2016年09月09日

庭ヶ月の挟み込み

庭ヶ月第2回公演「凪の砦」の挟み込みは、
9月13日(火)の17時〜一斉で行います。
部数は150部です。
作業はセンターで行います。
後バサミはありません。

※本番は9月17日(土)〜18(日)の3回公演です。

posted by Higashiyama Center at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

劇団地あかり@stage Support Plan(1st.Step)

劇団地あかり旗揚げ公演「はいりこばこ」のご案内

昨年9月に高校時代の演劇部仲間で立ち上げた大学生劇団。
基本を大切に、日常のそのままの人間の姿を照らして
浮き彫りにする芝居作りを目指した作品創りに取り組んでいます。
上演時間90分を予定しています。ぜひ、ご来場ください。 

【日時】 9/10(土)13:00/18:00
     11(日)13:00
    (開場は各開演の30分前)
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 無料カンパ制
【お問い合せ】 gekidanjiakari@gmail.com

はりこばこ.jpg

posted by Higashiyama Center at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

劇団地あかりの挟み込み

劇団地あかり公演「はいりこばこ」の挟み込みは、
9月8日(木)の12時までに
120部をセンター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よしくお願いします。

※本番は9月10日(土)・11日(日)の3回公演です。

posted by Higashiyama Center at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

カイテイ舎第2回公演(2nd.Challenge)

カイテイ舎第2回公演
「寿歌」のご案内

カイテイ舎は、鴨沂高校演劇部の卒業生と元顧問が中心とした劇団です。
卒業後進学し、社会人になり、新たに高校を卒業した後輩なども一緒に
仕事を続けながら演劇に取り組んでいます。
今回の上演作品は、北村想さん作の「寿歌(ほぎうた)」。
登場人物の孤独と虚無を喜劇的なタッチで描かれています。
ぜひ、ご来場ください。

20160816_1.jpg

【日時】 8/19(金)18:30〜
    20(土)13:30〜0/18:30〜
    21(日)13:30〜
    (開場は開演の30分前)
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 一般  前売1,800円 当日2,000円
   30歳以下 前売1,500円 当日1,800円
   中高生  前売500円  当日800円  
【チケット予約専用】
myv3823.ok@gmail.com  080-4641-5747

posted by Higashiyama Center at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

カイテイ舎の挟み込み

カイテイ舎第2回公演「寿歌」の挟み込みは、
8月18日(木)の15時〜一斉で行います。
部数は200部です。
作業はセンターで行います。
後ばさみはありません。

※本番は8月19日(金)〜21(日)の4回公演です。

posted by Higashiyama Center at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

A Bubble Circus 2016夏公演(2nd.Challenge)

A Bubble Circus 2016夏公演
マジックショー「未来かもしれない」のご案内

A Bubble Circusは、もともと2009年に京都教育大学
マジックサークル〜Mirage〜を母体として、
e-project(学生の自主研究活動)の一貫として旗揚げされた
1年限りのマジック集団でした。
2011年より新たな活動を始め、A Bubble Circus の名前が
再度付けられ、活動が続いています。
現在のA Bubble Circus は学生を巻き込んだ社会人団体として、
京都東山を拠点に活動を行っています。
A Bubble Circus とは「小さな泡が集まって1つのサーカスを作る」
という意味があるそうです。

7月に東山青少年活動センターロビーで夏公演のプレイベントを
開催し、子どもたちにも好評でした。

大人も子どもも楽しめるストーリー仕立てのマジックショーです。
ぜひ、ご来場ください。

【日時】 8/13(土)17:00〜
     8/14(日) 14:00〜
     (開場は各開演の30分前)
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【入場無料‼】

A BUbble Circus.jpg

posted by Higashiyama Center at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

A Bubble Circusの挟み込み

A Bubble Circus2016夏公演の挟み込みは、
8月12日(金)の11時までに
100部をセンター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よしくお願いします。

※本番は8月13日(土)・14(日)の2回公演です。

posted by Higashiyama Center at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

五丁目寄席演目案内!

いよいよ明日(7/31)になりました、五丁目寄席。
今年の演目のご案内です。(出演順)
演者によって面白味がいろいろ。楽しみにご来場ください。
14時開演です。

田楽喰い(岡島秀昭)
猫の皿 (水沼 健)
二人ぐせ(藤原大介)

中入り

遊山船 (桐山泰典)
当日のお楽しみ (三遊亭はらしょう)
饅頭こわい (エディ・B・アッチャマン)

posted by Higashiyama Center at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

京都役者落語の会「五丁目寄席」@stage Support Plan(3rd.step 東山のおススメ)

お待たせしました「五丁目寄席」の季節です。
今年は前座も必見!!
豊島由香さんと大熊ねこさんによる演芸。
出演はエディ・B・アチャマン、水沼健、岡嶋秀昭、藤原大介。
ゲストには、三遊亭はらしょうさん、桐山泰典さんをお招きします。
ぜひ、暑さを笑い飛ばす夏恒例の役者落語にお越しください。

160723 (2).jpg

【日時】 7月31日(日)14:00〜 ※開場は開演の30分前
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
     (東山区東大路五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)
【料金】 前売り 1,000円/当日 1,200円
    中・高校生 800円(当日のみ要学生証)      
【お申込・お問合せ】
    E-mail kyoto.y.rakugo@gmail.com (京都役者落語の会)


おススメだけロゴ.jpg この公演は、ステージサポートプランの
 「東山のおススメ」枠で採用しました。
 ぜひ多くの方々にご覧いただきたい、
 おススメの公演です。





posted by Higashiyama Center at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

ミュージカルサークル・タントミィル公演無事終了!

今回は、全く公演に関する制作・技術面での経験がないグループでした。
7/3の公演までに、創活番メンバーが舞台や客席の作り方、
創造活動室にある照明機材の使い方や効果、図面の書き方、
その他相談とタントミィルのメンバーが集まれる日程に合わせて進めました。
本番中も創活番メンバーが裏方としてサポートする場面がありました。
今後、全く公演経験がないグループをサポートするために必要な
段階や進め方を改めて考える機会にもなりました。
観客動員数は74人。
初めての公演でしたが、たくさんの方に観に来ていただけたようです。
そんな タントミィルから、公演を終えての感想が届きました。
今回の経験が次の創作への糧になったようです。

160708_1.jpg 160708_2.jpg 160708_4.jpg

設立から1年、初めての公演が無事に終了しました。
素人ばかりで何も分からず、本番前日まで不安しかなかった私たち。
でも、ステージサポートプランを利用させて頂き、
スタッフの方々の指導の元、一から照明の仕込みや
リノ敷きなどの会場作りを進めて本番を迎えることが出来ました。
メンバーの大半が社会人のため、実は公演本番まで
全員が揃うことがありませんでした。
仕込みから本番まで1週間近く期間を設けて頂いたのにも関わらず、
平日は8割が欠席、衣装も当日の本番ギリギリに仕上げる
という状況の中で迎えた本公演。
当日もいくつかのトラブルがありましたが、
終演後のお見送りで見たお客様の笑顔と
『素晴らしかったよ』というお言葉にみんな感激しました。
時間が無くアンケートが作れなかったため
細かいご意見を伺うことが出来ませんでしたが、
この公演で学んだ事・感じたことを次に生かしていきたいと思います。
ありがとうございました!=

posted by Higashiyama Center at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

ミュージカルサークル タントミィル@stage Support Plan(1st.Step)

ミュージカルサークル・タントミィル第1回公演
「CATS」のご案内

昨年7月に立ち上げたミュージカルサークル。
たくさんの仲間に出会え、設立1周年の節目に
旗揚げ公演を行います。
65分の上演予定時間です。ぜひ、ご来場ください。

【日時】 7/3(日)12:30
    (開場は各開演の30分前)
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 無料
【お問い合せ】 gekidan.tantomil@gmail.com

posted by Higashiyama Center at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

ミュージカルサークル・タントミィルの挟み込み

ミュージカルサークル・タントミィル公演の挟み込みは、
7月1日(金)の21時までに
80部をセンター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よしくお願いします。

※本番は7月3日(日)の1回公演です。

posted by Higashiyama Center at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

Juggling Unit ピントクル オムニバス公演終了

先週末に行われた「秘密基地vol.5」。
3〜10分ほどの短編のジャグリング演目をオムニバス形式で上演。

0618-2.jpg 0618-5.jpg 0618-6.jpg 0618-3.jpg

今回は、「それって、ジャグリング?」と思うジャンルの演目
(演劇や縄跳び)等もありましたが、
次の場面転換の間に行われた、演じた人へのインタビューの際に、
演者からは、ジャグリングとしての意識を持って構成されたということを
詳しく聞くことができ、「あくまでもジャグリングとして演じている」
という言葉に納得しました。
映像を使ったり、照明や音響効果が活かされたステージでもありました。

0618-1.jpg 0618-4.jpg 0618-7.jpg

2日目の出演者による、特別ワークショップには、
青少年も参加し楽しい体験となりました。

ステージサポートプランの 2nd.Challenge 枠で採用したこともあり、
一般的にジャグリングと言われるジャンルにこだわらず、
それぞれなりの「ジャグリング」を披露しているのに、
何かしらの共通するものを感じることができた公演でした。
最後の片付け(バラシ)の際の、パンチを巻く技術の高さに驚きました!

posted by Higashiyama Center at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

中劇研合同公演無事終了、最優秀賞は??

前日(6/4)に引き続き、昨日も中劇研春の合同発表会が行われました。
この日は残りの3校、音羽中学校、洛北中学校、京都女子中学校Aチーム、
立命館中学校の順での4公演でした。
公演は13時前に終了。
お昼休憩の後は、昨日同様、全員で合評会が行われました。

1606071.jpg 1606072.jpg 1606073.jpg

各校の公演に対して、まずは他校からの感想を代表者が話します。
その後、手を挙げて、自分の感想を伝えていました。
細かな演出についてや、衣装、小道具など、しっかりと観て、
感じて、自分たちの演技と比べて、と短時間で色々と学んで
今後につなげているなと感じました。。

合評会の後は審査員の講評が行われました。
審査委員は田中さんと大谷さんです。
お二人とも気づいたことを多面的な視点をもって、
中学生にわかる言葉で伝えてくれました。
田中さんは脚本を書くことの難しさ、書く時の様々なヒントから、
脚本選びについて、演ずることについて、自分の経験談を交えて
語っていました。
大谷さんは舞台上で身体から表現できることの可能性を
具体的に観ていたシーンを使って、自分ならこうしてみると、
わかりやすく解説していました。
お二人には予定時間をオーバーするほど、
熱心に話してもらいました。

講評終了後、審査員控室には、もっと話を聞きたいと
生徒が集まり、お二人とも笑顔で対応していました。

1606074.jpg 1606075.jpg 1606076.jpg

審査結果は以下のとおりとなりました。
---------------------------------------------------------
最優秀賞は、立命館中学校、
優秀賞は、修学院中学校、
優良賞には、洛北中学校が選ばれました。
---------------------------------------------------------
参加者のみなさま、公演を支えていただいたみなさま、
お疲れ様でした。

posted by Higashiyama Center at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

Juggling Unit ピントクル オムニバス公演(2nd.Challenge)

Juggling Unit ピントクル オムニバス公演
「秘密基地vol.5」のご案内

「秘密基地シリーズ」とは、3〜10分ほどの短編のジャグリング演目を
オムニバス形式で上演するシリーズ公演企画。
ステージや野外などとは異なる小劇場という空間で、
どのようなジャグリングを体験する/してもらうことができるのかを
時には真剣に、時にはふざけたりもしながら追求していく、
実験的な公演です。
公演翌日(6/12)には、初心者向けのジャグリング体験
出演者による特別ワークショップも開催されます。
ぜひ、ご来場ください。

1606051.jpg

【日時】 6/11(土)14:00/19:00
     (開場は各開演の30分前)
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 一律 1,000円
【お問い合せ】 juggling.pintcle@gmail.com
          http://juggling-pintcle.com/

posted by Higashiyama Center at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

16中劇研春の合同公演、開幕しました!

第76回中劇研春の合同発表会が開幕しました。
第1日目の出演校は、同志社中学校、松原中学校、
京都女子中学校Bチーム、修学院中学校、京都文教中学校の5校でした。

審査員のお2人は、俳優の田中遊さん(正直者の会)と
ダンサーの大谷悠さんでした。

1606044.jpg 1606041.jpg 1606046.jpg

照明をつけると、舞台の役者がまだはけきっていなかったり、
幕を開けるタイミングが照明とずれたりした学校もありましたが、
全体的にはセリフが完全に止まってしまうということはなく、
創作場面よりも作品に集中できていると感じられました。

衣装の早着替えができた学校、
上手く、灯りの中に入って魅せるシーンができた学校、
大道具を暗がりでスムーズに出し入れすることができた学校、
衣装やメイクに工夫をこらした学校、
一人で音響と照明を上手く操作できた学校、
と、リハーサルで見ていた時の不安は感じられないほど、
各校とも、本番で練習の成果を発揮していました。

1606043.jpg 1606042.jpg 1606045.jpg

明日(6/5)は2日目の公演が行われます。
10時30分開始で、音羽中学校、洛北中学校、
京都女子中学校Aチーム、立命館中学校の順で行われます。
ご期待ください。

ラベル:中学演劇
posted by Higashiyama Center at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Juggling Unit ピントクル 挟み込み

Juggling Unit ピントクル オムニバス公演の挟み込みは、
6月10日(金)の12時までに
100部をセンター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よしくお願いします。

※本番は6月11日(土)の2回公演です。

ラベル:ジャグリング
posted by Higashiyama Center at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

中劇研合同発表会の仕込みとリハーサル

明日(6/4)から始まる、中劇研合同発表会。
5月27日(金)の昼から、ボランティアによる照明の仕込みが行われました。
夕方からは、学校が終わって駆け付けてくれた京都文教中学校、
同志社中学校、立命館中学校、松原中学校の生徒さんたちと
舞台・客席づくりを行いました。
40人近くの生徒さんたちが、サポートしてくれるボランティアの
惠藤さんの指示をよく聞きながら遮光作業、リノリウムとパンチカーペットを
よれないように敷き、その上に平台と箱馬で客席を組みあげていきました。
去年も作業に参加した2・3年生が1年生に教えながら進めたので、
スムーズに進み、予定していた時間よりも早く終了しました。

1606031.jpg 1606032.jpg 1606033.jpg

5月28日(土)からは、リハーサルが各校ごとに行われました。
修学旅行などで土・日に来れなかった学校は、
平日、学校が終わってからのリハーサル。
限られた時間の中で、場ミリ、大道具の搬入・搬出、
どんちょうの開け閉め、照明や音響の担当者と
役者のきっかけ合わせなどが行われました。
ボランティアも日替わりで対応してくれました。
明日も生徒のみなさんの奮闘を近くで見ながら、サポートにあたります。
いよいよ、明日から中学演劇の合同発表会が始まります。


第76回中劇研合同発表会のごあんない

5月16日の事前研修から始まり、5月28日・29日のリハーサルを経て
いよいよ明日から始まる中劇研の春の合同公演。
今年は8校が公演(制限時間30分)を行ないます。
(京都女子中学校は2チームに分かれて公演)
ぜひ、多くの方々にご覧頂きたい公演です。
入場は無料です。
各校の上演開始時間の5分前にご入場ください。
途中入場はご遠慮いただく場合がございます。

6月4日(土)<第1日目>
上演1 13:20〜13:50  同志社中学校「月を望む」
上演2 13:55〜14:25  松原中学校「幕の内弁当」
上演3 14:30〜15:00  京都女子中学校B「冬のキリギリス」
上演4 15:05〜15:35  修学院中学校「メリー・ドール」
上演5 15:40〜16:10  京都文教中学校「赤色のHappy End」

6月5日(日)<第2日目>
上演6 10:30〜11:00  音羽中学校「彼女によろしく」
上演7 11:05〜11:35  洛北中学校「劇場の豪雨は、見開きに滞る」
上演8 11:40〜12:10  京都女子中学校A「降るような星空」
上演9 12:15〜12:45  立命館中学校「白バラ学園青春中」

posted by Higashiyama Center at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

Paltanz(ダンスパフォーマンス)公演、無事終了

Paltanz の公演(5/20・21)は、創活番メンバーが舞台監督を務めました。
仕込みは、舞台監督の指揮のもと、ダンサーも一緒になって行ないました。
リノリウムやパンチ敷き、客席組みなど、初めての自主公演で
空間を一から創り上げる体験になったようです。
観客動員数は114人。
1stステージは満席で、集客にも積極的に取り組んだ様子がうかがわれました。
そんな Paltanzから、公演を終えての感想が届きました。
次の公演につながる体験になったようです。

1605302.jpg 1605301.jpg 1605303.jpg

Paltanz から届いたコメントをご紹介します。

Paltanzを結成して初めての自主公演でした。
予想のつかないことばかりで不安でしたが、
センターのステージサポートプランを利用させて頂き、
照明・音響・舞台の仕込みも無事終わり、
一から自分たちで作る舞台が出来上がりました。
このダンスグループは、10代もいて、年齢差もあるのに、
不思議と仲が良いことで評判だったため、
「Pal<仲良し>」と名付けました。
そのことは搬出搬入でもスムーズなチームワークにつながり、
演者・スタッフに恵まれとてもありがたいなと思いました。
現場での稽古期間も含め、一週間ほどいただけたため、
本番に近い形で稽古ができ、出演者も空間に慣れ、
本番は客席をフラットにし、ごくごく近い距離で踊りました。
距離感としては良かった部分は多くありましたが、
私自身の演出の未熟さも浮き彫りになり、
賛否両論の多くの感想をいただきました。
反省する点は多くありますが、やってみて本当に良かったと思いますし、
演者もスタッフもまたやりたいと言ってくれていたので、
今後も面白いことを模索していきたいと思います。
本当にありがとうございました。

posted by Higashiyama Center at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

Paltanz(ダンスパフォーマンス)公演の挟み込み

Paltanz「声の先 踊る景色」の挟み込みは、
5月19日(木)の15時までに
150部をセンター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よろしくお願いします。
※本番は5月20日(金)・21日(土)の3回公演です。


posted by Higashiyama Center at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする