2020年01月12日

第13回冬劇祭の仕込み(1/11・12)

1月11日(土)の午後から、仕込みが始まりました。
例年のスケジュールは、土曜日1日をかけて舞台・客席づくりと
照明のシーン記憶作業を急いで終え、日曜日と月曜日の2日で、
おおよそ10校のリハーサルをして、
次の週の本番を迎えるというパターンでしたが、
今年は、生徒さんたち全員に照明の知識を増やしてもらおうと
仕込みは土曜日(午後から)だけにして、
日曜日に照明のシュートとシーン記憶作業を
生徒さんたちにも体験してもらう形にしました。
そのため、リハーサル日が月曜日だけでは収まり切らず、
本番までの平日に2校ずつ入ります。

2001121.jpg 2001122.jpg 2001123.jpg
2001124.jpg 2001125.jpg 2001126.jpg

仕込み作業を行ったのは、10校の演劇部の生徒さんたち60名。
仕込み作業全般をリードしていただいたのは、
創活番ボランティアの恵藤さんと野中さん。
12日(日)、61名の生徒さんたち全員で照明のシュート作業までを終え、
調光卓の各フェーダーを上げて、各明りをチェックしましたが、
明かりが点く度に、拍手と歓声が沸き起こりました。
その後の明かりづくりでは、6校がシーン記憶まで
自分たちの力でやり遂げました。
今年の冬劇祭は、参加者全員の手づくり感満載です!

posted by ひがせい at 15:39| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

造形大ファッションショーの仕込み2

今朝(12/12)から、照明の仕込みが始まりました。
少人数での仕込み作業ですが、10時から開始して、
午前中に灯体の吊り込みは終了しました。

シュートを経て、明かりづくり、各ブランドからの個別明りの
作成が行われる予定です。
また、床にはランウェイを囲んで四角く、蛍光灯が設置されます。

1912121.jpg 1912122.jpg 1912123.jpg 1912124.jpg

ファッションショーには、京都造形芸術大学の、
ファッションデザイン学科の学生さんたちの
10ブランド(モデルは50〜60人)からの作品が
出される予定です。

センターのロビー入り口や各部屋の前には、
ファションショーのちらしが貼られていますが、
ちらし棚の前辺りにはひときわ大きなポスターが
置かれています。
詳しくはこちらをご覧ください。


posted by ひがせい at 13:20| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

造形大ファッションショーの仕込み

今朝(12/9)から、京都造形芸術大学、
ファッションデザインコースのファッションショーの
仕込みが始まりました。

まずは、搬入から。
舞台中央に設置されるオブジェや
大量の蛍光灯などが持ち込まれました。

1912091.jpg 1912092.jpg 1912093.jpg

仕込みに参加したみなさんは、ほとんどが経験ない、
ということでしたが、飲み込みが早く、
また、普段から手仕事に慣れているからか、
仕事がていねいで、かつ細やかな感じがしました。

リノリウムとパンチカーペットを全面に敷き、
創造活動室を横に使い、平台と箱馬を組み、
北側と南側に、客席が2列づつの設え。
奥に暗幕を吊って、17時過ぎに作業は終了しました。
なかなかええ感じの会場になりました。

木曜日からは、照明の吊り込みが行われます。

ファッションショーは、12月15日(日)に
2回行われます。詳しくはこちらをご覧ください。
ぜひ、足をお運びください。

posted by ひがせい at 21:44| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

京大E.S.S.の仕込み

月曜日(12/2)の朝から、いよいよ京都大学E.S.S.
ドラマセクション公演の仕込みが始まりました。
昨年の公演を経験した上回生が、いろいろと
リードしながら進めました。

役者やスタッフのみなさんは学校の授業があるので、
朝から来れない人は夕方からの参加に。
また、空いている時間にセンターに来て
仕込みを手伝う人は、大学とセンターを
往ったり来たり。

1912051.jpg 1912053.jpg 1912052.jpg

E.S.S.の公演ですから、もちろん英語劇です。
そこで、英語が苦手なお客さんのために、
そこは字幕が用意されています。
ただ、以前はその字幕を映すスクリーンが床置きのもので、
座る場所によってはちょっと見にくいというお客さんのために、
今年はスクリーンを吊るす試みにチャレンジしています。

また、照明さんも、いろいろと試行錯誤を繰り返して、
灯体の吊り位置を考え、シーンに合った明りが
作れるように工夫していました。

今日からは完成した舞台で、照明を入れた
練習が繰り返されています。

ぜひ、この機会に英語劇を楽しんでみてはいかがでしょう。

posted by ひがせい at 20:48| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

KUAD COLLECTION 2019 FASHION SHOW@Stage Support Plan(1st. step)

191126.jpg京都造形芸術大学、空間演出デザイン学科
ファッションデザインコース・ジュエリーコースの
26 名が、自ら制作したデザインを
ファッションショー形式で発表します。

今年、コレクションの共通テーマとして掲げるのは
River-creating a new flow-」。
コレクションの共通テーマを「流れ」とし、
不易流行を繰り返す暮らしの少し先を
見据えました。
全11ブランドが発表予定です。
申し込み不要なのでどなたでも
お気軽にお越しください!

【日時】
 12月15日(日) 13:30 / 15:30
 ※開場は開演の30分前からです
 ※上演時間は約50分を予定

【場所】
 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
 (東山区東大路通五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)

【料金】
 入場無料

【定員】
 100名程度

【申し込み】
 事前申し込み不要

posted by ひがせい at 14:42| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

京都大学E.S.S.公演の挟み込み

京都大学E.S.S. ドラマセクション
2019年度冬公演「50 First Dates」の挟み込みは
12月2日(月)の15時から一斉で、
東山青少年活動センターで行います。
部数は100です。
公演は、12月8日(日)の1回公演です。

どうぞよろしくお願いいたします。

posted by ひがせい at 10:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

京都学生演劇祭2019の挟み込み

京都学生演劇祭2019の挟み込みは、
9月12日(木)の17時から一斉で、
東山青少年活動センターで行います。
部数は800部です。
公演は、9月14日(土)〜21日(土)で
4ブロック(10団体)それぞれ3回ずつ、
合計12回公演です。

※チラシ1種類につき作業人員を1名をお願いします。
 尚、後挟みはありません。

どうぞよろしくお願いいたします。

posted by ひがせい at 10:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

令和元年、五丁目寄席の報告

昨日(8/17)、令和初めての五丁目寄席を開催しました。
暑い中、地域の方々を中心に約40名ほどのお客さんに
お越しいただくことができました。
出演は、岡嶋秀昭さん、大熊ねこ(遊劇体)さん、
藤原大介(劇団飛び道具)さん、中入り後は、
桐山泰典(中野劇団)さん、二口大学さん、
トリはエディ・B・アッチャマンさんでした。

1908181X.jpg

五丁目寄席は、2005年の東山フェスタの
1つの企画として始まり、その2年前から
行なわれていた劇研寄席と合わせて、
お正月の劇研寄席、真夏の五丁目寄席と、
途絶えることなく毎年行なわれてきましたので、
今年で15回目を数えることになりました。

京都役者落語の会の活動としては17年余り。
長年続けていると、さすがにみなさん
たいへん腕が上り、最高のパフォーマンスでした。
自然な語り口に、無理なくお話しに引き込まれてしまい、
登場人物に感情移入して気持ちが動かされたり、
知らず知らずに笑いに誘われていました。

ちなみに演目は、
青菜(岡嶋秀昭さん)、悋気の独楽(大熊ねこさん)、
天狗刺し(藤原大介)、胴切り(桐山泰典さん)、
禁酒番屋(二口大学さん)、あくび指南(エディ・B・アッチャマンさん)
でした。

終演後、みんなで記念写真を撮りました。

1908182.jpg

posted by ひがせい at 16:13| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

令和初、五丁目寄席のごあんない

五丁目寄席@stage Support Plan(3rd.step 東山のおススメ)

お待たせしました。
今年も「五丁目寄席」の季節がやってきました。
出演はおなじみのエディ・B・アチャマン、二口大学さん、
岡嶋秀昭さん、藤原大介さん、桐山泰典さん(中野劇団)に加え、
大熊ねこさん(遊劇体)をゲストにお迎えします。
暑さを笑い飛ばす夏恒例の役者落語に、ぜひお越しください。

190816.jpg

【日時】 8月17日(土) 午後2時より
     ※開場は開演の30分前

【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
     (東山区東大路五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)

【料金】 前売り 1,000円/当日 1,200円
     中高生 500円(当日のみ・要学生証)

【お申込・問合せ】 kyoto.y.rakugo@gmail.com (京都役者落語の会)


posted by ひがせい at 20:03| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

幻灯劇場「ミルユメコリオ」の仕込み

いよいよ本日(8/5)より、幻灯劇場の仕込みが始まりました。

現在は照明のシュートと音のチェックが行われていますが、
注目すべきは、やはり舞台です。
舞台もまだ薄ベニヤがはられている途中なのですが、
圧巻は客席に向かって6度の傾斜をもたせた、
客席側から見れば太陽光パネルのような舞台です。
広さは4間幅で奥行きが3間半もあり、
前から2間半の部分は黒板の塗料が塗られているため、
黒板としても使われるようです。
そして、アクティングエリアは平台部分よりもさらに前に
2間も広がっているという、相当ひろい舞台です。

1908051.jpg 1908052.jpg 1908053.jpg

台風の動きが気になるところですが、
幻灯劇場の原点回帰の舞台。
初日のチケットは完売とのことですが、
土曜日から月曜日の山の日まで、公演は続きますので、
ぜひ、この機会に「ミルユメコリオ」を
ご覧ください。

posted by ひがせい at 16:55| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

幻灯劇場「ミルユメコリオ」@Stage Support Plan(2nd. Challenge)

幻灯劇場の第一作目となった「ミルユメコリオ」

少女の夢が芽生え、潰えるまでの数年間を描いた本作は、
当時18歳の藤井颯太郎によって書き下ろされ、2014年に宝塚で初演。
その二年後、藤井は本作で、全国のプロデューサーが選ぶ
異色の文学賞「せんだい短編戯曲賞」を史上最年少の若さで受賞。
新人賞ではない戯曲賞を20歳の藤井が受賞したことで、大きな話題になりました。

幻灯劇場の代表作を、6年ぶりに藤井颯太郎本人の演出によって上演します。

190803.jpg【日時】
8月9日(金) 13:00 / 19:00
  *初日料金 500円
  10日(土) 13:00 / 19:00
  11日(日祝) 11:30 / 16:00
  12日(月振) 13:00

※開場は開演の30分前からです
※上演時間は90分を予定

【場所】
京都市東山青少年活動センター 創造活動室
(東山区東大路通五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)

【料金】
一般前売 2,500円 / 当日 2,800円
25歳以下予約 2,000円 / 当日 2,800円
初日料金 500円

【チケット】
予約フォーム画面はこちら

posted by ひがせい at 10:16| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

幻灯劇場の挟み込み

幻灯劇場「ミルユメコリオ」の挟み込みは
8月5日(月)の21時(開館時間中)までに、
200部を東山センターの事務所まで届けてください。
挟み込み作業は、主催者の方で行ないます。
公演は、8月9日(金)〜12日(月祝)の7回公演です。

開館時間は、平日と土曜は午前10時から
午後9時(日祝は午後6時)までです。
よろしくお願いします。

posted by ひがせい at 19:01| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

ナントカ世代「粗忽長屋」@Stage Support Plan(東山のおススメ)

190716.jpg古典落語「粗忽長屋」を下敷きとしたコメディ。
ナントカ世代の原作シリーズの原点となった作品を
リライトした『完全版』としてお届けします。
玉子亭掛御飯による原作落語「粗忽長屋」の
口演もお楽しみいただけます。

【日時】
7月19日(金) 19:00
  20日(土) 14:00(この回のみ落語はなし)/19:00
  21日(日) 14:00

※開場は開演の30分前です
※上演時間はおよそ90分です

【料金】
一般予約 1,500円/当日 2,000円
学生・U25予約 500円/当日1,000円

【チケット】
予約フォーム画面はこちら

posted by ひがせい at 17:18| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

シアターリミテ「カミと蒟蒻」@Stage Support Plan(東山のおススメ)

本日初日です!

190705N.jpg終戦間際の昭和19年10月25日。
逼迫する戦況を逆転するため
神風特別特攻攻撃隊が体当たり攻撃を開始した日。
大本営は起死回生の秘密兵器、
風船爆弾の放球を企てた。
材料は和紙と蒟蒻糊。

【日時】
7月5日(金) 19:00
  6日(土) 13:00/17:00
  7日(日) 13:00

※開場は開演の30分前です
※上演時間はおよそ120分です

【料金】
一般前売 2,000円/当日 2,500円

詳しくは、シアターリミテのホームページをご覧下さい。

posted by ひがせい at 16:41| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

ナントカ世代の挟み込み

ナントカ「粗忽長屋」の挟み込みは
7月18日(木)の午後7時(開館時間中)までに、
150部を東山センターの事務所まで届けてください。
挟み込み作業は、主催者の方で行ないます。
公演は、7月19日(金)〜21日(日)の4回公演です。

水曜日は休館日ですのでおまちがいなく。
開館時間は、平日と土曜午前10時から
午後9時(日祝は午後6時)までです。
よろしくお願いします。

posted by ひがせい at 16:51| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シアターリミテの挟み込み

シアターリミテ「カミと蒟蒻」の挟み込みは
7月4日(木)の正午までに、180部を
東山センターの事務所まで届けてください(開館時間中に)。
挟み込み作業は、主催者の方で行ないます。
公演は、7月5日(金)〜7日(日)の4回公演です。

水曜日は休館日ですのでおまちがいなく。
開館時間は、平日と土曜午前10時から
午後9時(日祝は午後6時)までです。
よろしくお願いします。

posted by ひがせい at 16:46| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

夕暮れ社 弱男ユニット@Stage Support Plan(2nd. step challenge)

190623.jpg夕暮れ社 弱男ユニット
初夏の青春謳歌劇『京都で、恋とフォーク』

夕暮れ社 弱男ユニットの新作は、
古きも新しきもごちゃ混ぜにある
京都の今と昔に想いを馳せ駆け巡る恋の青春謳歌劇!
理想と現実に揺れる若者たちの恋と葛藤を
軽妙なタッチでコミカルに描きます。

【日時】
6/27日(木)18:45
 28日(金)14:00/1845
 29日(土)14:00/18:45
 30日(日)13:00
※受付は開演の40分前・開場は開演の20分前

【チケット】(整理番号付き自由席)
一般    前売2,300円/当日2,800円
25歳以下 前売1,500円/当日1,800円【要証明】

【チケット予約】こちらから

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※会場にはお履物を脱いでお入りいただきます。
  お履き物を入れる袋を入口にてお渡しします。
※車椅子でのご来場のお客様はチケット予約後、
  お問合せ先までお知らせください

【会場】
京都市東山青少年活動センター 創造活動室

【お問い合わせ】
Mail yowaotoko_unit@yahoo.co.jp
Tel 090−9696−4946(前田)※10:00〜19:00

夕暮れ社 弱男ユニットのHPはこちら
『京都で、恋とフォーク』特設サイトはこちら
posted by ひがせい at 10:07| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

夕暮れ社 弱男ユニット「京都で恋とフォーク」の挟み込み

夕暮れ社 弱男ユニット
初夏の青春謳歌劇「京都で恋とフォーク」の挟み込みは
6月27日(木)の10時〜16時の間に、
250部を東山センターまでお持ちください。
挟み込み作業は、お持ちいただいた方で
順次挟み込んでいただきます。
到着されましたら、東山センター受付にお声かけください。
後ばさみはありません。

公演は、6月27日(木)〜30日(日)の6回公演です。

よろしくお願いします。
posted by ひがせい at 14:42| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

下鴨車窓「漂着(edge)」の挟み込み

下鴨車窓「漂着(edge)」の挟み込みは
6月13日(木)の21時(開館時間中)までに、
120部を東山センターの事務所まで届けてください。
挟み込み作業は、主催者の方で行ないます。
公演は、6月14日(金)〜16日(日)の4回公演です。

水曜日は休館日ですのでおまちがいなく。
開館時間は、平日と土曜午前10時から午後9時(日祝は午後6時)までです。
よろしくお願いします。

posted by ひがせい at 16:50| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

下鴨車窓「漂着(edge)」@Stage Support Plan(東山のおススメ)

『漂着(edge)』を三年かけてつくる
プロジェクトの第一弾です。
この新作プロジェクトは3年のあいだ年に
一、二本の習作の発表を通じて試行錯誤を繰り返し、
それらの集大成となる作品を2021年度に
公演することを目指しています。

1906091.jpg

【日時】
6月14日(金) 19:30
  15日(土) 13:00/17:30
  16日(日) 13:00

※受付開始は開演の40分前、開場は30分前です
※上演時間はおよそ60分です

【料金】
一般 2,000円/ペア 3,500円
ユース(25歳以下)1,500円

詳しくは、下鴨車窓のホームページをご覧下さい。

posted by ひがせい at 12:15| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする