2012年02月16日

ココロ#7の16回目(11S8)

2月13日のココロは、「いわゆる何々」の続きを行いました。

大奥⇒戦場⇒オカマバー⇒殺人事件⇒歌舞伎⇒
AKB48⇒満員電車⇒サザエさん⇒結婚式⇒大奥
の9つのお題を、カウント4くらいで順にループで
写真のようなポーズで表現する練習でした。
慣れてきた段階でカウント3と移行の時間を短かくしました。
次のポーズへの移行をできるだけスムーズに
無理なく移動するような練習も行いました。

1202161.jpg 1202162.jpg 1202163.jpg 1202164.jpg

後半は2チームに分かれて、一方のチームがお題に
基づいてやった動きから、お互いに
何かポイントを絞って受け取ったものを自分の動きに変える、
その動きをもう一方のチームが受け取って自分の動きに変えていく
というワークを続けました。

posted by ひがせい at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

ココロ#7の13回目(11S7)

この日(2/2)、前半は前回に引き続き
リアクションの練習を行ないました。
基本はペアで、お互いの腕を握り合い、
一方が力を伝える(例えば、相手を動かしたい方向に腕を動かす)。
もう一方はその力に対してどう反応するか
(その力を受けて体の動きで反応する)、あるいは拒絶するか・・・。
力を伝える方は、今までにやってきた背骨の動きから
その動き(力)をもとに肩、腕、相手の腕、というふうに
力を伝えるように心がけました。

1202121.jpg 1202122.jpg 1202123.jpg 1202124.jpg

後半は作品作りに向けた新たな取り組み。
「いわゆる何々」を始めました。
ホワイトボードに書かれたたくさんの項目。
殺人現場、大奥、戦場、結婚式・・・、などなど。
メンバーはその中から4つを選び、ワンポーズで
それらを表すというものでした。
何をやっているのかを知らされていないナビゲーターが
それを見て何かをあてる、ということもやってみました。
殺人現場は、床に横たわる死体、現場検証をする刑事と鑑識、野次馬、
それを規制する警官、などで表現しました。
その後は、その4つのポーズを一定のカウントで
次々に変えていく、ということを何度も繰り返しました。

posted by ひがせい at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

ココロ#7の12回目(11S6)

以下のようなナビゲーターの指示に合わせて
以下の順に全員で動いてみました。

歩く 場所が狭くなる 目をつぶって触れる 20秒かけて床に入る
床に触れている部位を床に押し付ける 付けにくい所を押し返す 20秒で

17秒で映像を撮る
16秒で人の映像に登場する
15秒で床で転がりながら映像を撮る
14秒で起き上がる
13秒で床に入りながら絵を描く
12秒で全身で絵を描いて立つ
11秒で人の描く絵とコラボする
10秒で大げさに深呼吸する
9秒で目をつむってひとかたまり
8秒で自分のルールで

1202111.jpg 1202112.jpg 1202113.jpg 1202114.jpg




やったことのないルールで
好きな部分を繰り返す
なぜ好きか言う
大きな声で言う
安達さんから1人ずつ言う
言った人のルールをやってみる
もう1人違う人
10秒で立つ

posted by ひがせい at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

ココロ#7の11回目(11S5)

「自分にとってのファーストショー」は、
作品創作の重要なモチーフとして
その後なんども繰り返し行なわれています。

さて、前回の記事にも書いたことですが、
その場合、他のメンバーの表現とどうかかわるのか、
どうリアクションを取るのか、今度はそれが重要なテーマになってきます。
そこで、どうかかわり・どうリアクションを取るのか
その手がかりとなるようなワークとして、
「お互いの場所を入れ替わる」ワークが行なわれました。

1202091.jpg 1202092.jpg 1202093.jpg 1202094.jpg

1人が立って、ペアのもう1人は立っている相手の足元に
自分のつま先を向けて寝ている状態。
横から見るとL字型です。
この状態からお互いがそれぞれの位置を入れ替わる、
つまり、寝ている人は立って、立っている人は寝る
というワークでした。

これは、自分が行きたいところへ、
意思をもって自分の体を移動させる。
同時に相手の動きも意識しながらやってみる、というワークで、
お互いが最短距離でまっすぐ行きたいところへ
行こうとするとぶつかるので、
それを避けながら体を移動させる、というものでした。

今度は、ペアを意識しながらも全員でやってみました。
十分な間隔を取って離れてやるのではなく、
できる限り密集したところでやってみることにしました。
8人の体が交錯したりぶつかったり、重なったり、
相手の動きを避けつつ、かわしつつ自分の行きたいところへ
行くという意思を持って移動するワークが続きました。

これが他者の動き(表現)にかかわっていく際の
1つの手がかりとしています。

posted by ひがせい at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

ココロ#7の7回目(11S4)

しばらく滞っているココロの報告。
これからは作品づくりに向けた動き(1/12)を
中心に報告していきます。

「自分にとってのファーストショー」を3分間でやってみてください、
というお題が出ました。
まずは各自が思うファーストショーをそれぞれ
2パターン、お互いを観客として交代でやってみました。
ファーストショーについてはあまり詳しい説明(規定)が
なかったので、受け取る側の自由なファーストショーでした。

1201291.jpg 1201292.jpg 1201293.jpg 1201294.jpg

何を表現しているのかはっきり分かる人と
よく分からない人とがいました。
どのへんの年齢のどんなイベントをファーストショーと
受け取るかによってかなり個人差があって面白かった。

記憶が曖昧な幼い頃のお遊戯の発表会みたいなことを
表現するのかと思いきやダンスか演劇の初舞台やスポーツ、
手話やピアノ演奏など、かなりはっきりしたものを表現する人もいました。

やっているうちにその時の緊張感や自分が感じていた感情が
蘇ってきたという人もいました。

次のステップとして、2人がペアとなって
それぞれのファーストショーを同時にやってみました。
全く違う歴史をもつ2つのファーストショーが
同じ舞台に乗せられて
対照的な部分も感じれらましたが、
何かがシンクロして現れ、不思議と成立しているようにも
感じられました。
これが不思議なところです。

ファーストショーはその後何度か取上げられ、
1人が演じるファーストショーに他のメンバー全員が
介入していくワークへと拡がっています。
ただ、どう絡むのか、絡まないのか、絡む場合は
どうしたらいいのか、まだまだ経験が必要です。

posted by ひがせい at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

ココロ#7の3回目(11S3)

2回目に引き続き今日(12/8)も、背骨をねじる動きを
少し形を変えてやってみました。

腰から下は前を向いたまま動かさず、
両手を左右に振って上体をねじる動きを繰り返しました。

次は手の平にお皿などを乗せて
お皿を落とさないように上体をひねるワークをしました。

次は2人組になってお互いの手のひらを上下に重ね
重ねた手のひらは全体に離さないように気をつけて
下側の人が手のひらを円運動させる、それに影響されて
手が上側の人の体が動く、というワークでした。

1回目にやった"ころがる"も背骨のねじれを
改めて意識して、もう一度やってみました。

1112091.jpg 1112092.jpg 1112093.jpg 1112094.jpg

5人1組で1人ずつ順番に舞台スペースに出て行き、
ポーズを決めるというワークでした。
最初は空間や他のメンバーのポーズを意識して
ポーズを決めていましたが、
先にポーズを決めた人と関係のないポーズでもやってみました。

最後はある人のポーズの前や後のポーズを想像して
やってみました。

posted by ひがせい at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

ココロ#7の2回目(11S2)

昨日(12/1)のココロからだンスW.Sは、
ダンスの動きの基本となる背骨の3つの動きのうち、
前回にひき続き、背骨を前後に動かすワークと、
今回新たに“ひねる”ワークを行ないました。
いずれも背骨を意識しながら、背骨の
1つ1つの動きを意識して行なうワークでした。

座った状態から背骨の1つ1つを順番に
床につけていって寝っ転がる、
という簡単で難しい動きを繰り返しました。
背骨の動きは、壁や壁の出っ張りのかどに
背中を付けて確かめてみました。

1112021.jpg 1112022.jpg 1112023.jpg 1112024.jpg

背骨をひねるワークは、
お尻を床につけて座り、両手は後ろについた状態で、
膝を曲げて立てた両足を左右に動かす
というものでした。
足を動きで背骨のひねりを戻すのではなく、
背骨のひねりを元に戻す動きが
足の動きにつながっている、ということを体感しました。

その他、床にごろんと寝て転がるワーク
(手や足を引っ張ってもらって、その力にひっぱられて
寝返りをうつというもの、その後、自分で腰の1点や
小指などが引っ張られているというイメージで
自分のからだを動かして転がるものに変形)や
体を動かす・動きを止める(数人で部屋を歩きまわり
誰かの発する音や外からの力・ストップを告げる姿勢などで
からだの動きを止める、あるいは止めない)ワークを
行ないました。

ココロからだンスW.Sは、あと4名参加者を継続募集しています。
受付締め切りは12月6日をめどにしています。
途中からの参加でも大丈夫です。
説明会も随時開催させていただきます。
このブログを読んで、やってみたいと思った方は、
ぜひ、こちらまでご連絡ください。

posted by ひがせい at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

ココロ#7、始まりました(11S1)

ココロからだンスW.S#7が始まりました。
11人でのスタートとなりました。

開始時間になっても全員がそろわなかったため、
自己紹介は後回しにして
遅れてくるメンバーを待ちながら
ぼちぼちエクササイズを始めることにしました。

まずは背骨を意識するエクササイズ。
からだの動きの基本はシンプルに、
背骨を前後・左右に動かすことと、ひねるの3つ。
2人組になって、胸の1点(3つのパーツからなる胸骨のうち、
胸骨体と呼ばれる骨の真ん中あたり)とちょうど裏側の背中の1点を
指で押してもらい、その1点をめがけて
からだを前に突き出たり、後ろに突き出たりする
イメージで背骨を動かしてみました。

1111241.jpg 1111242.jpg 1111243.jpg 1111244.jpg

2人組のペアをかえて、今度は押される、
引っ張られるという外からの力(作用)を感じて体を動かす、
あるいはその力に逆らって体を動かさない、
あるいは力を受けても、その力の影響を受けない全く違う動きをしてみる、
逆に受けた力を誇張した動きで遊んでみるというワークでした。

全員がそろったところで、ことばで自己紹介をしました。
その後1人ずつ前に出て、からだの一部を使って
自分の名前を書き、からだの動きで自己紹介をしました。

その後、部屋を歩きまわりながら、誰かの後をつけるワーク。
3チームに分かれて、全員からの力でからだを動かされるワーク、
などを行ないました。

ココロからだンスW.Sは、あと4名参加者を継続募集しています。
受付締め切りは12月6日をめどにしています。
途中からの参加でも大丈夫です。
説明会も随時開催させていただきます。
このブログを読んで、やってみたいと思った方は、
ぜひ、こちらまでご連絡ください。

ラベル:胸骨 胸骨体 背骨
posted by ひがせい at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

ココロからだンスW.S#7の参加者、追加募集

昨日(11/17)ココロからだンスW.S#7の
説明会を行ないました。

昨日の時点で、参加者が定員に達しませんでしたので
12月6日(火)まで、継続して参加者(5名程度)を募集します。
参加を希望される方は、お電話(075-541-0619:水曜休館)か
メールでご連絡ください。
詳しくはこちらの募集案内をご覧ください。

尚、説明会は随時、個別にさせていただきます。
追加募集は先着順受付となりますので、
お早めにお申込みください。
ぜひ、この機会にご参加ください。

posted by ひがせい at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

ココロからだンス2011、参加者受付中

ココロからだンスW.S2011の説明会が来週に迫りました。

現在、参加者募集中です。

ココロからだンスW.Sは、初めて出会った仲間と
お互いのことを少しずつ知り合いながら、
4か月をかけ、ダンス作品(舞台公演)を集団で創作します。
修了公演前に、近隣の学校を訪問し、
児童・生徒とのダンス交流や創作途中の作品を発表します。

新しいことに挑戦してみたい人
いろんな人と出会いたい人
からだを動かしてみたい人
違う自分に出会いたい人
ダンスで自己表現したい人

1111101.jpg 1111102.jpg
               昨年度のココロからだンスの練習風景

説明会は11月17日(木)19時からです。

やってみたいけど、興味はあるけど、
どうしようと思っているあなた、
まずは説明会にご参加ください。

ココロからだンスの日程は、
11月24日から毎週木曜日、18時から21時
来年1月からは毎週月・木曜日、18時から21時
公演日は3月17日(土)と18日(日)です。
詳しくは、10月6日の記事をご覧ください。

過去のココロからだンスのブログ記事は、こちらをご覧ください。
ココロからだンスが掲載された京都新聞の記事はこちらです。

posted by ひがせい at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

ココロからだンス#7の参加者募集

111006.jpg新しいことに挑戦してみたい人
からだを動かしてみたい人
違う自分に出会いたい人
ダンスで自己表現したい人
いろんな人と出会いたい人

初めて出会った仲間と
お互いのことを少しずつ知り合いながら、
4か月をかけ、ダンス作品を集団で創作します。
修了公演前に、近隣の学校を訪問し、
児童・生徒とのダンス交流や創作途中の作品を
発表します。

日時:2011年11月24日(木)〜2012年3月22日(木)
    毎週木曜日 18:00〜21:00、1月からは毎週月・木曜日 18:00〜21:00
    ※1月9日(月・祝)は15:00〜18:00
    (講座時間以外に自主練習をします)
    ※説明会 11月17日(木)19:00〜21:00
    ※準備日 3月11日(日)〜16日(金)
    ※公演日 3月17日(土)・18日(日)
参加対象:京都市にお住まいか、京都市内に勤め先・通学先のある13〜30歳までの方で、
       コンテンポラリーダンス初心者の方、またはそれに準ずると思われる方。
募集定員:15名
参加費:25,000円(全30回のレッスン・公演費用一切込)
ナビゲーター:佐藤健大郎(ダンサー)
申込み方法 10月14日(金)13時より、電話・E-mail、または直接来館にて先着順受付

posted by ひがせい at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

ココロ#6最終オリエンテーション

昨日、ココロからだンスW.S最後の
上映会とふりかえりを行いました。
参加者の中には仕事などで来れない人も3名いましたが、
7名が出席し、2回目のパフォーマンスの録画映像を観ました。

その後、このワークショップに参加した感想を
一人ひとりに話していただきました。
自分がこの4か月間でどんな感じだったのか、
向き合ったこと、できたこと、できなかったことも踏まえて
それぞれなりの言葉で話しました。

1103251.jpg 1103252.jpg

上映会で自分たちのパフォーマンス映像を観て、
「自分は舞台の上でできていると思っていたことができてなかった。」
「以前の動きと変わらなかった。」
など率直に自分の体や動きに対する感想を話すメンバーに対し、
けれど、そういった感想を聞いた他のメンバーからは
「でも、一緒にしている人が違ったから、前と同じではなかったよね?」
といった問いかけも。
10人で踊りきったという事実があることで
逃げなかった、目をそらさなかった、やりきった、などから
自分たちへの自信になっている、ということが
言葉のはしばしから感じられました。

何人かの感想として、ダンスを創作しているんだけど、
その過程で得たことは普通の生活をしている中でも起こり得ることだったりした。
パフォーマンスをしに来たんだけど、終わってみると
踊っている途中で自分のことや人のやっていることを通して感じたり、
気づいたことは、日常でも続けていけることだったり、
他のことにもつながるようなことだったという言葉でした。
また、こんなに濃い時間を社会人になってから過ごすなんて思ってもいなかった。
普段の生活でここまで突き詰めて何かに取り組むことはあまりないので。
という声も聞かれました。

続きを読む
posted by ひがせい at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

ココロからだンスW.S#6、スタジオパフォーマンス終了!

3月19日と20日に実施した、
ココロからだンスW.Sのスタジオパフォーマンスが
無事に終了しました。
観客動員は、2回公演で176人でした。
これまでの最高動員数となり、
たくさんの方にご覧いただけたことを
出演者・スタッフ一同うれしく思っています。
ご来場ありがとうございました。

1103211.jpg 1103212.jpg 1103213.jpg

今年の舞台空間は扇形。
それに応じて扇形を描くように客席も設営しました。
舞台のセンター(中心)が決まっていないという設定なので、
観ていただく角度によって、見え方はもちろん、
感じ方も少しずつ違ってきます。
2回のゲネプロや本番直前に数回行った通し稽古で
ナビゲーターやアシスタント、ボランティアスタッフが
途中で席を変えながら、色んな角度で確認します。
もちろん、照明効果もその点でのチェックと
今回のワークショップ中の特別講師の回に行った
影絵を使ったワークから壁に映るダンサーのフォルムなどにも
工夫を凝らしていただきました。

今年は空間的に完全遮光し、創造活動室前の廊下から
舞台空間として見立て、ダンサーの出はけに使う扉も
5箇所とこれまでにない使い方で行われました。
初日は3回も通し稽古をしてから本番を夜に迎えましたが、
2日目の午前中も通し稽古を行いました。
14時から上演だったのですが、12時に終わった通し稽古は
段取りをなぞっているように見えました。
最後のパフォーマンスの前にこの状況。

続きを読む
posted by ひがせい at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

ココロからだンスWS仕込み

3月13日より、スタジオパフォーマンスに向けた、
舞台空間や客席作りなどが始まりました。
参加者の中で、仕事が休めない人以外は全員集まって
一緒に作業しました。
今年も今までとは違った空間の使い方を行うことになっています。
そのため、たくさんのリノリウムを敷きつめる作業では、
空気が入らないようにテープを貼るのに苦労していました。
はじめはぎこちない様子でしたが、だんだん要領を得て
最後の数枚を貼る頃には、それぞれの役割分担もでき、
スムーズに作業が進んでいました。

1103151.jpg 1103152.jpg 1103153.jpg 1103154.jpg

休憩を挟んで、次は遮光と客席作りを行いました。
客席も今までとは違う組み合わせなので、
角度などかなり気をつけながら、時間をかけて作りました。
昨日、今日と午前中は照明や音響の仕込みが行われ、
午後からは参加者が集まって舞台上で練習を行っています。

posted by ひがせい at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ココロからだンス#6スタジオパフォーマンスの開催について

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震。
ご来場いただくみなさまの中にも、ご親族やご友人が被災されたり、
あるいは連絡が取れない方がいらっしゃるかもしれません。
被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。
このような状況の中、スタジオパフォーマンスを行うことについて
出演者の中にも戸惑いがありました。
しかし、このスタジオパフォーマンスを通して
私たちができることがあるのではないかと考えました。

3月19日(土)・20日(日)に予定通り開催します。

当日は、東北地方太平洋沖地震で被害を受けた方々の
一刻も早い復興を願い、会場受付で、
「東北地方太平洋沖地震 救援支援募金」を募らせていただきます。
みなさまのご協力をお願いいたします。

posted by ひがせい at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

ココロからだンスW.S#6 スタジオパフォーマンスの挟み込み情報

ココロからだンスW.S#6
「スタジオパフォーマンス」の挟み込みは
3月18日(金)の21時までに
200部をセンター事務所まで届けてください。
挟み込み作業はこちらの方で行ないます。
後バサミはありません。
☆3月16日(水)は休館日です。
※本番は3月19日(土)〜20日(日)の全2回公演です。

posted by ひがせい at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

ココロ交流会&中間発表会

今年もココロからだンスWSの交流会&中間発表会を行いました。
近隣の小学校に出向き、小学生と一緒にからだを使ったワークを通して、
参加した児童もココロの参加者にとっても
表現する幅を広げてもらえる機会としています。
今年は4月から東山センターの近隣の小学校と中学校が一緒になって、
小中一貫校になります。
その準備もあって、小学校に相談に行ったところ、
小学校の授業に出むいてのワークショップは難しいとのことでした。
ぜひ、こういう機会をと清水児童館にお話に行ったところ、
昨年参加して良かったとのことで、小学1・2年生と児童館職員の方
あわせて20人が参加してくださいました。
ココロからだンスWSのアシスタントの大快さんよりレポートしてもらいます。


1103051.jpg 1103052.jpg 1103053.jpg

今日は東山青少年活動センターのお隣にある清水児童館の皆さんをお招きして、
私たち受講生が今までにやってきたワークを一緒に楽しみました。
2回目ということもあり、去年も参加した人が参加者の半数以上でした。

頭もからだも若い子どもたちはナビゲーターの佐藤さんが動き始めた途端、
去年の感覚をなんとなく覚えているのかすっと佐藤さんの動きを真似し始めます。
(「このお兄さんは何か面白いことをやってくれる」
という期待や好奇心で、自分たちから、
佐藤さんに食らいついていっているようでした!)
場がいっきにほぐれたところで、佐藤さんの動きに
「他者のからだに触れ合う」ことが加わっていきます。
子どもたちがいつも児童館で過ごしているお友だちの間だけでなく、
佐藤さんや私たち受講生も含めてお互いのからだに触れてきてくれたので、
ここでもまた場がひとつになったという印象を受けました。

続いて、2人組になりお互いの動きを真似する(片方がリーダーになり、
もうひとりに動きを伝える)・動きの中で一瞬止まる動きを作る
というワークに移ります。
なんとなくうまくいっているような様子に見えましたが、
いまいち動きについていけなかったりお互いにピッタリと
止まれないということも起こってきました。
ここで佐藤さんから「どうやったらリーダーの人は相手に
自分の動きを伝えられると思う?」という問いかけが入ると、
子どもたちからはすぐに「わかりやすく動く」
「相手がわかるようなスピードでやる」
という答えが飛び出します。
投げかけたらすぐに跳ね返してくる素直さは
見ていてとても新鮮でした。

続きを読む
posted by ひがせい at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

チケットデザイン完成!

3月19・20日で行われる、
ココロからだンスWS#6 スタジオパフォーマンスの
チケットデザインが完成しました。
早くから購入に来ていただいてた方には、
予約受付で対応させていただいていました。
土曜日の夕方には参加者でナンバリングなどの作業をして、
日曜日からはチケットの交換が可能になります。(予定)
もちろん、メールやお電話での予約受付も行っていますので、
ご都合のいい方法でお申し込みください。
尚、予約・前売(チケット交換)は日時指定となっておりますので
来場日時を決めてからお申し込みください。

posted by ひがせい at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

2月のココロ(つづき)

創作を深めていく中で、修了公演に向けて、
テクニカルスタッフへのスタッフ見せの日が2月28日に決定しました。
それを受けて、参加者が2月21日を自分たちの中間発表会と位置づけて、
その日に向かって練習をしていました。
なかなか集まらないメンバーもいる中、自主練習の時間も使って
創作するといった様子が見られました。

迎えた中間発表会では、それぞれの組が順番に発表していきました。
全員が発表した後に、まずはどれくらいの完成度
(今何パーセントくらいできているのか)について
それぞれの組の状態を聞きました。
20%と答える組に対して、
他の組は「えっ! あれで20%なら‥‥‥うちは10%です」など
まだまだ創りきれていないこと、これからどれくらい創っていくのか、
残された時間の中でリアルに考えることができたようです。
次にお互いに観た感想を伝え合いました。
これまでも、ワークショップの中で創っていく過程は
同じ空間で創作しているので、ちらちらと見たりしていたけれど
自主練習で創った部分が加わっていたりして
新鮮に見ることができたといった声が聞かれました。


posted by ひがせい at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

2月のココロ

修了公演のちらしも完成し、いよいよ本格的に
創作を深めていく時期に入りました。
特別に何かを始める・創りだすというよりは、
これまでのワークの中から生まれた
自分が伝えたいこと、人と一緒に動いてみることで
興味が沸いたこと、取り組んでみたいと思ったことなどを
動きとしてみせるということを中心に進めています。

1月の下旬に、今回の公演に向けたペアまたは3人組みを決めるため
それぞれに一緒に組んでみたい人を3人紙に書いてもらいました。
それをもとにナビゲーターがこれまでのワークの様子なども考慮し
組を決めました。
1月から毎回行っている「今日の出来事」を
決まった組で取り組むことになり、
より今後の創作に向けた関係性が深まるようにしています。
お互いの思いや一緒に動いてみておもしろい、
こんな感じがいいのではなどからだで感じたことを
伝え合う場面が多くなりました。
また、他の組の人とはお互いに見せ合い、
感じたことを伝え合うようにしています。
そこで、どうやってこの動きが生まれることになったのかを
知る機会になり、動きの作り方の視点を共有することができ、
自分たちの組でもやってみよう、そういうやり方もあるかと
少しずつ創作の幅が広がっていきます。

ワークの時間では、そういった気づきの部分が多くあります。
その気づきや試行的に創っていく時間として自主練習を
しています。
週2回だった自主練習には半数以上の人が参加しています。
今はペアで時間が合えばみんなが参加する自主練習以外の
時間に来て練習する姿も見られるようになってきました。

posted by ひがせい at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする