2017年11月30日

ワカモノ文化市報告B

11/18(土)に実施したワカモノ文化市で、
2時間の漫画・イラスト体験ワークショップを実施しました!
イラストレーターのtiko*さんから、
水彩やスクリーントーンの貼り方を教えていただき、
絵を仕上げる工程を参加者それぞれが楽しみました。

171130_.jpg 171130_2.jpg 171130_3.jpg

参加したのは小学生から中学生までの12名ですが、
ほとんど全員「自分の絵をプロっぽく仕上げたい」と
オリジナルに挑戦していました。
tiko*さんのイラストをトレースして色を付けることを希望した
参加者もそれぞれ好きな色やトーンを選び工夫していました。
イラストを習うだけでなく、多様な楽しみ方を教えてもらい、
これからの創作が楽しめるきっかけになったようです。

posted by Higashiyama Center at 12:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

からだではなそう〜表現活動へのお誘い〜Bグループオープンデーへのお誘い

11月25日、東山青少年活動センターで開催している
“からだではなそう”のBグループのオープンデーを実施しました。

オープンデーは、日頃の活動を市民の方々に体感していただける機会として
設けており、今年度9月に1回実施し、今回が2回目の実施でした。
保護者の方も参加してもらい、いつもどのような様子で活動をしているのか
どんな空間になっているのかを体験を通じて知ってもらう機会になったかと思います。

171128_1.jpg

活動では、ボールを回しながら自己紹介をし、自己紹介をした人が
盛大に拍手をしてもらうキャッチボール自己紹介から始まり、
ティッシュやポリ袋を使いみんなで協力し合うワークをしました。
「落とさないようにする」ということを共通目標に、
力の加減など相手を思いやる行動などが見られました。
次に、“王様役”と“しもべ役”に分かれて、“王様役”は王様になりきって、
“しもべ役”は王様を盛り立てるダンスをしました。
参加者が“王様役”になりきります。
オープンデーのテーマは「ステージをつくろう」だったのですが、
“王様役”がステージ上で、“しもべ役”がステージを作る人だとするならば、
みんなでステージに上がる人や支える人を体験することができたかなと思います。

171128_2.jpg 171128_3.jpg
171128_4.jpg 171128_5.jpg

からだではなそうでは、さまざまな身体を動かす体験から、
参加者と交流をしていきます。
学校や職場ではない非日常な青少年活動センターで、そんな機会を通じて、
参加者の成長の機会になるよう目指して活動しています。
その中で、その人の表現が認め合え、尊重される空間で、
参加者がのびのびと活動しています。
今年度、オープンデーの開催は予定しておりませんが、またの機会に、
このような空間や身体表現について興味・関心をお持ちの方に
参加してもらえればと思います。
ご参加いただいたみなさまありがとうございました。

posted by Higashiyama Center at 14:06| Comment(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

ワカモノ文化市報告A

ワカモノ文化市が無事に終了しました。
それぞれの空間で開催された企画を報告します。
次は、スタジオパフォーマンス@レッスンスタジオ

ワカモノ文化市のスタジオパフォーマンスは池匡史さんによる
ソロダンスパフォーマンスからスタートしました。
40分もの時間をソロで、10を超える曲数のパフォーマンスで
圧倒的な熱量や存在感を感じました。

171127_1.jpg

舞台と客席を明確に設けず、観客と池さんとの距離は
2メートルほどの近さだったため、踊った振動が床を通して客席まで届き、
指先の動きや顔の表情などのデリケートな表現まで観ることができました。
曲が変わるたびに、池さんの存在感も変わり、
めまぐるしく変化する表現の違いを楽しめる時間になりました。

171127_2.jpg

続いて、出演していただいたのはコーラスグループのTutti(トゥッティ)です。
先ほどのダンスとは雰囲気が変わり、温かさにあふれるパフォーマンスでした。

171127_3.jpg

観客は小学生が中心でしたが、大人も懐かしさを感じられるようなコーラスで、
観客との掛け合いをしてコミュニケーションを取りながら進行していきました。
観ていた小学生から「楽しかった。またしてほしい。」という声も聞けました。

171127_4.jpg


posted by Higashiyama Center at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

ワカモノ文化市報告@

ワカモノ文化市が無事に終了しました。
それぞれの空間で開催された企画を報告します。
まず、初めに音楽ライブ@音楽スタジオ

ワカモノ文化市の音楽ライブは二組の大学生グループに
出演していただきました。
一組目は「キーマカリーズとチチワシネマ」というバンドで、
高校生の頃から東山センターのスタジオを使っています。
今年からベースが加わって一層激しさが増しており、
ドスンと腹の底まで響くライブでした。
来場者は音量の大きさに驚きながらも、
音の圧力を感じながらライブを楽しんでいました。

171126_1.jpg

二組目は「ドイツ語学科バンド」ギター2本とボーカルの構成です。
即席で構成したバンドらしいのですが、
とても息が合っている印象を受けました。
セットリストも知っている曲が多かったためか、
バンドのノビノビした雰囲気に呑まれてか、
お客さんもほっこりして聞き入っていました。

171126_2.jpg

posted by Higashiyama Center at 14:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

ユスカルチャレンジ@東山

東山青少年活動センターの運営母体である京都市ユースサービス協会では、
今年度より、若者の間で流行っているものを体験しながら交流できるコーナー、
ユスカルチャレンジを、いくつかの青少年活動センターのイベント時に
開催しています。

初めの取り組みとして、11月18日に東山青少年活動センターで実施した
「ワカモノ文化市」にて、開催しました。
テーマは「アナログゲーム」!初心者OK!1人でもグループでも大丈夫!
テーブルマスターに遊び方をきいてみよう。
ということで、12時〜14時の2時間だけでしたが、21名が参加し、
テーブル2つが満席に。
初めてのゲームにすぐなじめる人、難しい人、でもみんなでやると
楽しい!という感覚を味わいながら、年齢も小学生から大人の方が
一緒に参加し、交流につながる機会が提供できました。

171125_1.jpg 171125_2.jpg 171125_3.jpg

次回は伏見青少年活動センターにて12月10日(日)に開催します!

posted by Higashiyama Center at 14:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

京都大学ESSドラマセクション@stage Support Plan(1st.Step)

京都大学ESSドラマセクション公演のご案内

【日時】12/2(土)14:00
    12/3(日)12:30
    (受付・開場は各開演の30分前)
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 無料(カンパ制)

京都大学ESSドラマセクションより以下の声が届きました。
ぜひ、ご来場ください。
=================================
12/2,3に東山青少年活動センターで公演させていただく
京都大学ESSドラマセクションです。
今回の演目は、「Judge!」という作品をアレンジした
京大ESSドラマセクションオリジナルバージョンになります。
私たちは、英語劇を通して、英語の楽しさや表現する楽しさを
伝えていきたいと考えています。
より多くの方に見ていただけるように、劇中では日本語も出てきます。
また、英語の台詞にも日本語字幕が付きますので、ご安心ください。

Twitterでは、公演情報、キャスト・スタッフ情報も公開しております。
(@kyotoessdrama)
また、公演についてのお問い合わせは、
kyotoessdrama@gmail.comにて受け付けております。

メンバー一同、英語を学ぶ楽しさを伝えていきますので、
ぜひ足をお運びください!
posted by Higashiyama Center at 10:44| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

ダンススタディーズ1の参加申込受付延長‼

11月21日(火)が受付締め切りになっていましたダンススタディーズ1。
まだ募集定員に達していないので、
継続して参加者を、5名募集します。
参加を希望される方は、お電話(075-541-0619:水曜休館)か
こちらの記事からメールでご連絡ください。
メールでご連絡ください。

12月1日からワークショップが始まりますので、
受付締め切りは11月30日(木)になります。

尚、説明会は随時、個別にさせていただきます。
追加募集は先着順受付となりますので、お早めにお申込みください。
迷っていた方、最近プログラムを知ったという方、
ぜひ、この機会に参加を考えてみてください。

posted by Higashiyama Center at 10:27| Comment(0) | ⇒参加者募集(終了分) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

やぎのビギナーズ体験(S46)

かなりお久しぶりになりましたが、【特集】Beginners' Unit Revisited!。
第46弾は柳沼さんのビギナーズ体験談です。
柳沼さんは23期(2016年)のビギナーズ受講生で、
村上慎太郎さん(夕暮れ社 弱男ユニット)演出の、
劇団虹差点公演「夏休み」(内藤裕敬作)に
役者として出演されました。


わたしは高校生の時初めて演劇をしました。
理由は、キラキラした人になりたかったから、です。
大好きな舞台がありました。何百回も何千回もDVDを見返して、
セリフも歌もダンスもほとんど覚えて、
もはや一種の病気じゃないかと思うくらい好きな舞台が。
その舞台に立つ役者さんたちが、とてもキラキラ輝いて見えました。
彼らに毎日頑張る活力をもらっていました。そんなキラキラした、
人に元気を与えられるような人になりたかったのです。
そうして高校は演劇部に入部して、脚本を書かせてもらったり
男役に挑戦したり、とても楽しい経験でした。
でも多分、わたしの理想としたキラキラした人、
にはなってなかったんじゃないかなと思います。

171121_1.jpg 171121_2.jpg 171121_3.jpg

ビギナーズユニットに参加する前からそのように
演劇部に入ってはいましたが、舞台を一から作って
一日中稽古をして…みたいな舞台は実はしたことがなく、
参加してからは初めての経験ばかりでした。
それこそ新しいことを吸収しようと夢中で、
そしてそれ以上に楽しい日々でした。
それが自分の中で変わったと思ったのは、
キャスト決めの面談の時に演出の村上さんに言われた
「やぎが殻を破るところが見たい」という一言でした。
その時私はとにかく今目の前にあることをこなそう
ということしか考えていなくて、
自分自身の変化にはなんの関心も示していませんでした。
それはある意味自分の本来の目標を見失ってたんじゃないかな、
と今は思います。
当時は「私の殻とは?」という疑問に苛まれました。
殻が多すぎて。役柄的にも人間的にも。どこから破れば良いのかと。
自分自身と向き合おう、と最初に思ったのはその時でした。

結論を言うと、私はビギナーズユニットに参加したことで
自分という人間が何か変わったとは思えませんでした。
変わった、と言われましたが、全く自覚がありませんでした。
今までやったことのないような役をしました。
舞台の上の記憶がないほどにお芝居に熱中しました。
保守的だった向き合い方を少し積極的にしてみました。
やってみたこと、今まで感じたことのないことは沢山ありました。
けれど人間性が変わったか、成長したかと言われると分かりません。
そのかわり、ひとつだけ理解したことがありました。
「私は私自身の心を上澄みしか見れていない」ということです。
そりゃ何にも変わりません。そもそも自分を理解していないので。
けれどだからといってビギナーズユニットでの経験が
失敗だったわけでは決してありません。
そう「気づけた」ことが大切なのだと、
ビギナーズユニットは教えてくれました。
そのことに気づけて、さてこれからどうしようか、
とりあえず自分の心を少し深いところを理解してみようかと考えられたことが、
キラキラした人への第一歩になったのではないかと思っています。

                              柳沼 萌生

posted by Higashiyama Center at 14:20| Comment(0) | 【特集】BU Revisited!(演劇体験談) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

ダンススタディーズ1参加者募集中!!

現在参加者募集中の「ダンススタディーズ1(DS-1)」
申し込み締め切りが明日(21日)となっています。
少しでも気になられた方、何か始めたい方、
新しいことに挑戦してみたい方、からだを動かしてみたい方、
自分の殻を破りたい方、表現をみがきたい方、ダンス作品を作ってみたい方、
違う自分に出会いたい方、いろんな人と出会いたい方。
一歩踏み出すチャンスにぜひご参加ください。
お早めにお申し込みください。

DS1omote.jpg DS1ura1.jpg
詳しくは、上の画像をクリックしてください。

11月17日に合同説明会が終了しましたが、
これからお申込みいただく方には、
個別に説明会をさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
※連絡メールもこちら から簡単にできます。

posted by Higashiyama Center at 18:52| Comment(0) | ⇒参加者募集(終了分) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

劇団走馬灯@stage Support Plan(1st.Step)

劇団走馬灯 第3回本公演
「贋作 自己再生」のご案内

昨年12月から2作上演した『自己再生』シリーズの三作目にして初の長編。
1年を通して作品を組み立てていく形に挑戦します。
是非ご来場ください!!

【日時】11/23(木・祝)15:30
    11/24(金)19:00
    11/25(土)13:00/17:30
    11/26(日)13:00
    (受付・開場は各開演の30分前)
    (上演時間は90分を予定しております)

【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 高校生以下 800円(前売・当日・初日割共)
     学生 前売 1,500円 当日 1,800円 初日割 1,200円 三人割 3,600円
     一般 前売 1,800円 当日 2,000円 初日割 1,500円 三人割 4,500円
*学生三人割は三人全員が学生の方に限ります(要証明)
*高校生以下に三人割はございません
*三人割・初日割は前売のみの取り扱いです

【チケットお問い合わせ】
mail:soumatou057@gmail.com
web :http://gekidansoumatou.web.fc2.com
twitter:@gekidansoumatou
tel:090-2192-6500(制作:坪井)

soumatou1.jpg soumatou2.jpg


posted by Higashiyama Center at 10:40| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

劇団走馬灯の挟み込み

劇団走馬灯の挟み込み

劇団走馬灯 第3回本公演
「贋作 自己再生」の挟み込みは、
11月21日(火)の19時までに
150部をセンター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よろしくお願いします。

※本番は11月23日(木・祝)〜26日(日)の5回公演です。

posted by Higashiyama Center at 20:10| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

からだではなそう〜表現活動へのお誘い〜 Aグループ6回目

11月11日、東山青少年活動センターで開催している“からだではなそう”の
Aグループ6回目の活動がありました。折り返しです。

今回は、全体的にペアになってするワークを多く取り入れました。
対面に座って目を見つめあってみたり、
ペットボトルやストローをペアの人と挟んで動いてみたり…
かわるがわるペアを替えたことで、たくさんの人と濃い交流が行われていました。
また、最後には、ペアでどんなことをしていたのかの発表もしました。
緊張したり、恥ずかしかったりしたみたいですが、
個性豊かな交流がされていることがよく伝わりました。
見ている側の人たちも温かい目で発表を眺めていて、
全体の雰囲気として、他のメンバーを受け入れているように感じました。

171112_1.jpg 171112_2.jpg 171112_3.jpg

今日の活動が濃い交流になっていたと感じたのには、もう一つ理由があります。
それは、文教高校のボランティア部のメンバーが、ボランティア活動の一環として、
参加してくれたからです。
人が増えると交流の機会も増えるので、こころなしかいつもより笑顔が多く、
テンションが高いように感じました。
参加してくれた文教高校のみなさんが積極的にかかわってくれていた
おかげでもあるかと思います。
文教高校のボランティア部のみなさんありがとうございました。

171112_4.jpg 171112_5.jpg 171112_6.jpg

現在、からだではなそうの活動を市民の方にも参加して頂ける、
オープンデーの参加者を募集しております。
どんな様子・活動・空間なのかなど気になる方は、
東山青少年活動センターまでお問い合わせください。

日時 11/25(土曜日)13:30〜15:30
参加費 1,000円(学生500円)

posted by Higashiyama Center at 14:46| Comment(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

コーヒーワークショップ実施

11月9日に『春風珈琲』の日下部さんを講師に招き、
コーヒーの淹れ方講座を実施しました。
この講座は11月18日(土)に東山青少年活動センターで実施するイベント
“ワカモノ文化市”のカフェコーナーを運営するためのプレ企画です。
講座ではまず、日下部さんが取り扱うインタグコーヒーのレクチャーから
始まりました。
インタグコーヒーは南米エクアドルにあるインタグ地方で生産されたコーヒーで、
森林農法というバナナやアボカドと一緒に育てる農法で育てられています。
日本の茶畑のような段々畑で育て方は生産性が高いのですが、
コーヒーは日陰を好む植物のため、森林農法の方が美味しい
コーヒーになるとのこと。
また、メディアで耳にしたことがあるフェアトレードについてもレクチャーをうけ、
「安い」ではなく、「公正な」価格取引は生産者だけではなく、
生産地の環境を未来まで残すことにつながります。
コーヒーという切り口から日下部さんの価値観に触れた気がします。
後半はコーヒーの淹れ方を教わりました。
同じような淹れ方をしてみても、全く同じ味にはならず、
人それぞれの個性が出ます。
みんなで飲み比べ、苦味や酸味、後味や香りの違いを楽しんでいると
あっという間に時間が過ぎていきました。
参加者からはお湯を注ぐペースや量、温度や蒸らし方など細かな点まで
質問がとんでいました。
レクチャーを受けた青少年が淹れるコーヒーは
11月18日(土)12時〜17時に開催する「ワカモノ文化市」でお楽しみ頂けます。
お時間のある方はぜひお越しください。

171114_1.jpg

171114_2.jpg
posted by Higashiyama Center at 11:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

謎解きゲームにチャレンジ!

いよいよ来週末(11月18日)はワカモノ文化市開催!
それに先駆けて現在ロビーでは、イベントの1つ「謎解き」の問題を展示中です。

171111_2.jpg 171111.jpg

本番に向けて頭の体操に一問いかがですか?
答えと正解者の発表はワカモノ文化市当日に!
是非センターを訪れた際にはチャレンジしてみてください。

【劇場体験型謎解きゲーム】
創造活動室を運営するボランティアスタッフ「創活番」による
劇場体験型イベントです。
お芝居やダンス等の公演で作られる機材を使った謎解きゲームを
開催します。

時間:新人スタッフ(初級)編 13:00〜14:00
   ベテランスタッフ(上級)編 15:00〜17:00
定員:各回10名(10歳以下は保護者同伴)
参加は無料です。事前申し込みはありません。
当日直接、東山青少年活動センター創造活動室へお越しください。

ワカモノ文化市のその他のイベントはこちらをご覧ください。


posted by Higashiyama Center at 14:30| Comment(0) | ⇒参加者募集(終了分) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

YU'Z(ゆうず)の利用時間を増やします!!

もう利用されましたか?
好評のステージサポートプランYU'Z(ゆうず)。
これまで利用いただいたグループからの多くの要望にお応えし、
最大利用時間を24時間から40時間に増やします!!

発表・公演を控え、「練習場所を探している」、
「発表や公演準備などに不安な点がある」といった方々に、
東山青少年活動センターの空間を使って創作をより深めていただくための、
「ステージサポートプランYU'Z(ゆうず)」
まだ利用したことのないというグループも、公演の時は使っているというグループも
どうぞご利用ください。

YU'Z(ゆうず)は、発表や公演等を控えているグループを対象に
創造活動室を中心とした、センターの空間を練習場所として
利用していただけるプランです。

●3か月先までの部屋(最大40時間)が予約できます。
創造活動室(175uのオープンスペース)をはじめとした、
 いくつかの空間が練習場所として使えます。
 (一部利用できない空間があります。)
施設使用料は無料です。

申し込みはまず、東山青少年活動センターへ問い合わせください。

posted by Higashiyama Center at 20:59| Comment(0) | 参加者募集中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする