2018年07月01日

幻灯劇場の挟み込み

幻灯劇場「ラッツィ・バッツィの耳を1000回殴る」の挟み込みは、
7月3日(火)の15時より、一斉で行います。
部数は200部です。
挟み込み作業は東山センターで行います。
よしくお願いします。
※本番は7月6日(金)から8日(日)の5回公演です。

posted by Higashiyama Center at 10:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

幻灯劇場「ラッツィ・バッツィの耳を1000回殴る」@Stage Support Plan(1st. step)

180630.jpg第8回公演は、天才の遺作をめぐる喜劇です!

天才音楽家モーツァルトの妻・コンスタンツェは、
夫の死後二人の子どもを抱え貧困にあえいでいた。
モーツァルトに「ラッツィ・バッツィ(変態オカマ野郎)と
呼ばれた出来損ないの弟子とともに、
天才の遺作「レクイエム」を完成させて一稼ぎを狙う。

【日時】
7月6日(金) 14:00/18:30
  7日(土) 13:00/18:30
  8日(日) 13:00
※開場は開演の30分前から

【料金】
一 般:前売 2,500円/当日 2,800円
学生・U-25:前売 2,000円/当日 2,800円
高校生:前売 1,000円/当日 1,500円
初日昼割:7/6 14:00の回、一律 1,500円

【チケット予約】 こちらから
posted by Higashiyama Center at 16:30| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

未踏座、トラス吊りました!

地震の影響で舞台装置の製作が遅れていた未踏座。
やっと今日の午前から、大学とセンターを何往復かして、
テーブル類や変形の台、それにトラスが運び入れられました。

1806292.jpg 1806291.jpg 1806293.jpg

トラスはある程度の重量があるため、
吊りこみ作業は大人数で支えながら、
鉄バインド線で天井のバトンに吊り、
落下防止のワイヤーが付けられました。

その後、照明を吊り替え、照明の位置が
最終的に決まったのを受けて、
現在やっと最後のシュートが行われています(18時)。

事務所横のグループ活動室では、
先ほどまで挟み込み作業が行われていました。

posted by Higashiyama Center at 17:59| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

劇団未踏座の仕込み

昨日(6/25)の朝から、劇団未踏座の仕込が始まりました。
劇団員が29名もいるということで大勢の集団。
そのうちの23名が来て、創活の南側からパンチを貼り始め、
同時進行で、その片方では照明の吊り込み、
その後、幕の吊り替え、吊り足し、客席組みが
行われました。

1806261.jpg 1806262.jpg 1806263.jpg

仕込みのちょうど一週間前に起こった大阪北部地震。
その影響で舞台装置をたたいていた大学施設が閉鎖となり、
装置の完成が遅れているとのこと。
結局、装置の搬入は木曜日になるということで、
照明のシュートも仮のまま。
仕込みスケジュールがかなりおしています。

昨日・今日とセンターに来れない残りの劇団員6人は、
水曜日中の装置の完成を目指して、
今も仮の場所に移動して、たたきを続けているという。
早めの完成を願って。

posted by Higashiyama Center at 14:41| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

ピーアンドエー、幕開けました

遊劇体 ピーアンドエー、初日。

午前中のことでした。
出演の大熊ねこさんとこやまあいさんの2人に
それぞれ大きな花が2コ届きました。
2人は贈られた花の、あまりの大きさに驚き、なぜか大爆笑。

ある出来事をきっけに出会った二人の女性の、
距離が縮まる様子を見事に演じる、
ベテラン俳優の2人の演技がみどころです。

ちょっと風変わりな上演かもしれません。
舞台はフローリングの床に白線が引かれているだけ。
照明は室内灯のみです。
レコードのプレーヤーが持ち込まれ、
懐かしいベッツイ&クリスのレコードジャケットが
積まれた箱馬の上に無造作に置かれています。
(ベッツイ&クリスの一番有名な曲は「白い色は恋人の色」)

1806221.jpg 1806223.jpg 1806222.jpg

今回の風変わりな上演につきましては、
上演前のプレトークでおはなしさせていただきますと
作・演のキタモトマサヤさんが書いていますので、
その件はキタモトさんのトークにお譲りして。

明日の午後は雨模様です。
13時からの回が比較的空いているようです。
ぜひ、足をお運び下さい。

posted by Higashiyama Center at 17:54| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

劇団未踏座「ヒア・カムズ・ザ・サン」の挟み込み

6月25日(月)午前10時から
28日(木)の17時までの間に、
200部を東山センター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よろしくお願いします。

※本番は6月29日(金)〜7月1日(日)の4回公演です。

posted by Higashiyama Center at 18:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇団未踏座「ヒア・カムズ・ザ・サン」@Stage Support Plan(1st. step)

1806163.jpgあらすじから抜粋
真也は29歳、出版社で編集の仕事をしている。
そんな彼には、幼い頃から物や場所に残された
人間の記憶を見ることができる不思議な力があった。

【日時】
6月29日(金) 18:30
  30日(土) 14:00/18:30
7月 1日(日) 13:00

【料金】 無料カンパ制

【チケット予約】 こちらのHPから




posted by Higashiyama Center at 17:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピーアンドエーの挟み込み

ピーアンドエーvol.1「ほたる」の挟み込みは、
6月21日(木)の午前11時より、一斉で行います。
部数は100部です。
挟み込み作業は東山センターで行います。
よしくお願いします。
※本番は6月22日(金)から24日(日)の4回公演です。

posted by Higashiyama Center at 14:24| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

劇団しようよの仕込み

いよいよ今週末の公演に向け、
劇団しようよ「風と海と月夜の3つのものがたり」の
仕込みが、今朝(6/11)から始まりました。

車で何回か往復をして、大量の舞台装置が運び込まれました。
ダンボールを切り抜いた動物などが多数。
海を表すブルーシートや、草原を表す芝生シートの巻いたもの、
などなど。
あまりの大量のため、そして創造活動室は仕込み中のため、
それらは、センターの倉庫の片側を占領してしまいました。

1806111.jpg 1806112.jpg 1806113.jpg 1806114.jpg

15時ころには、客席づくりは終わり、幕の吊り替えも完了。
緞帳がわりの引き割り幕も袖幕も移動しました。
その途中、冷房機のダクト、風の吹き出し口から
水滴がポタポタとしたたり始めたため、
とりあえずポリバケツでしのぎました。

夕方までは音響さんのサウンドチェックが行われ、
その後は照明のシュートが行われました。

今回の出演者には、21期以降の演劇ビギナーズユニット参加者が多く、
総勢で8人になります。

明日(6/12)は3パターンの公演のための場当たりが行われます。

posted by Higashiyama Center at 15:15| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

ピーアンドエーvol.1「ほたる」@Stage Support Plan(3rd. step/東山のおススメ)

180609.jpgピーアンドエーは、遊劇体の女優・大熊ねことこやまあいの
二人芝居ユニットとして結成されました。
キタモトマサヤによる新作書き下ろし及び演出作品です。

【日時】
6月22日(金) 15:00
   23日(土) 13:00/16:00
   24日(日) 14:00
※ 受付開始は開演の40分前、開場は30分前です。

【料金】
一 般:2,500円
U-30:2,000円
学 生:1,000円/中・高校生以下:500円
(当日受付にて証明できるものをご提示ください。)

※ 全て前売・当日同料金、日時指定自由席
※ 座席には限りがございますので、ご予約をおすすめします。
※ ご予約で満席の場合は当日券が発行されないことあります。

詳しくは遊劇体のHP

posted by Higashiyama Center at 10:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

劇団しようよ「風と海と月夜の3つのものがたり」」@Stage Support Plan(2nd.step/ challenge)

180608.jpgこれまで、昔話や童話などをモチーフに、
いろんな方法で作品を創ってきた劇団しようよ。
その新たな取り組みは、国語の教科書シリーズ
(国語の教科書で親しまれている作品の上演)です。

この機会にぜひご覧ください。詳しくはこちら

【日時】
6月16日(土) 12:00 スーホの白い馬 + スイミー
         15:00 スーホの白い馬 + ごんぎつね
         18:00 スーホの白い馬 + スイミー
6月17日(日) 13:00 スーホの白い馬 + ごんぎつね
※2作品を1プログラムとして上演。
※上演時間は1プログラム 約80分を予定。

【料金】
小学生 500円
中学生・高校生 800円
大人(18歳以上)1,500円
※未就学児童は入場不可
posted by Higashiyama Center at 14:20| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

「ダンスの教室」@Stage Support Plan(2nd.step/ challenge)

6月9日(土)・10日(日)に行われるイベントのご案内です。

若いコンテンポラリーダンサーたちによる新しい試みで、
10分間の試作品を3つ(デュオ作品が2つとソロ作品が1つ)を、
5人のダンサーによって提示し、来場者の講評を参考にしつつ、
作品創作のプロセスでの変化を再提示する、というものです。
土曜日に、完成前の作品が観客とのコミュニケーションによって
ブラッシュアップされ、それがさらに日曜日の観客との
コミュニケーションによって作品の完成へと近づけます。

この新しい試みに、ぜひご注目下さい。

6月 9日(土)15時から18時
6月10日(日)13時から16時
入場無料(途中参加、途中退場可)


※詳しくは画像をクリックしてご覧下さい。

posted by Higashiyama Center at 12:46| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

劇団しようよ「風と海と月夜の3つのものがたり」の挟み込み

6月14日(木)の16時までに
150部を東山センター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よろしくお願いします。

※本番は6月16日(土)〜6月17日(日)の4回公演です。

posted by Higashiyama Center at 10:15| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

テクニカル講座の2日目

今日(5/20)の参加者は昨日に比べてかなり減って、
15名で行われています。

最初は、舞台関係、特に舞台監督の仕事について、
なかでも過去に起きた事故などを参考にして
舞台にはどういう危険が潜んでいるのか、
という話しから進められています。

300520X.jpg 3005202.jpg 300520Z.jpg

その後は、2チームに分かれて
午後の応用編に向けての準備です。
短い脚本が配布され、それの上演に向け、
役割(舞台監督、音響、照明、舞台美術、演出、役者)を決めて、
話し合いが行われています。

午後からは、舞台(立て込み)、照明(吊り込み、シュート、シーンづくり)、
音響(サウンドチェック)それぞれの作業を経て、
ゲネプロ、本番、バラシと一連の流れを体験します。

posted by Higashiyama Center at 12:39| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

テクニカル講座、1日目

創造活動室での活動を支えるボランティア養成もかね、
本日(5/19)と明日の2日間で、舞台・照明について学ぶ、
テクニカル講座が開催されています。

1日目の今日は、6月と7月にセンターで公演予定の
3つのグループから、それに個人参加の方を含め、
全員で27名の方が受講されています。
創活番のためのボランティア養成講座を始めて、
これほど大勢の参加者が得られたのは初めてのことです。

3005191.jpg 3005192.jpg 3005195.jpg
講師は創活番ボランティアの恵藤さんと藤崎さん。
座学中心で、光のことや舞台照明の役割の説明から始まり、
創造活動室の電気容量、回路数、灯体の消費電力量、
など基本的な電気についての説明のあと、
照明がどうような仕組みで点灯するのか、
主幹→分電盤→コンセントボックス→灯体という電気の流れと、
その流れの量を調整する、調光ユニット、調光卓の役割、
それで、どのようにして照明が点くかの説明が行われています。

後半は照明の仕事についての説明のあと、
5グループに分かれて明かりづくりが行われています。
1グループ5シーンずつ、それぞれ照明の吊り込み図面に書かれたものを
1枚の図面に調整して、吊り込み作業ののち
予定の時間を延長して、現在はシュートが行われています。

posted by Higashiyama Center at 14:31| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

続いて、7月の公演リストです

創造活動室での7月の公演案内です。
詳細が決まってないものについては随時アップします。

幻灯劇場ラッツィ・バッツィの耳を1000回殴る」 6日(金)〜8日(日)
モーツァルトの死後、レクイエムを完成させようとした人間達の物語。舞台美術や衣装に、乞うご期待!

河を泳ぐ鯛
爆劇戦線和田謙二カーニバルの朝」 21日(土)・22日(日)


posted by Higashiyama Center at 01:07| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

6月の公演リスト

創造活動室での6月の公演案内です。
詳細が決まってないものについては随時アップします。

ダンスの教室 9日(土)・10日(日)
 作品になる前段階の振付を、試演という形で提示し、
 会場からの合評によって、作品の質的向上をめざす取り組みです。
 若いコンテンポラリーダンサーたちによる
 コンテンポラリーダンスの活性化をはかる試みです。 

劇団しようよ風と海と月夜の3つのものがたり」 16日(土)・17日(日)
 昔話や童話などをモチーフに、人形劇や紙芝居など
 いろんな方法で作品をつくってきた「劇団しようよ」。
 昨年度から、新たに子ども向け作品の創作に取り組み始めました。

P and Aほたる」 22日(金)〜24日(日)
 20年近く遊劇体で活動を続ける、大熊ねこさんと
 こやまあいさんによるユニット公演です。
 東山のおススメとして実施します。

未踏座「ヒア・カムズ・ザ・サン」 29日(金)〜7月1日(日)
未踏座2018年夏公演です。

posted by Higashiyama Center at 15:10| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

YU'Z、最大45時間に!

発表や公演予定が具体的に決まっている青少年グループに、
練習場所を提供している、サポートプランYU'Z。
いままで最大の利用時間数が40時間でしたが、
1日の練習時間が3時間の場合が多く、
最大の利用時間数を、できれば3の倍数にしてほしい
との声にお応えして、今後は45時間とすることになりました。

この機会に、ぜひYU'Zをご利用ください。

※詳しくはこちらをご覧ください。

posted by Higashiyama Center at 18:30| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

スタッフワークが学べる講座、参加者募集中!

スタッフワークをもっと知りたい!という方に
創造活動室の機材を使ったテクニカル講座を開催します。
現在、参加者募集中です。
今回は、2日間にわたり、照明(機材の説明とプランのたてかた)と
舞台(舞台監督の役割について、ひな壇の組み立て方など)、
応用・実践編として基礎講座で学んだテクニカルで、
実際に作品をつくってみよう!
という流れで行います。
また、この講座は、創造活動室のボランティアチーム
「創活番」メンバーの養成を目的に行います。
ぜひこの機会に実践で役立つスキルをつけてみませんか?  

申込み受付期間:5月10日(木)21時まで  
日時:
@平成30年5月19日(土)13時〜18時
A平成30年5月20日(日)10時〜18時    
両日参加優先ですが、どちらかだけの参加もOK

定員は20名。先着順にて受け付けます。
講師は、創活番(創造活動室ボランティアチーム)
スタッフのみなさんです。

申込みは、こちらから


   画像をクリックしてください
         
3004273.jpg

2018年04月12日

創活番ロゴの解説

先日(4/8)の記事で公表した創活番のロゴマークですが、
その後少し反響があったので、
ここで改めてマークについてまとめておきます。

このロゴマークは創活番がかかわる3つの領域、
つまり、音響、照明、舞台の活動領域を
それぞれの仕事に関するもので象徴的に表現しています。
それに加えて、このロゴを見る視点も、いくつかの視点、
例えば、公演場所(創造活動室)の天井を見上げたり
逆に俯瞰で見たり、横からみたりした、
それぞれ違った視点を1つにまとめて表現しているのです。

黒い#型のバーは天井のバトンを表していて、
そのバトンにある◎は照明の吊り込み図面で使われる
フレネルを表す記号です。
また、SOKATSUBANのOは円()になっていて、は凸(レンズ)を示す記号です、
つまり、これが照明の仕事を表現しています。

#から右に伸びた黒いバーに囲まれたエリアは舞台を表しています。
舞台上に置かれた3つの長方形は箱馬で、
尺高、1尺4寸高、2尺1寸高に組まれる箱馬の
3つの置き方が表現されています。
つまり、これらは舞台の仕事全般を表現しています。

さらに、右下の小さい四角がいっぱい集まったものは
サンプラーのボタンを表現しています。
つまり、音響の仕事の象徴です。
そして、それらが舞台の手前に配置されているのは、
小さな四角が客席のイスにも見て取れる効果をねらっています。

最後に一番下の文字 αύξηση はギリシャ語で、
「育てる、育成する」という意味です。
つまり、表現活動をサポートすることで
青少年の育成を目指す、創活番ボランティア本来の目的を示しています。

posted by Higashiyama Center at 11:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする