2018年08月13日

ノースホールでの公演のお手伝い

先月から始まっている、前期の「未来のわたし」。
今期は14名の方々に参加していただいています。

昨日(8/12)は、ロームシアター京都で公演中だった、
「アクラム・カーン振付/チョット・デッシュ」の
本番、2回のお手伝いをさせていただきました。

お手伝いをさせていただいた主な内容は、
チケットのもぎりと公演パンフレットの配布、
それから、公演終了後のバラシの補助、
他に、イベントちらしの封入作業や、
公演終了後のポスターの張り替え作業などでした。

1808131.jpg 1808132.jpg 1808133.jpg

公演のバラシには、大勢のスタッフが関わっておられて、
公演終了後、90分ほどでほぼ全部がバラされました。
受講生たちは、客席のバラシ作業の補助、
隣の客席の椅子同士を固定してあったマジックテープはがし、
椅子とクッションの撤去作業、客席ぐみに使われていた、
バラされた単管や筋交い、ボルトや金具などの収納、
暗幕をたたむ作業のお手伝いなどをさせていただきました。

受講生の一人は、こういう機会がないと、
ロームシアター京都のバックヤードに入って
現場で働く裏方スタッフの方々の姿を
直接目にすることはできない。
貴重な体験の機会が得られていると、
語ってくれました。

本日の予定が終了したので、みんな帰ろうとすると、
そこへ、今日の公演に出演されていたダンサーと
もう1人の方が駆け寄ってきて、
お手伝いありがとう、と感謝の気持ちを込めて
参加者1人1人と握手を交わしていただきました。

posted by Higashiyama Center at 10:00| Comment(0) | 未来のわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

6人の役者落語、競演

京都役者落語の会主催 五丁目寄席、終了しました(8/11)
(もうちょっとお客さんを増やしましょ!)

トップバッターは紅一点の紙本さんでした。
最初の自己紹介で、落語をするのは2回目と告白。
「スマホでも見ながら気楽に聞いてもらったら
いいんで」、みたいな言葉にびっくり。
開き直りとも、イクスキューズともとれる言葉を入れて
自分自身とお客さんの緊張を見事にほぐして、
本題に入ってきました。
元々お笑いへの興味があり、コントもされる紙本さん。
落語力も優れていると感じました。。

ネタ振りの段取りを間違えたのか、
あっ、その前に(言うべきことがあった)と、
噺を修正すること2回。
2回の修正はリハーサルでのことでしたが、
本番でも、あっ、その前に、と1回修正。
何が本当なのか、巧みに笑いを誘うすべなのか、
一生懸命ならではの、二口さんならではの、
ハプニング? でした。

180812Z.jpg

細かいくすぐりが散りばめられ、
しっかりと構成されたお噺を
安定して表現できる藤原さん。
今年も笑わせていただきました。

中入り後は、新ネタに挑んだ桐山さん。
餅好きの男のお話でした。
両手で挟んで叩くようにしながら焼き立ての餅を保ち、
そこに熱い餅に息を吹きかけてさまして食べるも、
口の中ではまだ熱い餅を噛み砕く仕草に、
会場からは絶えず笑いが巻き起こっていました。

トリはもちろん大御所のエディさん。
仕草や語り口の緩急、感情の乗せ方、など、
自分をどう使って表現すれば噺が面白くなるかが
よく見えているかのような、安定した高座でした。

posted by Higashiyama Center at 10:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

∴トライアングル公演「今昔魍魎事変」の挟み込み

∴トライアングル公演「今昔魍魎事変」の挟み込みは、
8月16日(木)の16時までに、
250部を東山センター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。

公演は8月17日(金)〜19日(日)の5回公演です
よろしくお願いします。

posted by Higashiyama Center at 17:11| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五丁目寄席へお越し下さい

五丁目寄席、本日(8/11)14時開演です。
現在、最終のリハーサルが行われています。

本日の演目を発表させていただきます。

紙本明子 ちりとてちん
二口大学 短命
藤原大介 昆陽の御池
<中入り>
桐山泰典 蛇含草
エディ・B・アッチャマン 長短

ぜひ、足をお運び下さい。

posted by Higashiyama Center at 12:06| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

陶器まつり(五条坂)、ぶらぶら27

五条坂の陶器まつり、本日(8/10)が最終日です。
今日は残り福で、いいものがさらにやすく買える
チャンスがあるかもしれません。

今年の陶器まつりは、台風の影響で北からの
冷たい空気が運ばれてきたため、
近年稀にみる、爽快な陶器まつりだったように感じた。
例年のうだるような暑さはあまりなかった、
と、お店を出しておられる方々から多く聞かれた。

1808181.jpg 1808182.jpg 1808183.jpg

手焼きせんべい(長方形の)の肌合いといえばいいか、
削られた模様が、それに似た風合いの皿。
反りがなく、表面がくぼんでいるのでもないため、
厚みがあり重厚で、安定したフォルムであります。

大きさはいろいろあり、写真のものよりも
もっと大きいもの、真っ黒のものがありました。

和菓子を盛るのがいいのではないでしょうか。

posted by Higashiyama Center at 10:00| Comment(0) | 陶器まつり(五条坂)、ぶらぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

18からだではなそうAコース、2回目(8/4)

Aグループも今年度初めて、創造活動室で活動を行いました。

まずは、ストレッチから行い、徐々に体を動かす準備をしていきます。
テンポの良い音楽を流し、そのリズムに合わせて、
創造活動室を端から端まで移動します。
細かいテンポのときは、小刻みに体を揺らしながら
小さな歩幅で行ったり来たり。
ゆったりしたテンポのときは、ゆっくりとした動きで
リズムを感じながら行ったり来たり。
リズムの感じ方は人それぞれで
早さや動きに違いが見られました。

次は、描いた線を体で表現していきます。
ホワイトボードに好きなように線を描き、
描いた線を体で表現するとどんなふうになるのか、
1人ずつ発表しました。
他の人は、発表者の真似しながら後に続きます。
ナミナミの線なら体をゆらゆら揺らしたり、
円を描けばダイナミックに横回転したりと、
自分が描いた線を自分なりに表現していました。

1808091.jpg 1808092.jpg 1808093.jpg

後半は、幕に星空の映像を投影し、映像に加えて、
大きなビニール袋を使って、
様々な表現活動を行いました。
ビニール袋を膨らませてボールにしたり、
腕に巻いて包帯にしたり、
そのまま上に投げてヒラヒラと落としたり、
使い方によって変化するビニール袋を楽しんでいました。
映像を投影するプロジェクターと
パソコンにも参加者は興味津々でした。
壁に大きく映像を流すことで、
創造活動室全体が幻想的な空間になり、
参加者もスタッフも普段とは違う雰囲気を
目一杯感じているように見えました。

現在からだではなそうの参加者を若干名募集しております。
併せて高校生年齢から約30歳までのボランティアスタッフも
募集していますので、活動に興味がある方、
お気軽に東山青少年活動センターへお問合せください。

posted by Higashiyama Center at 13:44| Comment(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

∴トライアングル公演「今昔魍魎事変」@Stage Support Plan(2nd. step challenge)

180806.jpg∴トライアングルとは、 2016年11月に行った〈虹色結社〉・
〈勝手にユニットBOYCOTT〉による合同公演にて
手応えを感じた両団体が、それぞれと縁の深い
〈劇燐「花に荒らし」〉を加え、更なる研鑽を得るべく
三団体一体の企画として結成。

"ワカモノ"は不安定で不確かな存在である。
そのワカモノである我々が寄り集まり、"演劇"を通して、
確かなモノで在ろうと、確かなモノを創ろうとする
創作集団。    

【日時】 
8/19(金) 15:00/19:00
  20(土) 14:00★/18:00★
  21(日)13:00
 (受付・開場は開演の30分前)
 ★・・・アフターイベント(所要時間10〜20分)

【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室

【料金】 前売一般 1,800円/当日 2,000円
     U-22 1,500円 ※要証明
     高校生 前売・当日ともに 1,000円 ※要証明

【予約取扱い】
 CoRich はこちら

※ホームページはこちら

posted by Higashiyama Center at 17:07| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五丁目寄席の挟み込み

8月11日(祝・土)に行われる、
五丁目寄席の挟み込みはありません。

posted by Higashiyama Center at 13:54| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

18からだではなそうBコース、2回目(7/28)

今回、今年度初めての創造活動室を使っての活動です。

初めに簡単なストレッチ。ゆっくりとからだを伸ばしたり、
相手のからだを叩いてマッサージしたり。
次第にみんな立ち上がって部屋を歩き始めます。
歩き出したみんなは徐々に誰かとつながっていき、
最終的に大きな輪ができました。
続いて、ペアになり、止まってる相手を
石膏で固めるイメージで縁取り、
縁取られた人はその殻を破るイメージで歩き出す、
という動きを楽しみました。

男子と女子にも分かれ作品を見せ合いました。
そして最後はホワイトボードに線を描き、
その線をイメージした歩き方をみんなで真似します。
参加者が一生懸命に真似をしようとしている場面では、
他者の表現を受けとめようとしているサインにも見えました。

1808051.jpg 1808052.jpg 1808053.jpg

後半はプロジェクターを使い、星やセミの脱皮シーンを映し、
思い思いのダンスや動きを楽しみました。
神秘的な映像に見入ったり、自分の影を楽しんだりと過ごし方は様々。
その中で参加者の普段見ることのできない反応を
見ることができた、などスタッフより報告がありました。
また、全体的に参加者同士の関わりが多く感じられた回でした。
     
現在からだではなそうの参加者を若干名募集しております。
併せて高校生年齢から約30歳までのボランティアスタッフも
募集していますので、活動に興味がある方、
お気軽に東山青少年活動センターへお問合せください。

posted by Higashiyama Center at 16:02| Comment(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

演劇ビギナーズユニット2018修了公演のご案内

シアターそらみみ公演
「知らない日々を歩く〜わが町より〜」
(脚色・演出/大原渉平)


5月から始まった初心者対象の
演劇セミナーの修了公演です。
今年は25回目の公演。
昨年に引き続き2年目の演出担当となる
大原渉平さん(劇団しようよ)が、
初めて出会った17人の仲間と一緒に創作しました。
ぜひご来場ください。

18082.jpg

【日時】
9月1日(土)@14:00/A18:30
9月2日(日)B13:00
   ※開場は開演の30分前です

【入場料】 前売800円(日時指定でのご予約になります) 当日1,000円
※前売券は公演日の2日前まで予約受付
※当日券は数に限りがある場合があります  

【チケット予約・問合せ先】
京都市東山青少年活動センター(541-0619)
開館:平日と土曜 10〜21時 日祝 10〜18時(水曜休館) 
E-maiでのチケット予約はこちらから

posted by Higashiyama Center at 10:00| Comment(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

ユスカル!(若者文化市)、参加者募集中

11月4日(日)にロームシアター京都(ノースホール、
ローム・スクエア)で開催する若者文化発信イベント
「ユスカル!〜若者文化市〜」の出展・出店・出演者募集中です。
募集期間は9月15日(土)まで行っています。

手作り作品出店者やアート作品出展者、
パフォーマンス出演者や活動発信をしたい
グループや個人を募集しています。


1808031.jpg 1808031.jpg
          画像をクリックすると拡大して見られます。

参加対象は、主に京都市内で活動している
中学生〜30歳までの個人またはグループです。
応募フォームはこちらにあります。

posted by Higashiyama Center at 13:59| Comment(0) | 参加者募集中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

シアターそらみみの公演ちらし(18BS19)

演劇ビギナーズユニット2018、シアターそらみみ公演
「知らない日々を歩く〜わが町より〜」の
公演チラシが完成しました。
これは宣伝美術担当の2人の受講生が作ったもので、
表面と裏面のデザインのアイデアは、
それぞれ2人のアイデアによるものです。
物語は、人の生と死、人の一生と
時の流れをテーマに展開しますが、
表面の2人の手は、主人公の、ジョージとエミリーの
出会いとふれあいを表現しています。

18082.jpg 180822.jpg

公演は、9月1日(土) 14:00と18:30、
2日(日) 13:00の、3回公演です。
現在、広報拡大中です。

posted by Higashiyama Center at 21:02| Comment(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

ドラマスクール開催!

中劇研、春の合同発表会が東山センターで
開催されるようになってほどなく、同じように
ドラマスクールも開催されるようになりました。
以前は、その講師の人選については中劇研からの要望もあり、
センターで活躍する若手の演劇人にお願いをしてきました。

今年の参加者は47名。
昨日(7/30)から2日間の日程で行われています。
今年の講師は、劇団飛び道具の山口吉右衛門さんです。

1807312.jpg 1807311.jpg 1807313.jpg

昨日の午前中はアイスブレーキングとして
コミュニケーションゲームを行った後、
全体を6チーム(7〜8人ずつ)に分けて
2日目の発表に向け、創作に取りかかりました。
各チームの創作台本は、チームメンバーそれぞれが考えた
短い台詞のやり取りをリレー形式でつないで創ったそうです。

2日目は、まず、各チームの創作台本にタイトルをつけ、
そのタイトルを他のチームが1枚の絵として、
からだ(ポーズ)で表現して見せる、ワークです。
幕前の吉右衛門さんの写真。
携帯見て遊んでいるのではなく、絵づくりの創作で、
タイムキープをしているところです、念のため。

posted by Higashiyama Center at 11:55| Comment(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

スタッフ紹介(18BS18)

7月9日の冒頭に、今回の公演に関わっていただく
スタッフの紹介が行われました。

写真左から、舞台美術アドバイザー補佐の下野優希さん、
舞台美術アドバイザーの川上明子さん、
音響効果の島崎健史さん(ドキドキぼーいず)、
照明の真田貴吉さん、
舞台監督の北方こだちさん、の5人です。

1807291.jpg 1807292.jpg 1807293.jpg

配役、ユニットネームも無事決まり、
その後は、ビギナーズ用にアレンジされた台本を使って
初めての読み合せが行われました。
これからの公演づくりに欠かせない情報共有、
特に今後の、本番までの具体的なスケジュール確認、
見通しが示されました。

posted by Higashiyama Center at 21:42| Comment(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

25期のユニットネームはそらみみ(18BS17)

上演台本が決定すると、その後の2回を使って、
予め出された参加者からのキャスト希望をもとに、
演出担当の大原さんと演出補の松岡さんが
キャスト決定のための参考にすべく
参加者1人1人と面談を行います。

その間、残りの参加者たちは、ユニットネームをどうしようか、
と、話し合いをするのです。
(それに加えて、裏方スタッフの担当決めも)

ユニットネームなので、劇団なになに、
というネーミングは少なかったのですが、
21期から続けて3年、劇団なになに、
というパターンで名付けられましたが、
この25期は劇団ではなくシアターが頭に付けられました。

1807271.jpg 1807272.jpg 1807273.jpg

「シアターそらみみ」の名前の由来は、
お客さんにとっても、メンバーにとっても、
日常の中でふと心に聴こえてくるように思い出される、
そんな作品を創りたいという願いが
「空耳」という言葉で表現されていて、
日常で忘れられがちな少しの感覚を大切にしたい、
という思いも込められています。

ユニットネームの決定後、キャストが発表されました!

posted by Higashiyama Center at 22:56| Comment(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする