2018年09月03日

劇団FAX公演「DoG」の挟み込み

劇団FAX公演「DoG」の挟み込みは、
9月6日(木)の21時まで(開館時間中)に、
200部を東山センターの事務所まで届けてください。
挟み込み作業は、主催者の方で行ないます。
公演は、9月7日〜9日の4回公演です。

水曜日は休館ですのでおまちがいなく。
開館時間は午前10時から午後9時(日曜は午後6時)までです。
よろしくお願いします。

posted by Higashiyama Center at 12:44| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

劇団FAX公演「DoG」@Stage Support Plan(1st. step)

180828Z3.jpg劇団FAXとは?
「日々の生活の中にある、
些細な美しさから世界を眺める」
をテーマに、 玉井秀和が2016年に旗揚げ。
京都若手随一の役者・スタッフ陣による
ハイクオリティな演目が魅力。
今年は熱量高く、笑い転げて、
泣き崩れるエンターテイメントを中心に
活動を行うことにしています。

【日時】
9月7日(金) 18:30
  8日(土) 13:00/18:30
  9日(日) 13:00
※開場は開演の30分前から

【料金】
前売 1,000円/当日 1,500円
高校生以下無料

【チケット予約】 こちらから
劇団FAX のTwitter は、こちら

posted by Higashiyama Center at 17:46| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

∴トライアングルの仕込み

昨日(8/13)の10時から、∴トライアングルの
仕込みが始まりました。

∴トライアングルは3つの集団からなっていて、
仕込みの人数は大勢で、午前中は照明の吊り込みに
いっせいに取りかかりました。
というのは、吊り込む照明数が多く
(久々にセンターの照明を全部使い、
さらに持ち込みのLEDライトも含めて60灯以上)、
吊り込まれた天井は久々に壮観でした。

1808141.jpg 1808142.jpg 1808143.jpg

午後からは舞台側にリノリウムを敷き、
客席側に黒パンチを敷き、客席組みと
客席側の一部に平台で橋掛かりのようなものの設置、
幕の吊り足しを行いました。

その後、照明の数が多いので
シュートにも時間がかかり、その日中にシュートは終わりませんでした。
シュートの後半は並行して音響さんの音出し、
曲の確認なども行っていましたが、
舞台関係での問題が発生して、
つまり見切りの関係で幕を少し移動させることになり
一部の照明のシュートをやり直すことに。
次の日の午前中は音響照明のテクニカルの調整の時間に
充てることになりました。

posted by Higashiyama Center at 22:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

6人の役者落語、競演

京都役者落語の会主催 五丁目寄席、終了しました(8/11)
(もうちょっとお客さんを増やしましょ!)

トップバッターは紅一点の紙本さんでした。
最初の自己紹介で、落語をするのは2回目と告白。
「スマホでも見ながら気楽に聞いてもらったら
いいんで」、みたいな言葉にびっくり。
開き直りとも、イクスキューズともとれる言葉を入れて
自分自身とお客さんの緊張を見事にほぐして、
本題に入ってきました。
元々お笑いへの興味があり、コントもされる紙本さん。
落語力も優れていると感じました。。

ネタ振りの段取りを間違えたのか、
あっ、その前に(言うべきことがあった)と、
噺を修正すること2回。
2回の修正はリハーサルでのことでしたが、
本番でも、あっ、その前に、と1回修正。
何が本当なのか、巧みに笑いを誘うすべなのか、
一生懸命ならではの、二口さんならではの、
ハプニング? でした。

180812Z.jpg

細かいくすぐりが散りばめられ、
しっかりと構成されたお噺を
安定して表現できる藤原さん。
今年も笑わせていただきました。

中入り後は、新ネタに挑んだ桐山さん。
餅好きの男のお話でした。
両手で挟んで叩くようにしながら焼き立ての餅を保ち、
そこに熱い餅に息を吹きかけてさまして食べるも、
口の中ではまだ熱い餅を噛み砕く仕草に、
会場からは絶えず笑いが巻き起こっていました。

トリはもちろん大御所のエディさん。
仕草や語り口の緩急、感情の乗せ方、など、
自分をどう使って表現すれば噺が面白くなるかが
よく見えているかのような、安定した高座でした。

posted by Higashiyama Center at 10:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

∴トライアングル公演「今昔魍魎事変」の挟み込み

∴トライアングル公演「今昔魍魎事変」の挟み込みは、
8月16日(木)の16時までに、
250部を東山センター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。

公演は8月17日(金)〜19日(日)の5回公演です
よろしくお願いします。

posted by Higashiyama Center at 17:11| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五丁目寄席へお越し下さい

五丁目寄席、本日(8/11)14時開演です。
現在、最終のリハーサルが行われています。

本日の演目を発表させていただきます。

紙本明子 ちりとてちん
二口大学 短命
藤原大介 昆陽の御池
<中入り>
桐山泰典 蛇含草
エディ・B・アッチャマン 長短

ぜひ、足をお運び下さい。

posted by Higashiyama Center at 12:06| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

∴トライアングル公演「今昔魍魎事変」@Stage Support Plan(2nd. step challenge)

180806.jpg∴トライアングルとは、 2016年11月に行った〈虹色結社〉・
〈勝手にユニットBOYCOTT〉による合同公演にて
手応えを感じた両団体が、それぞれと縁の深い
〈劇燐「花に荒らし」〉を加え、更なる研鑽を得るべく
三団体一体の企画として結成。

"ワカモノ"は不安定で不確かな存在である。
そのワカモノである我々が寄り集まり、"演劇"を通して、
確かなモノで在ろうと、確かなモノを創ろうとする
創作集団。    

【日時】 
8/19(金) 15:00/19:00
  20(土) 14:00★/18:00★
  21(日)13:00
 (受付・開場は開演の30分前)
 ★・・・アフターイベント(所要時間10〜20分)

【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室

【料金】 前売一般 1,800円/当日 2,000円
     U-22 1,500円 ※要証明
     高校生 前売・当日ともに 1,000円 ※要証明

【予約取扱い】
 CoRich はこちら

※ホームページはこちら

posted by Higashiyama Center at 17:07| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五丁目寄席の挟み込み

8月11日(祝・土)に行われる、
五丁目寄席の挟み込みはありません。

posted by Higashiyama Center at 13:54| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

和田謙二の仕込み

連日酷暑が続いていますが、7月16日(月)の午前10時より、
爆劇戦線和田謙二の仕込みが始まりました。
この日は祝日のため、18時閉館でしたが、
リノ敷きから始まり、照明の吊りこみ、音響のセッティング、
客席組み、幕の吊り替えと順調に終え、
最後は照明のシュートまで進めていました。

前日の日曜日(7/15)は、公演最終日を終えた、
別のユニットのバラシがあったところで、
バラシがすんだなぁと思ったら、また翌日の月曜日からは
別の劇団の仕込みが・・・・・、入っている。

昨年の8月にアトリエ劇研が閉館となった余波が、
人間座スタジオと当センターに押し寄せているようで、
この和田謙二の公演で、6月から7週連続で
続けて公演が行われています。

1807191.jpg 1807192.jpg 1807193.jpg 1807194.jpg

爆劇戦線和田謙二は、もう中堅の劇団に
仲間入りしようとしていると言っていい劇団で、
劇団員を初め、照明さんやそのオペを担当する、
普段は舞台監督の女性も含め、
仕込み作業は安心して見ていられました。

今日(7/19)、どうですか調子は? という問いかけに、
順調すぎて、(仕事をしている関係で全員がそろうのは
夕方以降になるので)何をしていいかわからない、
という答えが帰ってきました。

posted by Higashiyama Center at 19:29| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

五丁目寄席@stage Support Plan(3rd.step 東山のおススメ)

180713.jpgお待たせしました。
今年も「五丁目寄席」の季節がやってきました。
出演はおなじみのエディ・B・アチャマン、二口大学さん、
藤原大介さんに加え、桐山泰典さん(中野劇団)と、
紙本明子さん(劇団衛星)をゲストに迎えます。
暑さを笑い飛ばす夏恒例の役者落語に、ぜひお越しください。

【日時】 8月11日(土) 午後2時より
     ※開場は開演の30分前

【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
     (東山区東大路五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)

【料金】 前売り 1,000円/当日 1,200円
     中高生 500円(当日のみ・要学生証)

【お申込・問合せ】 kyoto.y.rakugo@gmail.com (京都役者落語の会)

posted by Higashiyama Center at 13:44| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

和田謙二公演の挟み込み

爆劇戦線和田謙二公演「カーニバルの朝」の挟み込みは、
7月20日(金)の正午までに、
160部を東山センター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。

公演は7月21日(土)・22日(日)の4回公演です
よろしくお願いします。

posted by Higashiyama Center at 10:24| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

爆劇戦線和田謙二公演「カーニバルの朝」@Stage Support Plan(2nd. step challenge)

180710Z.jpg夏だ! 海だ! 和田謙二だ!

今年も暑い夏がやってきた! 少年漫画のような熱い展開と
疾走感あふれる物語が十八番の和田謙二。

否!
今回は趣向を変え、髭だるマン脚本・演出の
短編コントに挑む。
笑いあり、涙なし、汗かき暴れる和田謙二。

これは和田謙二の4人のみで行われる
新たな試みである!

【日時】
7月21日(土) 13:00/19:00
   22日(日) 11:00/14:00

【会場】
京都市東山青少年活動センター 創造活動室
(東山区東大路五条上ル 東山区総合庁舎2F)

【料金】
一般 :予約 2,000円/当日 2,300円
学生:予約 1,500円/当日 1,800円
高校生以下:一律500円
◆お名前がわだけんじの方は無料ご招待(要証明)
◆学生は当日要証明

※ご予約フォームはこちらから

posted by Higashiyama Center at 13:18| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

河を泳ぐ鯛企画公演@Stage Support Plan(1st. step)

180707Z.jpg河を泳ぐ鯛企画は昨年の10月に結成された団体で、
複数の学生劇団から、"いつもとは違う"条件で
「総合美術」をしようと集まった、19歳から22歳の学生で
構成されています。

【日時】
7月14日(土) 14:00/18:00
  15日(日) 14:00

【会場】
京都市東山青少年活動センター 創造活動室
(東山区東大路五条上ル 東山区総合庁舎2F)

【料金】 予約 100円/当日 200円

※チケット予約はこちらのフォームをご利用ください。



posted by Higashiyama Center at 19:19| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日(7/7)の幻灯劇場、夜公演(18:30)について

本日(7/7)の幻灯劇場の夜公演(18:30)は、
予定通り実施します。

来ていただくお客様は、大雨に関する情報や、
交通機関等の情報を十分に確認していただき、
特に、行き帰りの交通手段が確保できているか等も含めて、
くれぐれも慎重にご判断ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

posted by Higashiyama Center at 14:35| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日(7/7)の幻灯劇場、昼公演(13:00)について

本日(7/7)の幻灯劇場の昼公演(13:00)は、
予定通り実施します。

来ていただくお客様は、大雨に関する情報や、
交通機関等の情報を十分に確認していただき、
特に、行き帰りの交通手段が確保できているか等も含めて、
くれぐれも慎重にご判断ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

※尚、夜公演(18:30)についての情報は、
  昼公演が終わった時点でアップします。

posted by Higashiyama Center at 11:05| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

幻灯劇場、夜公演(7/6)の中止連絡

幻灯劇場の本日(7/6)18:30開演の回について、
東山青少年活動センターが閉館になったため、
公演も中止となります。
楽しみにされていた方、すでにセンターへ向かっている方、
たいへん申し訳ありません。
また、明日の公演につきましては、
明日の朝10時の時点で開催されるかどうか、
情報掲載しますので、ご確認をお願いします。

posted by Higashiyama Center at 17:09| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幻灯劇場の公演についてのお知らせ

昨日よりの大雨が週末まで引き続き降り続く、
との気象予報が出されていますが、
本日から始まる幻灯劇場の公演は、
予定通り実施させていただく準備をしています。
(今後の状況にもよりますが、告知通りの5公演を予定)

来ていただくお客様は、大雨に関する情報や、
交通機関等の情報を十分に確認していただき、
特に、行き帰りの交通手段が確保できているか等も含めて、
くれぐれも慎重にご判断ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

posted by Higashiyama Center at 11:04| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

河を泳ぐ鯛の挟み込み

河を泳ぐ鯛企画公演「河を泳ぐ鯛」の挟み込みは、
7月13日(金)の正午までに、
80部を東山センター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。

公演は7月14日(土)・15日(日)の3回公演です
よろしくお願いします。

posted by Higashiyama Center at 00:58| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

この舞台で何が語られるのか?

幻灯劇場の公演にお越し下さい。
※幻灯劇場のHPはこちら

---------------------------------------------------------------------
【公演日時】
7月6日(金) 14:00/18:30
  7日(土) 13:00/18:30
  8日(日) 13:00
【チケット予約】 こちらから
---------------------------------------------------------------------

画像からはちょっとわかりにくいかもしれませんが、
下手の奥には、アップライトのピアノが置かれています。
(モーツァルトのレクイエムが弾かれるのか?)

客席の上手に座ってみて下さい。
端を天井のバトンに吊り上げられた敷物の大きなアール。
まだ、未完成のようですが、白いアーチは
スノーボードのハーフパイプを思い起こさせます。

180704Y.jpg 180704Z.jpg

デザインのトータルイメージは楽譜のようです。
舞台は五線譜で統一されています。
テーブルクロスにも黒い線が入れられています。
テーブル横に本がたくさん積んであるのですが、
その積み方にもセンスが感じられます。

舞台奥、下手のパネルに書かれている「Lacromosa」とは、
モーツァルトの絶筆と伝えられる、レクイエムの第8曲
ラクリモーサ(涙の日)のことだと思われる。

posted by Higashiyama Center at 23:05| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

幻灯劇場の仕込み

未踏座の公演が日曜日に無事終わり、
昨日(7/2)からは幻灯劇場の仕込みが始まりました。

いろいろ想定して準備はしているものの、
やっぱり現場を見ないとわからないこともあるもので、
舞台装置の位置や舞台上の敷物のセッティング方法、

それに加えて、キャパに即した客席の位置の再考と
場の仕切り方(暗幕の吊り足し)などの変更、
それに伴う借り物の手配、何回かの搬入作業などで
仕込が始まるのが1時間ほど遅れ、
昼からは裸火の申請の件で、
消防署員の現場確認が長引き、
そのことでも作業が送れ、
この日中に仕込みが終わりませんでした。
美術のコンセプトは楽譜です。
それは衣装関係にも及ぶと思われます。
舞台は全体的に白いイメージになってます。

1807031.jpg 1807022.jpg 1807033.jpg

仕込み2日目。現在は舞台関係の仕込みはほぼ終了し、
灯体の吊り替えや音響の仕込みに取りかかっています。
今日中には音照の目途をつけたいものです。

公演は7月6日(金)〜8日(日)の5回公演です。
ぜひ足をお運び下さい。
チケット予約は こちらからできます。

posted by Higashiyama Center at 16:56| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする