2017年06月18日

スタッフワーク(17BS6)

5回目(6/12)は、スタッフワークについてのレクチャーを行いました。
まずは、自己紹介として、好きな演劇作品を紹介します。
幅広い作品名が挙がる中に「好き」だけでなく
「すごい」という言葉もでてきました。
そこで、ナビゲーターからは、「なぜすごいのかを言語化できると、
聞いている人にもわかりやすく共感できる」というコメントをいただきました。

ビギナーズユニットでは参加者が、役者と並行してスタッフの役割も
1つ担います(宣伝美術、舞台美術、制作、大道具、衣装、小道具)。
また、演劇公演をするには、役者や演出家以外にどんな役割があるかだけでなく、
舞台用語も覚えておいた方がいいというアドバイスもありました。
今回は具体的に図を描いて、役者としても知っておく必要がある、
劇場空間で使われている用語の理解を進めました。
休憩前には、宣伝美術についてのレクチャーもありました。
自分たちで作るときのポイントなども考える機会になっていました。

170618_1.jpg 170618_2.jpg 170618_3.jpg

後半は、昨年に引き続き、今回のビギナーズユニット修了公演で、
舞台美術アドバイザーをしてくださる松本謙一郎さんのワークショップでした。

二人一組になって、一人が「自分にとっての原風景」を口頭で語り、
それを聞き終わった後でもう一人が、相手から聞き取ったことを
絵にする、というものです。
聞く側がすごい勢いで聞き出している人や、メモをとりつつ確認作業を
している人も。メモの取り方も様々で、聞きながら図におこしている人や
図と一緒に文字も書きそれをもとに絵にしている人もいて、
真剣に黙々と描いています。
ワークを終えて、お互いに見せあい、伝わったのか、
絵に起こすことができたかを確認。

170618_4.jpg 170618_5.jpg 170618_6.jpg

「演出家と舞台美術家のやりとりとはこういった感じ。
演出家の頭の中をいかに引き出せるかが舞台美術家の仕事で
逆にいかに舞台美術家へ伝えられるかが演出家の仕事。」と松本さん。

様々な役割を持った人と一つの舞台を創っていくときに、
それぞれのアイデアをすり合わせながら、お互いにとっての理想型に
近づけるように努力することが、スタッフの仕事ということだと学びました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 ◎男性をあと1名募集しています。
 ◎受付締め切りは6月24日(土)中としています。
 ◎途中からの参加でも大丈夫です。
 ◎このブログを読んで、やってみたいと思った方は、
 ぜひ、こちらの記事からメールでご連絡ください。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

posted by Higashiyama Center at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

身体表現ワークの2回目(17BS5)

6/8は身体表現ワークショップの2回目を行いました。
講師はダンサー、振付家の佐藤健大郎さんです。

前半は、自分の身体の不自由さを自覚するようなワークでした。
猫が伸びをするポーズをとるとき、自分の身体はどこに力が入り、
どの関節が曲がっているのか、じっくりと自分の身体と向き合います。
佐藤さんが参加者に意識するポイントを指摘すると、
参加者は「合っているのかわからない」
と言った表情をしていましたが、
外から見ると指摘する前と後では
動きが自然と滑らかになっていたように感じます。

170617_1.jpg 170617_2.jpg

続いて“歩く”ことを意識します。
佐藤さんは歩くという行為にも様々あり、
「足を動かす」「気持ちだけ歩く」「全身で歩く」と話し、
参加者は全身で歩くことに挑戦します。
生まれてから無意識でできていた行為に注意を払うことにより、
身体の不自由さを感じ、「歩くってこんな感じだったっけ」と
疑問に移っていく様子が伺えました。
「見た目は同じかもしれないが、意識する中身で作用が変わる」
佐藤さんの言葉にはどこか力強さがあり、
参加者は真剣に取り組んでいきました。

170617_3.jpg 170617_5.jpg

後半は、自分と他者の境界をありありと示されるワークを行いました。

170617_7.jpg 170617_6.jpg

「踏み込まないと、その後踏み込めなくなる、にくくなる」
という佐藤さんの言葉が、これからの参加者同士の関係構築への
ヒントでもあり、エールのように聞こえました。
また、自分のすることが人に伝染していく、
人に自分をさらけ出すということを視覚化されたように感じました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 ◎男性をあと1名募集しています。
 ◎受付締め切りは6月24日(土)中としています。
 ◎途中からの参加でも大丈夫です。
 ◎このブログを読んで、やってみたいと思った方は、
 ぜひ、こちらの記事からメールでご連絡ください。、
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

posted by Higashiyama Center at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

身体表現ワークの1回目(17BS4)

この回(6/5)からは2回続けて、身体表現ワークです。
1回目の講師はダンサーの福井幸代さんでした。
始まりは、それぞれのお互いの体の調子を足マッサージしながら確認。
自己紹介をかねて、身体の調子をみんなに伝えました。

今回興味深かったワークが二つありました。
一つ目は、ペアになり、片方が好きなポーズ(=オブジェ)をし、
もう片方がその人の気になる部分をぎりぎり触れない程度にかたどり
かたどられた方は抜け出して…を繰り返します。
独特のスケッチ(かたどり)ができたことで、
本当にオブジェを鑑賞しているようでした。
その後は、オブジェをいくつか残して、
そのオブジェを組み合わせてみることに。
団体スケッチにしてみると、また違った迫力がありました。

170613_2.jpg 170613_3.jpg 170613_4.jpg

もう一つは,何もない空間を舞台に見立てて、
その空間に1人ずつ入っていき
身体表現をします。4人入ったところで完成。
幾つかの空間で試してみました。
特に、階段をつかった空間で行った時は、
奥行きが増えて面白い発想が出ていました。

170613_5.jpg 170613_6.jpg 170613_7.jpg

全体を通して、前回よりもぐっと距離感が縮まり、
打ち解けた空気感がありました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 ◎男性をあと1名募集しています。
 ◎受付締め切りは6月24日(土)中としています。
 ◎途中からの参加でも大丈夫です。
 ◎このブログを読んで、やってみたいと思った方は、
 ぜひ、こちらの記事からメールでご連絡ください。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

posted by Higashiyama Center at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

からだではなそう〜表現活動へのお誘い〜 Aグループ始動!

東山青少年活動センターでは、
知的障がいのある青少年の余暇と成長支援を目的に、
からだではなそうという表現活動をするプログラムを実施しています。

6/10(土)にAグループが始動しました。
表現活動と言っても、難しいことはありません。
思い思いのままにからだを動かします。
まずは、輪になって自己紹介をして、ストレッチ。
即興で、波が寄せたり引いたりする動きや、
テープの芯を使って人に渡していく動き、かみ風船などを使って、
だんだんと触れ合う踊りへと発展していきました。

170613_1.jpg 170613_2.jpg 170613_3.jpg

参加してくれたみんなが、だんだんと表情や体の緊張が
ほぐれていくように見て感じていました。
それぞれのペースで、輪に混ざっていきました。

休憩をはさんで、次は、自由に動きながら近くの人にタッチしていきます。
タッチと言ってもいろんなタッチがあります。
優しいタッチも強いタッチも両手のタッチもみんなの自由!
最後は、音楽に合わせて各々が自由にからだを動かして、終了!

170613_4.jpg

ナビゲーターやアシスタントからは、「今日はカオスだった」と
楽しかったことが伝わる表情で感想をいただきました。
それは、「こうしよう!と伝えたことを聞いてもらえない」
ということではなく、決まった動きだけでなく、
オリジナリティ溢れる動きができる空間で、
みんなが自由に楽しく動いた結果の感想だったのかなと思います。

次は、6/24(土)にBグループが始動します。
どんな出会いと表現があるのか今から楽しみです!

現在からだではなそうでは、ボランティアを募集しています。
自由に楽しく動ける空間で一緒に活動してみませんか?
興味のある方は、東山青少年活動センターの方へお問い合わせください。
お待ちしております。

posted by Higashiyama Center at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

あと1名となりました!

本日、個別の説明会をさせていただき、
演劇ビギナーズユニット2017のメンバーが
1人増えました。
定員まであと1名となりました。

男性1名追加募集中です。

スケジュール等、詳しくはこちら
申込締切は6月24日(土)中までとします。
お電話(075-541-0619)、メールでも受け付けます。

ビギナーズユニット2017-3.jpg


posted by Higashiyama Center at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コミュニケーションワーク1(17BS3)

ビギナーズユニット第2回目の講座は、
インプロバイザーの木村雅子さんによる、
コミュニケーションワークショップが行われました。
まずは円になり、自己紹介を含めてここに集まった目的
(ビギナーズに参加した動機)を全員に聞いていきました。
ここで自然と全員が、メンバーそれぞれの表情や言葉、
体の姿勢などを見ることになります。木村さんはまず最初に、
「今起こっていることを丁寧に見る・感じることを大切にしましょう」
と言われました。
 そこからさまざまなゲーム形式のワークに入っていきます。
メンバーの名前や、目に見えないボールなどを回し続けるゲームは、
回ってくる相手、次の回す相手をちゃんと見ていないと
上手くつながっていきません。
慣れてくると複数のボールや物を同時に回してみましたが、
そうなると自分が確実に受け取ったことや相手にちゃんと届いたかを
確認するために、よりしっかりと相手を見届けなければなりません。

170612_2.jpg 1706012_1.jpg 170612_3.jpg

もちろん上手く届かないこともたくさんありましたが、
木村さんはそんな時に
「今何が起こっていたか、今何を感じながらやっていたか」を
全員に聞いていかれました。
 上手くやることが目的ではなくて、自分がどう感じているか、
相手にどうしてほしかったかなどを言葉にすることで、共感があったり、
逆にそんな感じ方があるのかという発見があったりします。
 それぞれの素直な感覚に正解や間違いはない。
自分が感じたことをなかったことにせずに、失敗を恐れず自分に対しても
相手に対しても開いていける身体になろうというメッセージを感じました。

posted by Higashiyama Center at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

ビギナーズ、あと2名です。

昨日まで追加募集をしていた参加者募集。
まだ、定員には達していませんので、
演劇ビギナーズユニットの参加者を
継続して追加募集します。

募集人数は、男性2名。
先着順の受付となります。
追加募集の受付は、公演に向けた脚本決めが始まる直前の
6月24日(土)中までとします。
お電話(075-541-0619)、メールでも受け付けます。
メールでのお申し込みはこちらの記事からお送りください。
ぜひ、この機会に参加をお考えください。
どうぞよろしくお願いいたします。

posted by Higashiyama Center at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

東山アートスペース Aコース初回実施。

東山青少年活動センターでは、知的障がいのある青少年の余暇と成長支援を目的に、
東山アートスペースを毎年実施しています。

6/4(日)にAコース初回として、
オリジナルのレインコート&てるてる坊主づくりを行いました。
今年度初回ということで、絵を描いたりコラージュをする
ものづくりを通して、参加メンバーそれぞれの得意な表現や
向いていることを把握する機会にしようと、
ナビゲーターやボランティアスタッフたちはメンバーの好みを
知ろうとかかわりました。
参加メンバーはそれぞれのペースで、好きな色や素材を使って、
オリジナルレインコートとてるてる坊主を作っていました。
終了後、作ったレインコートを着て帰る参加メンバーもいました。

17060_1.jpg

アシスタントからは、普段とは違う素材の触感や、大きなサイズに
描けたのは新鮮だった様子が見られたという感想をいただきました。

170605_2.jpg

てるてる坊主とレインコートの一部は、センターロビーに展示しています。
参加メンバーの個性が表れる作品ばかりですので、ぜひご覧ください。

posted by Higashiyama Center at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

後半は参加者の体験談でした(17BS2)

村上さんの演劇体験談のあとは、過去のビギナーズ参加者を
お招きして、ビギナーズの参加体験を語っていただきました。
お招きしたのは藤澤さん(19期)と小野寺さん(22期)、
それに武田さん(22期)の3人でした。

ビギナーズに参加したきっかけや参加してみて楽しかったこと、
逆に難しかった・しんどかったことなど、
最後に、24期のメンバーへのアドバイスを語っていただきました。

170601_1.jpg

【参加の動機】
養成所に通っていたが、実際の演劇公演も経験したいと思っていた。
知り合いに、この企画を教えてもらい、舞台経験ができるということで
やってみようと思った。

大学入学時から演劇をやりたいと思っていたが、もう一つのやりたいことを
優先したのが2回生。その後、3回生になり、空いた時間ができたこともあって、
公演に挟み込まれていた募集チラシを見て、始めようと思った。

小学生の時に、出張演劇を観て、やってみたいと思っていた。
お母さんに探してもらって、中学生から参加できるということで申し込んだ。

【期待と実際にやってみたときの違いなど】
舞台にはお笑いなど明るいイメージがあったが、
実際には自分としては暗いスタートだった。
意外と人見知りなんだとわかった。
ワークショップなどをしていく中で、
だんだんと打ち解けていくことができた。

お芝居だけじゃなく、スタッフの仕事や合意形成についても
実践しながら学ぶことができた。

自分以外みんな大学生だった。もっと大人の人がいると思っていた。
打ち解けていくのが難しいかと思っていたけど、
ワークショップで仲良くなっていき、
それを経て芝居を創っていくという過程がよかった。

【後輩へのアドバイスなど】
楽しんで欲しい。
いっぱい喋りあって、メンバー同士の関係性を深めてほしい。
体調管理に気をつけて!!
思ったことがあるなら、言ってみよう!勇気がいるかもしれないけれど
そこはお芝居という虚構の世界なので、それを良しにできます!
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
演劇ビギナーズユニット2017は、あと男性2名参加者を継続募集します。
受付締め切りは6月10日(土)をめどにしています。
途中からの参加でも大丈夫です。
説明会も随時開催させていただきます。
このブログを読んで、やってみたいと思った方は、
ぜひ、こちらの記事からメールでご連絡ください。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

posted by Higashiyama Center at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

夕暮れ社弱男ユニット、村上慎太郎さんの演劇体験(17BS1)

演劇ビギナーズユニット2017(#24)が5/29より始まりました。
第1回目は、恒例の京都で活躍中の演劇人に
演劇体験を語っていただく回です。
平成26年度から28年度までの3年間、
演劇ビギナーズユニットの演出を担当していただいた、
夕暮れ社弱男ユニットの村上さんにお願いしました。
村上さんには、演劇を始めることになったきっかけや
今まで演劇を続けてきた理由、演劇の楽しさ・難しさ、
それにまつわるエピソードなどを自由に語っていただきました。
さらに、過去3年間の演出担当という経験を踏まえて
ビギナーズユニットについても話していただきました。

まずは、自己紹介「〜〜が好きな、○○(名前)です」を
村上さんから順番に回していきます。その後は名前呼びゲーム。
輪になって、さっき聞いた「〜〜が好きな、○○(名前)さん」と
名前を呼んで、その人の方に向かって歩き出します。
呼ばれた人は、呼んだ人にタッチされる前に別の人の名前を
呼んでその人をタッチしに行く。といった流れ。
初めはなかなかスムーズに入れ替わっていくのが難しそうでしたが、
徐々に覚えてきて、最後はスムーズにゲームを楽しめていました。

170530_1.jpg 170530_2.jpg 170530_3.jpg

続いて、村上さんのお話。
村上さんは子どもの頃、お母さんが作った絵本で
読み聞かせをしてもらっていたそうです。
お母さんの作る絵本は物語が完結するものではなく
「さてどうなったでしょう?」といった感じで終わるので
物語の続きを自然と考えるように。
規制された物語(作品)ではなく自分で思うように物語を創造するという点で、
英才教育にされていたのだそうです。
その後、高校時代に初めて観た芝居に衝撃を受け、
自分も出演したいとその劇団にお願いしたら公演に出れることになり、
1か月間連続公演に出演することになったそうです。
作品の冒頭に出る役だったこともあり、授業が終わったらすぐに劇場に行き、
公演するというスケジュールを1か月間過ごしたことから、
演劇により興味を持って取り組んでいくことになったそうです。

