2009年04月18日

PAC@立誠のダンス公演をKBSテレビで

3月に開催した、Performing Arts Communication@立誠
そのプログラムの1つ、Dance & People
ダンスカンパニー花嵐による「ダンスと見えないこと」が
KBSテレビの番組「ふれ愛さんか〜いきいき福祉〜」で放送されます。

「ダンスと見えないこと」では、
花嵐のダンサー3人と森川万葉さんのユニットによる舞台公演と
フランスツアーの報告会、さらに昨年急逝された
全盲の吉田一光さんが舞踏作品に取り組んだ数か月を追った
ドキュメンタリー映像が上映されました。
森川さんは、全盲で、発達障がいがありますが、
練習を重ねる中で、ダンサーとして成長し、活動を続けています。
今回は3月22日に、元立誠小学校の講堂で行われた
公演の模様が放送されます。
放送日は明日、4月19日(日)11時45分からです。

また、東山アートスペース作品展示「touch the wave」の模様も
こちらは4月26日(日)の111時45分から放送されます。
ご来場いただいた方も、そうでない方も、ぜひご覧ください。

posted by Higashiyama Center at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | △PAC@立誠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

"touch the wave" finished!

アートスペース作品展「touch the wave」終了しました。
3月21日から26日まで、元立誠小学校で行った
作品展が無事終了しました。
「たくさん観に来てくれるといいね」と話しながら
メンバーと一緒に大きな看板も作り、
メンバー42名の作品はナビゲーターとボランティアが協力し、
様々な展示方法で紹介した、今回の作品展。

0904031.jpg 0904032.jpg 0904033.jpg

会期中の来館者は合計400名を超え、
帰り際のひとことや、アンケートの感想では
「エネルギーをもらった」
「楽しく作ることの大事さを改めて感じた」
「のびのびとした感じから、制作過程が目に見えるよう」
などという声をたくさんいただくことができました。

今回はセンターを離れ、街なかで行ったこともあり、
アートスペースの活動を知らなかった方たちにも
作品だけでなく作者にも興味をもって観てもらうことができました。
「アート」を媒体に作品や作者が新しい人たちと出会い、
繋がるきっかけになったのであれば嬉しいです。

協力してくださったみなさん、観にきてくれたみなさん、
本当にありがとうございました。

posted by Higashiyama Center at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | △PAC@立誠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

ASイベント「空に描く」の報告

東山アートスペース春のイベントは
「空に描く(くうにえがく)」と題し、
高さ2mの透明の立方体を用意しました。
どんな仕上がりになるんでしょうか・・・・・。

0903311.jpg 0903312.jpg 0903313.jpg

今回はアートスペースのメンバーも、
スタッフも一緒に透けて見えるキャンバスに、
向かい合って描いたり、
首が痛くなるほど上を向いて天井に色を塗ったりと、
思い思いに筆を走らせました。

なれない素材に戸惑う参加者も、スタッフにつられたのかな?
気がついたら筆を持って立ち上がり、笑顔で描いていました。

0903314.jpg 0903315.jpg 0903316.jpg

出来上がった作品は中庭に移動。
作品として展示しました。
絵が描かれた空。
透けて見える校舎。
空に絵を描いたらこんな風になるんだー♪
作品展の期間中、たくさんの方々に楽しんでもらう事が出来ました。
みなさんありがとうございました!

posted by Higashiyama Center at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | △PAC@立誠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

めかくしワークショップの報告

24日にPAC@立誠の一つとして行っためかくしワークショップ。
午前中に小学生を対象にしたクラスは参加者が集まらず、
青少年ボランティアを対象に行いました。

0903271.jpg 0903272.jpg 0903273.jpg

午後からの市民対象のクラスは
ボランティアも含め9名の参加で実施しました。
元立誠小の3階にある自彊室(60畳くらいの和室)を会場に行いましたが、
とても趣のある空間に参加者も始まる前からウロウロ。
廊下が回廊になっていて、窓からは少し咲き始めた桜が見えます。
穏やかな日があたる部屋で、
ゆるやかにワークショップは始まりました。
初めて出会う人とアイマスクをつけて、お互いに触れ合ったり、
ペアになってポーズをつけたり。
1つのワークが終わるたびに、感想を伝えあいました。
日頃は気にしてない、指先や足の感覚を感じながら、
日常とは少し違ったカラダの変化に気づいたという声や、
五感を使う感じがわかったなどの感想が聞かれました。

posted by Higashiyama Center at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | △PAC@立誠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

「なんちゃってアフリカン」と「あそびからマイダンス」実施報告

今日、PAC@立誠のプログラムを2つ開催しました。
午前中に実施した、ママ、ダンサー化計画
「なんちゃってアフリカン」では、
コートディボアール出身のダンサーをナビゲーターに迎え、
集まったママさん10人と男性2人、
女性3人の計15人が参加してくれました。
また、同じ空間にはママさんと一緒にきた幼児が多数いました。
ダンサーの動きに合わせて、参加したみなさんは
日頃使わないカラダの色々な部分を動かしながら、
とても楽しそうに踊っていました。
時には、お子さんを抱っこしながら踊ったり、
ママの動きに合わせて歩いたりと、
親子のダンス風景も見られました。
ペアになって、軽快な音楽に合わせて思いっきり踊る様子は、
とってもいきいきとしていて、
運動不足の解消にもなっているようでした。

続きを読む
posted by Higashiyama Center at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | △PAC@立誠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

「ダンスと見えないこと」の報告

今日、大雨の中ではありましたが、
たくさんの方にご来場いただき、無事に終了しました。
来場者数は70〜80名くらいでした。

前日のアートスペースのイベント終了後の講堂で
遮光作業とパンチ敷きを行い、
今日も朝から照明・音響・映像の仕込みを行い、
14時からのプログラムに向けて最終打ち合わせをしながら、
KBSテレビの取材も受けつつという、
タイトなスケジュールでの準備作業でした。
東山センターからも、ココロからだンスWSのアシスタントと
今年の参加者がボランティアとして協力してくれました。

0903223.jpg 0903222.jpg 0903221.jpg

公演が始まると、暗い空間でダンサーの声が聞こえ、息づかい、
その後、ぼんやりとした灯りの中で
それぞれのダンスが繰り広げられました。
途中舞台上で作られたポップコーン。
作ってる時からとってもおいしそうな匂いがし、
その後、観客に配り、観客もポップコーンをほおばりながら、
パフォーマンスを観ていました。
このパフォーマンスは五感で感じてほしいというねらいもあり、
観ていて、観客と空間とダンサーが
一体となってできあがるパフォーマンスだと感じました。

----------------------------------------------------------------------------------------
「めかくしであそぼう」
日  時:3月24日(火) @11:00〜12:30 A14:00〜16:00
対  象:@小学生 A市民(中学生以上)
参加費:@講堂 A和室(3階)
申込み:京都市東山青少年活動センターへ
      直接電話(075-541-0619)をいただくか、メール
ナビゲーター:@濱見彰映(ダンサー) A伴戸千雅子(ダンサー:花嵐)
----------------------------------------------------------------------------------------

続きを読む
posted by Higashiyama Center at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | △PAC@立誠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

ダンスと見えないこと

明日行われるプログラムのご案内です。
現在、元立誠小学校で開催している
Performing Arts Communication@立誠の
視覚障がいをもつ人のダンスの独自さに驚きと感動を覚え、
ワークショップや公演を主催してきたDance&Peopleと花嵐。
昨年パリで「ダンスと見えないこと」をテーマに
現地NPOと交流をされました。
ふだん「見る」ことに慣れてしまっている人にも、
「見えない」カラダの可能性に出会っていただける機会になればと
「公演+フランスツアー報告+上映会」を行います。

日  時:3月22日(日) 14:00〜17:00(開場は30分前)
入場料:大人 2,000円(障害のある方の介助者は1,300円)
      小中高生 1,000円
      未就学児 無料
会  場:元立誠小学校 講堂
運  営:Dance&People・花嵐

※プログラム内容の詳細はHPをご覧ください。

posted by Higashiyama Center at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | △PAC@立誠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

東山アートスペース作品展示「touch the wave」

会期:3月21日(土)〜26日(木) 11:00〜18:00
    ※3月25日(水)は休館です。
会場:元立誠小学校(入場無料)

知的な障がいのある青少年の余暇充実を目的にスタートした
東山アートスペースも6年目の活動を終了することができました。
今年度は特に活動の発信に力を入れ、
メンバーの作品や作品から見える作者の個性に
より多くの方に出会ってもらおうと、
この作品展を企画しました。

普段は創作の場で直接作者たちとかかわるスタッフも、
今年度は作品と社会のつなぎ手としての役割を担い、
見せることや伝えることも視野に入れて活動を行ってきました。
今日も、作品展の準備に終日追われていました。

メンバーの発想力やユニークな表現力、
また青少年同士の出会いから生まれる新しい世界。
驚くほどの集中力をもって作品と向き合う、真剣なまなざし。
体全体を使ったダイナミックな創作。
そんな空気を届けたいと思い、
展示にもさまざまな工夫を重ねました。
ぜひ、じっくり、ゆっくり、それぞれの作品を通して、
作者が過ごした時間を感じていただければと思います。
ご来場お待ちしてます。

posted by Higashiyama Center at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | △PAC@立誠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

明日から始まります!

以前にも告知しましたが、
明日からPerforming Arts Communication@立誠が始まります。
まず始めは、表現活動へのお誘い「からだではなそう」です。
このプログラムは、東山センターで
知的な障がいのある青少年を対象に月1回実施しています。
今回は、初めて外で実施するもので、
募集チラシには対象を知的な障がいのある市民(小学生以上)としていますが、
参加申し込みが少ないこともあり、
小学生以上の方ならどなたでもご参加いただけるように
対象を広げました。
ナビゲーターの辻野恵子さん(俳優)、アシスタント、
青少年ボランティアと一緒にリラックスしながら、
楽しく自由にからだを使って遊んでみませんか?
日頃運動していない人でも大丈夫です。
様々な人の表現や、言葉ではなくからだをつかって
たくさんの人とはなしてみませんか?
当日のお申し込みも受付ます。

日  時:3月20日(金)13:00〜15:00
参加費:1,000円
対  象:小学生以上の方
会  場:元立誠小学校(四条木屋町上る)
申込み:京都市東山青少年活動センターへ
      直接電話(075-541-0619)をいただくか、メール

※直接会場へ13時までにご来場いただいても構いません。
 通常は青少年対象としています。
 ぜひ、この機会にご参加ください。

posted by Higashiyama Center at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | △PAC@立誠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

アートスペースイベント「空(くう)に描く」参加者募集

小学校の講堂で、
高さ2メートルの大きな透明の立方体に
みんなで絵を描きます。
透けて見える背景に、表から裏から、
立方体の中に入って描く事も出来ますよ。

大きな透明のキャンバス。
どんな仕上がりになるでしょうか?
小学生以上の方ならどなたでも参加していただけます。
春休みの午後、空気に描くような感覚を楽しんでみませんか?

日    時:3月21日(土) 14:00から16:00まで
場    所:元立誠小学校(四条木屋町上ル) 講堂
参 加 費:500円
申し込み :東山青少年活動センターへ電話・メール・直接来館にて
参加対象:小学生以上の市民(知的な障がいのある方も、一緒に楽しんでいただけます)
       小学生未満の方は保護者の方と一緒にご参加ください。
定    員:30名
ナビゲーター:東 好美さん(造形作家)

posted by Higashiyama Center at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | △PAC@立誠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

『Performing Arts Communication @立誠』のご案内

090228.jpg  3月20日(金)〜27日(金)の1週間、
  『Performing Arts Communication @立誠』を行います。
  今回初めての企画となった
  『Performing Arts Communication @立誠』とは、
  東山センターが取り組むさまざまなプログラムの
  柱となっている「創造表現活動」を
  より多くの方に日頃の活動の一端を知っていただくため、
  元立誠小学校から発信します。
  センターが行う活動の中から、
  知的な障がいのある青少年を対象にしたプログラム
  「東山アートスペース」と
  「表現活動へのお誘い〜からだではなそう〜」をベースに、
  そこから生まれた作品の展示と、
  その活動に賛同・協力してくれた若手アーティスト、

青少年ボランティアスタッフ、
市民団体が「創造表現」にまつわるワークショップを企画しました。
たくさんの方がここを訪れ、見て、参加して楽しんでもらう中で、
こうした活動が広がること、
また来てくださったみなさんにこの空間をとおして、
ひとつでも多くの気づきをもたらすことができればと思います。

いよいよ申し込み受付が明日(3/1)10時より先着順にて始まります!
詳しいプログラムの詳細はホームページをご覧ください。


posted by Higashiyama Center at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | △PAC@立誠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

元立誠小学校の下見P2

3月20日から元立誠小学校で行うイベントに向けて、
下見に行きました。
今回は、講堂で活動報告とパフォーマンスを予定している
花嵐のみなさんとNPO Dance&Peopleの方と一緒に伺いました。

0901281.jpg 0901282.jpg

ちょうど、立誠情熱劇場が開催中ということもあり、
その舞台設備の状態で見せていただきました。
提灯やせり出し舞台、変わったデザインの照明機材(?)があり
楽しそうな空間でした。

パフォーマンスの際のステージをどこにするか、
思っていたよりも南からの日がカーテンを抜けて射していることや
講堂での暗転をねらうにはどういう工夫がいるかなど
パフォーマンスを想像しながら必要なものについて相談しました。

空間がわかったことで、これからパフォーマンスに向けて組み立てていくことになります。

posted by Higashiyama Center at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | △PAC@立誠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする