2017年05月22日

テクニカルスキルアップ照明講座を開催しました!

照明スタッフについてもっと勉強したい!という方へ照明講座を開催しました。
参加者は8名。
講師は、創活番(創造活動室ボランティアチーム)スタッフの惠藤さん。
今回は、「舞台照明で出来る表現力とは」をテーマに、照明の役割や
照明をあてる対象を具体的に解説していただき、実践的な体験をしました。

舞台照明というと、暗闇の中で対象に光を当てるだけでなく、
感情や情景を表し演出空間の補助となり、観客に見てほしいところ(視線)を
コントロールする働きがあります。
まず、光源について理解するために、参加者それぞれがセンター内で
気になる風景をスマホで撮影し、その写真をみんなで見ながら、
どの方向から光があたっているのか、
影の位置から写真には写っていない空間のイメージをしました。
写真から、何気ない私生活でも光源について考えられることが
たくさんあることを知りました。

170522_1.jpg 170522_2.jpg 170522_3.jpg

次に、二人一組になり、光と影の作り方を照明で表現してみました。
「11月、夕暮れでの屋上」「月明かりの浜辺」「考え事で1日が過ぎた」
「廃墟」など、それにイメージする場所を照明で表現し、
よりリアルに表現するために、みんなで方向や位置について意見交換しました。
最後に、台本と役者の動きについて打ち合わせをふまえ、
全員で照明シーンを考えて上映しました。

170522_4.jpg 170522_5.jpg 170522_6.jpg

参加者からの感想には
「光の当てる方向によって、表情が変化するのでおもしろかった。」
「抽象的な空間である感情やシーンの雰囲気を色で表現することが難しかった。」
「平面から立体的に見せることができると学んだ。」
「影の存在も意識しようと思った。」などの声を聞くことができました。
参加者のみなさんに、照明の魅力について知る機会となったようです。
照明に正解はないので、たどり着きたい目標に向かって、
活用してもらえたらと思います。

posted by Higashiyama Center at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

虹色結社「トランス」のブラッシュアップ

昨日(4/6)、虹色結社×脇田友「トランス」
公開ゲネプロ(General Probe)が行われました。
(虹色結社は、ほぼ演劇ビギナーズユニットの
19期メンバーで構成されています)

「トランス」という戯曲はなぜか高校演劇で人気があり、
創造活動室の公演でも高校の演劇部や大学生が演じる
「トランス」をよく見かけました。
理由は定かではありませんが、登場人物が3人なので
集まりやすいということがあるのかもしれませんが、
発端の高校の同級生同士が再会する、ということはあまり関係がなく、
登場人物たちの再会は、高校卒業後10年近くは経っていそうなので・・・。

舞台は数脚の椅子と台だけが置かれたシンプルなものでしたが、
創造活動室を横使いにし、客席は舞台を囲むように、
球場のスタンドのような感じで左右対称に配置されていました。

170407_2.jpg 170407_1.jpg

今まで数多くの「トランス」を観た経験がありますが、
妄想なのか現実なのか、正常なのか異常なのか、
といった存在様態が、3人の立場が入れ替わりながら
何が本当なのかわからないように変化して進んでいく、
その構造がうまく描けていたと思います。

本番は8日(土)と9日(日)です。
今日(4/7)は、昨日のゲネプロのアンケートの意見を参考に、
修正、ブラッシュアップが行われる予定です。
公開ゲネプロでの貴重な意見が本番に生かされる、ということです。
虹色結社の「トランス」、ぜひ、足をお運び下さい。

posted by Higashiyama Center at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

虹色結社×脇田友@stage Support Plan(2nd.Challenge)

虹色結社 演劇公演「トランス」のご案内

演劇ビギナーズユニット2012 19期生の参加者有志により結成された劇団。
今回は、脇田友さんに演出・舞台監督・宣伝美術をお願いして、
役者のスキルアップを目指したチャレンジ公演です。
是非ご来場ください!!

【日時】4/8(土)13:00/18:00
    4/9(日)13:00
    (受付・開場は各開演の30分前)
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 高校生以下:一律500円
     学生・U-25:前売り1,300円、当日1,800円
     一般:前売り1,500円、当日2,000円
【チケットお問い合わせ】
 ≪団体メールアドレス≫nijiirokessha@gmail.com
 ≪Twitter≫@nijiirokessha
 ≪電話≫080-5637-7090(担当:藤村)  

【公開ゲネプロ】 4/6日(木) 18:00
 *こちらをご覧いただく方には、虹色結社への支援の意としまして
  金銭のカンパを御願い致します。 料金はご自身でお決めいただきます。
 *ご予約方法…問い合わせ≪団体メールアドレス≫までに、
  件名「トランス・公開ゲネプロ予約」
  @お名前A人数B電話番号(緊急連絡先)をご記名の上、
  ご連絡ください。
 *この公開ゲネプロは、客観的な意見を取り入れて作品を
  さらに良くするために行うものです。
  御覧いただいた方には作品についてのアンケート記入をお願いします。
 *先着5名様限定

nijiiro.jpg

posted by Higashiyama Center at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

虹色結社の挟み込み

虹色結社×脇田友「トランス」の挟み込みは、
4月6日(木)の21時までに
120部をセンター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よろしくお願いします。

※本番は4月8日(土)〜9日(日)の3回公演です。

posted by Higashiyama Center at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

劇団万里一空@stage Support Plan(1st.Step)

劇団万里一空2017年公演のご案内

複数の学校から集まった、演劇好きの高校生で結成した劇団万里一空。
今回は、公演づくりを一から学び、臨みます。
ぜひご来場ください。

日時 3月12日(日) 12時〜
(開場は開演の30分前)上演時間は約120分を予定
場所 東山青少年活動センター 創造活動室
料金 無料

1487849644457.jpg

posted by Higashiyama Center at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

劇団万里一空の挟み込み

劇団万里一空2017年公演
「サンタクロースが歌ってくれた」の挟み込みは、
3月6日(月)の21時までに
100部をセンター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よろしくお願いします。

※本番は3月12日(日)の1回公演です。
posted by Higashiyama Center at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

リノリウムも新しいものに!

創造活動室で使用している、リノリウム。
ダンスや演劇の公演で利用していただいています。
長年使用しているので劣化もしており、
最近では広げてみると切れている箇所を見つけたり、
破れたりする箇所が目立ってきました。

そこで、2o(厚さ)×1840o(幅)× 9.5mのものを4本購入しました。
イギリスのバレエ団でも使用されているものと同様のものです。
1本50sと大変重いものではありますが、
以前のものよりも適度な滑りにくさとなっています。

より使い心地のいい空間を目指して、以下の取り組みも行いました。
★大黒幕・袖幕も新しいものに!→詳しくはこちら
★遮光幕も増設しました!→詳しくはこちら

posted by Higashiyama Center at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

創造活動室に新しい遮光幕設置!!

これまで、創造活動室で公演をする際に、
空間を真っ暗(暗転)にするためには、
広い窓に遮光用のパネルを貼る作業がありました。

部屋全体に遮光用の周囲幕がありますが、
窓際にあるブラインドも破損しているものが多く、
どうしても暗転にすることはできないのです。
パネルを貼る作業は数時間を要するものでもあり、
せっかく貼れてもステージサポートプランで1週間の間、
創造活動室を使って仕込みや本番をしていると、
重みや外からの熱に耐えられず、途中で落ちてきたりしていました。
パネルを貼るためには、養生テープも必要になり、
コスト面でも負担がかかっていました。

今年度は「どうすれば、遮光作業が楽にできるか?」を考え、
いくつかの業者さんにも相談し、窓際のブラインドのさらに窓に近いところに
カーテンレールを取り付け、遮光幕を吊ることになりました。
2月13日に取り付け工事が終わりました。

170214_1.jpg

170214_1.jpg

170214_3.jpg

画像は、新しくつけた遮光幕とこれまであった遮光用の周囲幕を写したものです。
この2枚が重なって締まることになります。
全ての遮光幕を閉めると、なかなかの暗さ。
かなり遮光された空間になります。
これから、3月にはステージサポートプランの公演が続きますが、
あの時間のかかった遮光作業の必要はありません。
これで、舞台創作に集中できる時間が確保できると思います。
公演や発表場所を探している青少年のみなさん、
使いやすくなった創造活動室をご利用ください。

大黒幕や袖幕も新調されました→詳しくはこちら

posted by Higashiyama Center at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

雅ライブ@stage Support Plan(1st.Step)

第15回 雅ライブのご案内

2015年9月より活動をしている芸歴4年目以下の京都を中心に活動している
学生芸人が集まって行っているお笑いライブ。
ゲスト出演もあります。見どころ満載。ぜひご来場ください。

日時 2月26日(日) 15時〜
(開場は開演の30分前)上演時間は約60分
場所 東山青少年活動センター 創造活動室
料金 無料

posted by Higashiyama Center at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

雅ライブの挟み込み

雅ライブの挟み込み

第15回「雅ライブ」の挟み込みは、
2月25日(土)の15時〜一斉で行います。
部数は50部です。
(後バサミは、ありません)

挟み込み作業は東山センターで行います。
よしくお願いします。
※本番は2月26日(日)の1回公演です。
posted by Higashiyama Center at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

テクニカル講座2日目(最終日)

2日目の参加者は中学生2名と高校生3名の計5名でした。
まずは、自己紹介から。
参加動機は、「将来舞台美術の仕事に就きたいと思っているので」
「役者以外のスタッフのことを知らない」
「演劇部に所属しているので、より演劇について深めたいから」
といった声がきけました。
初めに、舞台に関わる仕事全体の中の、特に舞台監督の仕事について
講師役の創活番ボランティアの藤崎さんよりレクチャーがありました。
続いてが今日のメイン講習となる、応用・実践編です。
実際に、用意された脚本を使って、各スタッフとの打合せ、プラン作り、
図面起こし、仕込み、上演、バラシまでを行っていきます。
まずは、各自の役割を決めます。自分が興味ある役割についたり、
前日の照明講座の基礎編に参加した人は、照明担当になったり。
もちろん、役者もやってみます。
実際には、こういった創作はかなりの時間をかけて作っていくのですが、
1日での短縮版として、みんなで取り組みました。
参加者のみなさんが、一番時間をかけたのが、演出とスタッフの打合せ。

170212_4.jpg 170212_5.jpg 170212_6.jpg

どういう作品、舞台にしたいのかを演出から聞き、それをもとに各スタッフが
プランを提案、イメージの共有がとても大事だと感じ、予定時間を大幅に
過ぎましたが、肝となる部分をじっくり体験しました。
その後は、休憩をはさんで、実際に仕込み、舞台が完成!
せっかくなので、たまたま4月公演の打ち合わせに来ていた、
虹色結社の役者さんに観劇してもらいました。

170212_3.jpg

170212-2.jpg

170212.jpg

観終わった役者さんの第一声は、「本当に数時間で創ったんですか?」
「すごいですね。舞台美術や照明もきれいで、よかった。」でした。

数時間で創りあげたにしては、完成度の高い、舞台美術や照明。
初めてのスタッフ経験でしたが、とても興味深いものになったようです。
今日参加したみなさんは、今後も創活番ボランティアとして活動したいと
登録いただきました。学生さんたちなので、学業優先にはなりますが、
ぜひ、様々な公演でいろいろな人と出会い、自身のスキルアップにつながればと
思います。

posted by Higashiyama Center at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

テクニカル講座1日目

今日から2日間にかけて行う、「テクニカル講座」。
今回は、1日目に照明講座の基礎編、2日目に舞台講座の基礎編と
2日間学んだことを踏まえて照明と舞台の実践編を行います。

参加したのは、先月の冬劇祭に参加した、高校1年生9名。
参加した理由や今回の目的を聞いてみると、
・役者で出たことはあるけど、裏方スタッフのことはよくわかっていない。
・4月から後輩ができるので、自分たちがまずは学んでそこから教えたい。
・今後の夏の大会や冬劇祭で照明効果を使えるようになりたい。
などなど。
機材の説明から始まるのですが、まずは電気と信号の関係のお話。
日頃無意識に使っている電気のこと、どうして点くのかの原理などについても
捉え直す時間です。次に光と影の関係や、明かりの種類、機材の名称や特徴、
仕込みやバラシでの注意点などを説明し、休憩。
休憩後は、照明図面の書き方や読み方から始まり、グループに分かれて
プランニング実習へ。
その後、仕込み、絵作り、発表をして、最後にバラシで終了しました。
みんな、イメージを図面に起こすことや、シーンを考える時には
なかなか決まらずでしたが、仕込んでからのシュートでは楽しそうに
自分たちで考えたイメージをふくらませていました。
発表でも、それぞれのグループの意図がよく出ている照明効果となっていました。

DSCN9569.jpg

DSCN9577.jpg

DSCN9578.jpg

posted by Higashiyama Center at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

三校合同公演(2nd.Challenge)

三校合同公演のご案内

この公演は、京都府高等学校演劇連盟を通じて、支部発表会と府発表会を
上演・運営した2校の演劇部(洛星高等学校演劇部・立命館高等学校演劇部)が、
小編成での公演を企画するために集まりました。
創造活動室という空間で演劇公演を行うためには、舞台をどのように設置するか、
照明のつり込みや客席の設置等、一から考えなければならないので、創作・表現の
幅が広がり、スタッフ面でも非常に有意義な体験にしたいと思ってます。
今回は、特別に、第136回大阪府中学生演劇祭で最優秀賞&戯曲賞を受賞した
茨木私立養精中学校演劇部による上演もあります。ぜひ、ご来場ください。

2016三校合同公演ちらし.jpg

【日時】2/5(日)10:30〜 養精中学校公演「パンダにしよう」
         11:10〜 立命館中学校・高等学校「贋作・罪と罰」
    (開場は10:15〜)
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室 入場無料 

 
posted by Higashiyama Center at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

幕が新調されました!

これまで、16年間、多くの公演で使っていただいていたこともあり、
破れたところを繕いながら、何とか使っていた状況でした。

気をつけて、大道具等を運び入れをお願いしているのですが、
引っかかってしまったり、気づくと破れていることもあったり。
最近利用するグループのみなさんが驚くほどの繕い状態でした。

見積もりに来た業者の方からは「寿命は10年くらい、よくここまで使ってましたね」と
言ってもらいました。
幕の素材は別珍なので、透かして見ると、向こうが透けて見えるほど
素材が薄くなっていました。

1月26日に、創造活動室の舞台奥の大黒幕と袖幕が新調されました。

新しくなった幕に利用する方にも喜んでいただいています。
利用する皆さんには、引っかけたりしないよう丁寧に扱っていただくよう
再度お願いしています。






posted by Higashiyama Center at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

Tutti@stage Support Plan(2nd.Challenge)

Tutti 第3回本公演
「ただいま」のご案内

2011年4月に京都で生まれた小さな団体。
6年目に突入し、だんだんとTuttiを知ってくださる方々も増えてきました。
コーラスを中心にして始まった活動でしたが、気付けば踊ったりお芝居したり…
今回は、脚本、作曲、振付全てTuttiが手掛けるこれまでにない合唱に挑戦します。
是非ご来場ください!!

【日時】12/24(土)14:00/18:00
    12/25(日)12:30
    (受付・開場は各開演の30分前)
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 中学生以下無料 高校生500円 一般1,000円
    家族・カップル割100円引き
【チケットお問い合わせ】
    tutt1.0403@gmail.com

tutti.jpg


posted by Higashiyama Center at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

Tuttiの挟み込み

Tuttiの挟み込み

Tutti第3回公演
「ただいま」の挟み込みは、
12月22日(木)の21時までに
180部をセンター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よろしくお願いします。

※本番は12月24日(土)〜25日(日)の3回公演です。

posted by Higashiyama Center at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

THE GO AND MO'S演劇公演(3rd.step 東山のおススメ)

THE GO AND MO'S 第24回公演
「斎藤の咳」の案内

黒川猛による「笑い」を創り出す企画ユニットTHE GO AND MO'S 。
THE GO AND MO'Sの旗揚げ公演(2009年)も創造活動室。
ステージサポートプランの1st.stepでサポートしました。
たくさんの舞台を踏んで、今回は、「東山のおススメ」での上演となります。
ゲストには、岡島秀昭さんと筒井加寿子さんを迎えての一人コント祭!
たくさんのご来場お待ちしています。

【日時】12/17(土)19:00〜
      18(日)13:00〜
    (開場は開演の30分前)上演時間:約90分
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 予約 1,800円(本番前日22時まで受付)
     当日 2,000円
【予約取扱い・問い合わせ】
  公式サイト http://mproduce.wix.com/gomo
  メール goandmo-seisaku@live.jp
  電話 090-9254-6295(丸井/本番当日のみ)

THE GO&MO'S.jpg


posted by Higashiyama Center at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

THE GO AND MO'Sの挟み込み

THE GO AND MO'Sの挟み込み

GO&MO'S第24回公演
「斎藤の咳」の挟み込みは、
12月16日(金)の21時までに
100部をセンター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よろしくお願いします。

※本番は12月17日(土)〜18日(日)の2回公演です。

posted by Higashiyama Center at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

劇団未踏座@stage Support Plan(1st.Step)

劇団未踏座 第71回本公演
「今度は愛妻家」のご案内

学外公演として、1年の集大成として、
また、下級生に様々な体験を通して教えることで
ここから他の小劇場でも公演していけるようにと
オープンスペースでの劇場空間作りを行いました。
ぜひご来場ください。 

【日時】12/8(木)18:00
    12/9(金)14:00/18:00
    12/10(土)14:00/18:00
    12/11(日)12:30
    (受付・開場は各開演の30分前)
  上演時間は120分を予定しています
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 当日500円 予約300円 ペア割―200円
    ペア割はチケット2枚購入時のみ適用されます
    お2人でご予約される場合、ペア割引によりお2人で400円となります
【ご予約】
  https://ticket.corich.jp/apply/79078
【お問い合わせ】
   mitouza@yahoo.co.jp
  090-1635-8125(劇団未踏座第71回本公演 広報宣伝)

161204_2.jpg


posted by Higashiyama Center at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

劇団未踏座の挟み込み

劇団未踏座第71回本公演
「今度は愛妻家」の挟み込みは、
12月6日(火)の17時までに
300部をセンター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よろしくお願いします。

※本番は12月8日(木)〜11日(日)の6回公演です。

posted by Higashiyama Center at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする