者の練習が始まっています。
今回は1回生が中心となって公演をするそうです。
全3回公演、どんなマジックが見られるのか、楽しみです。
ちなみにKUMAとは、
Kyoto University Magicians’ Association の略だそうです。

公演は12/2(金)と12/3(土)です。
ぜひお越しください。

221129_1.jpg 221129_2.jpg 221129_3.jpg


2022年11月28日

京都大学奇術研究会@Stage Support Plan (1st.step)

京都大学奇術研究会KUMA 公演のご案内
第2回新入生公演 「こぐまマジックショー」

【日時】
 第1部 12月2日(金)19:30〜
 第2部 12月3日(土)16:00〜
 第3部 12月3日(土)18:00〜
※ 開場は開演の30分前。

【場所】
 京都市東山青少年活動センター
 (東山区東大路通五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)

【入場料】 無料

2022年11月22日

京都大学奇術研究会の挟み込み

12月2日(金)・3日(土)に行われる、
京都大学奇術研究会の公演「こぐまマジックショー」の
挟み込みは、実施されません。

2022年10月28日

劇団なべあらし公演 本日より!

劇団なべあらしの公演が本日10/28(金)から
10/30(日)まで開催されます。
月曜日から仕込みはじめ、舞台が出来あがったのを見ると、
ドラマで見たことのあるような・・・
手作りの小さな穴のあいた透明のアクリル板が、
真ん中に設置してあります。
幕を吊りたし、いつもの創造活動室よりも空間を小さくすることで、
お客さんが対面する二人を見つめるようにと設計されています。
会場に入ると、一気にその場の雰囲気にのまれるような、
そんな空間になっています。

約70分の2人芝居、ぜひこの機会にご覧ください。

221028_1.jpg 221028_3.jpg 221028_2.jpg

2022年10月20日

劇団なべあらしの挟み込み

劇団なべあらしの公演「異邦人の庭」の挟み込みは
10月27日(木)の12時(開館時間中)までに、
120部を東山センターの事務所まで届けてください。
挟み込み作業は、主催者で行ないます。
公演は、10月28日(金)〜10月30日(日)の4回公演です。
開館時間は、平日と土曜は午前10時〜午後9時 (日祝は午後6時)まで、
水曜日は休館日です。
よろしくお願いします。

2022年10月18日

劇団なべあらし@Stage Support Plan (1st.step)

劇団なべあらし 公演のご案内
「異邦人の庭」

秋の拘置所に、男が1人やってくる。
ここに収容されている死刑囚の女を取材するためだ。
女は取材を断るが、男は食い下がる。
そこで女が突き付けた条件は、自分と結婚することだった。
死刑制度が変わった近未来の日本で、死ぬ権利とはなにか。

【日時】
 10月28日(金)18:30〜
 10月29日(土)13:00〜/18:30〜
 10月30日(日)13:00〜
※ 開場・受付開始は開演30分前。

【場所】
 京都市東山青少年活動センター
 (東山区東大路通五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)

【入場料】 無料 (予約優先。予約は各回、開演の3時間前まで受付。)

【問い合わせ先】
gekidan.nabearashi@gmail.com

チラシ.jpg


2022年09月27日

夕暮れ社 弱男ユニットの仕込み

9/30(金)〜10/2(日)で実施される
夕暮れ社 弱男ユニットの公演「夕映えリリシズム」の
仕込みが始まっています。

小屋入り初日(昨日)は、稽古と並行しながら、舞台側が仕込まれ、
今日から照明や音響、客席の仕込みが進んでいます。
舞台装置はとてもシンプルですが、アクティングエリアが広くとられ、
奥行きのある舞台になっています。

220927_1.jpg 220927_2.jpg 220927_3.jpg

7月に京都芸術センターにて開催された「サマーインターンWS」。
今回の公演は、そこで出会った役者たちと作品づくりをしてきたとのこと。
「もっと色々な人と出会いながら作品をつくりたい」との思いで企画し、
新たな試みとなる公演でもあります。
ぜひ足をお運びください。

2022年09月26日

夕暮れ社 弱男ユニットの挟み込み

夕暮れ社 弱男ユニットの公演「夕映えリリシズム」の挟み込みは
9月29日(木)の17時(開館時間中)までに、
190部を東山センターの事務所まで届けてください。
挟み込み作業は、主催者で行ないます。
公演は、9月30日(金)〜10月2日(日)4の回公演です。
開館時間は、平日と土曜は午前10時〜午後9時 (日祝は午後6時)まで、
水曜日は休館日です。
よろしくお願いします。

2022年09月22日

夕暮れ社 弱男ユニット@Stage Support Plan (2nd.step)

夕暮れ社 弱男ユニット 公演のご案内
「夕映えリリシズム」

夕焼けのあの素晴らしい煌めきは世界をオレンジ色に染めて一瞬で消える。
それを、もしも美しい〈ことば〉にすることができたならば“何年先にも残る…”
というロマンを求め「文学同人誌」をつくることを目的に集まった人たち。
〈詩〉と出会い、自分の〈ことば〉探しに奔走する。
だが理想はいつでも空転し途方に暮れ気づけば夜を迎えていて―。

今夏開催した「サマーインターンWS」に集まった13名の役者と、
日常のもやもやにピッタリくる〈ことば〉を探す人たちの群像劇をお送りします。

【日時】
 9月30日(金)18:30〜
 10月1日(土)13:00〜/17:00〜
 10月2日(日)13:00〜
 ※受付開始・開場は開演30分前。

【場所】
 京都市東山青少年活動センター
 (東山区東大路通五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)

【入場料】
一般前売:2,500円 当日:3,000円
25歳以下前売:1,500円 当日2,000円(要証明)

【問い合わせ先】
yowaotoko_unit@yahoo.co.jp

220922.jpg

2022年08月30日

袋とじ企画の仕込み

本日(8/30)より仕込みがはじまりました。
シンプルな舞台設備ではありますが、手際よく協力しながら、
順調にすすんでいます。
今回のテーマ「視る・視られる」に合わせ、
舞台も花道がつくられ、囲み型の客席組みとなっています。
席によって見え方や感じ方が違うような気がする、不思議な空間です。

ワークショップなどを重ね、キャスティングをし、
集まったメンバーが繰り広げられるオムニバス短編集となっています。
公演は9/2(金)〜9月4日(日)に、計4回公演を予定しています。
公演の詳細はこちら

220830_1.jpg 220830_2.jpg 220830_3.jpg


2022年08月25日

袋とじ企画の挟み込み

袋とじ企画公演「Branch!」の挟み込みは
9月1日(木)の15時(開館時間中)までに、
100部を東山センターの事務所まで届けてください。
挟み込み作業は、主催者で行ないます。
公演は、9月2日(金)〜4日(日)4の回公演です。

開館時間は、平日と土曜は午前10時〜午後9時 (日祝は午後6時)まで、
水曜日は休館日です。
よろしくお願いします。


2022年08月23日

袋とじ企画@Stage Support Plan (1st.step)

袋とじ企画 公演のご案内
「Branch!」

女が家に帰ると発狂した男がいる。
彼は私の恋人であるが、彼はどうしても会社を辞めてくれない。
あなたが、あなただけが苦しむぐらいなら、
私と一緒にどこか遠いところへ逃げてはくれない?
私、あなたと一緒ならなんにも怖くないの。
「最近さ、自分の脳が小さくなっている気がするんだ」

作品名『夜』を含めたいくつかのオムニバス短編集。
今回は「視る・視られる」をテーマに集まった新しいメンバー達と
「はらぺこラボ」というチーム名で貪欲に実験的な作品を作り上げます。

【日時】
 9月2日(金)18:00〜
 9月3日(土)14:00〜/18:00〜
 9月4日(日)12:00〜
 ※受付開始・開場は開演30分前。
 ※上演時間は約90分を予定しています。

【場所】
 京都市東山青少年活動センター
 (東山区東大路通五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)

【入場料】
 予約:500円  当日:700円
 高校生以下:無料

【問い合わせ先】
 fukurotoji.zoo@gmail.com

220825.jpg

2022年08月18日

今年も五丁目寄席を開催しました!

恒例となっている五丁目寄席。
ここ数年はコロナウイルスの影響を受けながらも、
対策を講じながら開催しています。
今年も感染拡大の心配はありましたが、
京都役者落語の会の皆さんと協力をしながら、
開催することができました。

まず、今回の仕込みやバラシには、
創活番メンバーが協力してくれました。
普段は大学で舞台芸術について学んでいますが、
実践の場でしか経験できないこともあるそうで、
今回は初めて、舞台・照明プランづくりから
取り組んでもらいました。
創活番の先輩からアドバイスをもらいつつ、
過去の図面を参考にしながら作成し、
舞台の「見え方」にこだわって、丁寧に仕込みました。
出来上がった舞台を、京都役者落語の会の皆さんに見てもらうと、
完成度の高さに感謝の声があがっていました。
リハーサルでは、一段と気合いが入っているように見えました。

大雨予報の中、本番はなんとか天気も持ち、
ご予約いただいたお客さんが足を運んでくれました。
中には、落語会は初めてという青少年もいました。

220818.jpg

岡嶋秀昭さんの「田楽喰い」から始まり
藤原大介さん(劇団飛び道具)の「天狗裁き、
桐山泰典さん(中野劇団)の「米揚げ笊」
中入りをはさんで
二口大学さんの「禁酒番屋」
とりはエディ・B・アッチャマンさんの「へっつい幽霊」という演目でした。
巧みな話術は言わずもがな、表情やしぐさ、絶妙な間が合わさった
見事なパフォーマンスに、お客さんからもしきりに笑い声が聞かれました。
夏休み中とあってお子さんの来場も多く、
前半3名の枕では自身のお子さんのエピソードが話されるなど、
幅広い世代で楽しめた空間でした。

バラシをしながら、初めて落語の舞台を見たという創活番は、
「話も面白かったし、お客さんの笑い声で一段と盛り上がっていました!」
と感想を伝えていました。
準備や本番でバタバタしていたので、最後に少しだけでしたが、
交流できて良かったです。
舞台芸術の道を目指す創活番メンバーにとっては、
大先輩の方々と一緒に舞台を創り上げる、貴重な時間となったようです。

2022年07月31日

五丁目寄席2022@stage Support Plan(3rd.step 東山のおススメ)

お待たせしました!
今年も「五丁目寄席」の季節がやってきました。
新型コロナウイルスの感染拡大が気になるところですが、
今年も感染症対策を万全にしつつ、創活番ボランティア(創造活動室での
活動をサポートする青少年ボランティア)の協力を得ながら、
準備を進めています。

役者による日本の伝統話芸。
はじめて落語を聞いてみようという方にもお奨めです。
この機会に、ぜひ足をお運びください。


出演はおなじみのエディ・B・アチャマン、二口大学さん、
岡嶋秀昭さん、藤原大介さん、桐山泰典さん(中野劇団)です。
暑さを笑い飛ばす夏恒例の役者落語に、ぜひお越しください。

220731.jpg

【日時】 8月13日(土) 午後2時より
    ※開場は開演の30分前

【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
    (東山区東大路五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)

【料金】 前売り 1,000円/中高生 500円(要学生証)

【お申込・問合せ】 必ず事前予約が必要です!
    kyoto.y.rakugo@gmail.com (京都役者落語の会)

2022年05月10日

演劇集団五月蝿の仕込み

5/8(日)で劇団そばえ公演は無事終了し、
翌5/9(月)から、演劇集団五月蝿公演「アルジャーノンに花束を」の
仕込みが始まっています。
大学入学とほぼ同時にコロナ禍に突入し、配信公演やオンライン演劇など、
出来ることを模索しながら活動していた京都の大学生メンバーが、
「やっぱり演劇の生の魅力を伝えたい!」と有観客公演を実施します。

仕込みは舞台、照明、音響など、それぞれの班に分かれて
作業を進めていますが、舞台美術や平台、照明灯体、スピーカーなど、
たくさんの機材を持ち込んで、ほぼ2日かけての大がかりの仕込みになっています。
今回は舞台がかなり広くとられており、
こだわりのある舞台美術になっているようです。

220510_1.jpg 220510_2.jpg 220510_3.jpg

新歓の時期ということもあり、大学新1年生は無料で観劇ができます。
これから演劇をはじめようと思っている人に向けた公演でもあるそうです。




2022年05月07日

演劇集団五月蝿の挟み込み

5月13日(金)・14日(土)に行われる、
演劇集団五月蝿の公演「アルジャーノンに花束を」の
挟み込みは、実施されません。


2022年05月05日

劇団そばえのゲネ

本日(5/5)の午後2時から、劇団そばえのゲネプロが行われました。
劇団そばえは、劇研アクターズラボの参加者で作る劇団の1つで、
今回の公演に臨むのは、このしたやみがサポートしているチームです。

上演される「ぶた草の庭」(2015年)は、MONOの土田英生さんの戯曲で、
原因不明の感染症で次々に人が死んでいくという設定なのですが、
これは、土田さんが長い年月をかけて追い求めている表現に、
到達しやすいと感じているのではないかと思われる設定の1つです。

2205051.jpg 2205053.jpg 2205052.jpg

謎の感染症が原因で終末を生きる人々を描いた最初の作品は、
「つばめのいる駅」(1999年)で、続いて今回上演される
「ぶた草の庭」(2015年)、映画「それぞれ、たまゆら」(2019年)と
つながっています。(ちなみに、映画「それぞれ、たまゆら」は、
コロナ禍になる前にクランクインされています)

死に直面した人間の葛藤と、やがては逃れられない運命を
受け入れていくひとびとの気持ちの変化、
関わりある大切な仲間との別れが、
平穏とも感じられる、普段と変わりない日常として描かれていきます。

劇団そばえ公演「ぶた草の庭」、いよいよ明日から本番です。
ぜひ、東山青少年活動センターまで、足をお運びください。

2022年05月03日

演劇集団五月蝿@Stage Support Plan(1st. step)

演劇集団五月蝿 公演のご案内
「アルジャーノンに花束を」

6歳程度の知能しか持たない青年チャーリィ・ゴードンが、
画期的な外科手術で超天才へと変貌していく中での
恋と冒険の物語。

【日時】
5月13日(金)17:30〜
5月14日(土)12:30〜/17:30〜
※ 開場は開演30分前。上演時間は120分(途中休憩あり)。

【場 所】
京都市東山青少年活動センター
(東山区東大路通五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)

【入場料】
 700円
※ 大学新1年生は学生証提示で無料

【問い合わせ先】
 gogatsubae.info@gmail.com

220503.jpg


2022年05月02日

劇団そばえの仕込み

本日(5/2)より、劇団そばえ公演「ぶた草の庭」の仕込みが始まりました。
今日は舞台美術の設置と客席組みの仕込みです。
舞台は、小馬(3寸×3寸の角材)や箱馬で平台を上げ、
その上に均等な幅で切り揃えたベニヤ板を敷きつめ、
フローリングのような床面になりました。
並べ方や長さなどを緻密に計算しながら、微調整しながら、
1枚1枚丁寧に敷きつめていきます。
その枚数、なんと約150枚弱とのこと!大変な作業でしたが、
みんなで協力し合いながら頑張っていました。
木の温かみもありつつ、どこか異国感のある
とても素敵な舞台に仕上がっています。
客席組みも終わり、夕方から照明の吊り込みが始まっています。
照明が入るとまた雰囲気も変わりそうです。
出来上がった舞台でどんな物語が展開されるのか、ご期待ください。

220502_1.jpg 220502_2.jpg 220502_3.jpg




2022年04月26日

劇団そばえの挟み込み

劇団そばえ公演「ぶた草の庭」の挟み込みは
5月3日(木)の18時(開館時間中)までに、
150部を東山センターの事務所まで届けてください。
挟み込み作業は、主催者で行ないます。
公演は、5月6日(金)〜8日(日)の4回公演です。

開館時間は、平日と土曜は午前10時〜午後9時
(日祝は午後6時)まで、水曜日は休館日です。
よろしくお願いします。