村上さんのお話の中で、「つらい時もわらっていれば何とかなる」
という言葉が印象的でした。
「やりたい」という気持ちでいろんな所で活動していたとのこと。
様々な創作をする中で、実験的な公演も行い、賛美両論を浴びたりしたことや、
仲間を信じるという気持ちを持ったこと、
劇団との出会いで一度やめた演劇を再開したこと、
演劇は一人ではできない、全ての役割を担ってくれる人たちがいて初めてできる。
といった、これから演劇を創っていく新たな集団に対して
エールを込めてお話いただきました。

第2部は、過去の参加者3名に、ビギナーズの参加体験を語っていただきました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
演劇ビギナーズユニット2017は、あと男性2名参加者を継続募集します。
受付締め切りは6月10日(土)をめどにしています。
途中からの参加でも大丈夫です。
説明会も随時開催させていただきます。
このブログを読んで、やってみたいと思った方は、
ぜひ、こちらの記事からメールでご連絡ください。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

posted by Higashiyama Center at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

ビギナーズ、あと男性2名募集中です!

明日(5/29)から始まる、演劇ビギナーズユニット2017。
第1回目は、夕暮れ社弱男ユニットの村上慎太郎さんをお招きして
村上さんの、これまでの演劇体験を自由に語っていただきます。

昨日(5/27)、先日の説明会に来られなかった方への
説明会を開催し、参加メンバーがほぼ確定しましたが、
まだ、定員には達していませんので継続して参加者を追加募集します。

募集人数は、男性2名
先着順の受付となります。
追加募集の受付は、講座の4回目が始まる直前の日、
6月10日(土)中までとします。
お電話(075-541-0619:水曜休館)、メールでも受け付けます。

メールでのお申し込みはこちらの記事からお送りください。
参加申し込みいただいた方には、個別説明会を行います。
ぜひ、この機会に参加をお考えください。
どうぞよろしくお願いいたします。

posted by Higashiyama Center at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

いよいよ締切り間近です!

演劇ビギナーズユニット2017参加者募集(男性)の締め切りが、
明日の18時に迫ってきました。
なかなかない、出会いや集中した創作活動を通した達成感、
舞台にたってみたかったという思いを実現してみませんか?

先ほど1名の申し込みがありましたので、あと、3名の方を
先着順にて受付ますので、ぜひ興味のある方、悩まれている方、
今知った!という方も、ふるってお申し込みください。
説明会は個別に設定させていただきます。

内容の詳細やお申込みはこちらをご覧ください。

BU2017-1.jpg


posted by Higashiyama Center at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

未来のわたし−劇場の仕事−2回目

5/23は、前回の最後に参加者からの質問に
1回目の講師、ロームシアター京都プログラムディレクターの
橋本裕介さんが答えるところからスタートしました。

出ていた質問には、
「どうやって企画書を通すか?」
「作品の蓄積やレパートリーをもつために、工房的なものも考えている?」
「劇場にこれから必要な存在は?」
といった、日頃の悩みもあれば、
劇場について疑問に思ったことも挙がっていました。

170525_1.jpg 170525_2.jpg

続いて、講師の京都市交響楽団チーフマネージャー柴田智靖さんに
ご自身の仕事について、内容やその仕事に就くことになった経緯等、
エピソードを交えてお話しいただきました。

170525_3.jpg 170525_4.jpg 170525_5.jpg

プロデューサー的な仕事をしていること、
地方自治体直営で、全国唯一のオーケストラであること、
実際には、ソフト面のマネジメントをしているのが中心の仕事であること
「京都市交響楽団とは何ぞや?」をいつも考えてやっていること
87人の楽団員を把握していないといけないこと
等の楽しみと苦労の両面をお話しいただきました。

特に参加者のみなさんが興味を持って聞いていたのが、
柴田さんの経緯のお話で、様々な人との出会い、失敗、達成感、
役割を持った人たちとの共同作業を経験したこと、
新しいジャンルを取り入れることで、敷居を下げることにつながり、
それがオーケストラって面白いにつながったことなどでした。

最後には、現場がどんな風に回っているかをよく見る。
本番を観た時に、「自分が制作ならこうする」
「自分がでいないことと感動したものを意識する」。
今あるものを上手に壊して、あたかも新しいものを作ったようにすることでいい。
昔の人、目の前の人がやったことをよく見る。
そういったことを経て、おいしいところだけ拾ってくっつけたらいいものができる。
そういった経験を積んでいってもらえたらというエールをいただきました。

posted by Higashiyama Center at 14:25| Comment(0) | 未来のわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

テクニカルスキルアップ照明講座を開催しました!

照明スタッフについてもっと勉強したい!という方へ照明講座を開催しました。
参加者は8名。
講師は、創活番(創造活動室ボランティアチーム)スタッフの惠藤さん。
今回は、「舞台照明で出来る表現力とは」をテーマに、照明の役割や
照明をあてる対象を具体的に解説していただき、実践的な体験をしました。

舞台照明というと、暗闇の中で対象に光を当てるだけでなく、
感情や情景を表し演出空間の補助となり、観客に見てほしいところ(視線)を
コントロールする働きがあります。
まず、光源について理解するために、参加者それぞれがセンター内で
気になる風景をスマホで撮影し、その写真をみんなで見ながら、
どの方向から光があたっているのか、
影の位置から写真には写っていない空間のイメージをしました。
写真から、何気ない私生活でも光源について考えられることが
たくさんあることを知りました。

170522_1.jpg 170522_2.jpg 170522_3.jpg

次に、二人一組になり、光と影の作り方を照明で表現してみました。
「11月、夕暮れでの屋上」「月明かりの浜辺」「考え事で1日が過ぎた」
「廃墟」など、それにイメージする場所を照明で表現し、
よりリアルに表現するために、みんなで方向や位置について意見交換しました。
最後に、台本と役者の動きについて打ち合わせをふまえ、
全員で照明シーンを考えて上映しました。

170522_4.jpg 170522_5.jpg 170522_6.jpg

参加者からの感想には
「光の当てる方向によって、表情が変化するのでおもしろかった。」
「抽象的な空間である感情やシーンの雰囲気を色で表現することが難しかった。」
「平面から立体的に見せることができると学んだ。」
「影の存在も意識しようと思った。」などの声を聞くことができました。
参加者のみなさんに、照明の魅力について知る機会となったようです。
照明に正解はないので、たどり着きたい目標に向かって、
活用してもらえたらと思います。

posted by Higashiyama Center at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

未来のわたし−劇場の仕事−1回目

5/16から始まった、「未来のわたし−劇場の仕事−」。
応募者は13名でした。
高校生から社会人までで、それぞれ違った環境で過ごしている方たちです。
この季節、夕日がとっても綺麗に見れる、自慢の部屋でスタートです。

初めに、青少年活動センターやユースサービス協会、ロームシアター京都や
事業概要について説明をしました。

170520.jpg 170520_1.jpg 170520_2.jpg

1回目は、ロームシアター京都プログラムディレクターの橋本裕介さんと、
同じくロームシアター京都舞台技術課長の滑川武さんに「劇場の仕事」について
それぞれの経験や考え等エピソードを交えてお話しいただきました。

橋本さんには、学生時代に出会った、ダンスの公演チラシをきっかけに劇場に
観に行ったことから、そのダンスグループの取り組みを通して、
ものさしがない状態から,自分たちのものさしで居場所を作り広げていくことに
魅力を感じたこと
、広い意味での芸術が持っているものに驚き、
模範や正解ではない世界に衝撃を受けたこと、この仕事に就いたのかといったこと
までを丁寧にお話しいただきました。
印象的だったのは、ロームシアター京都で「新しい劇場文化をつくる」という
取り組みについてでした。
劇場文化とは…劇場で得たことが、いろんな人の生活に息づいていくこと。
つまりは、劇場で行われたこと、体験したことが皆さんの生活に影響を及ぼしていく
ということだそうです。
ロームシアターで、文化芸術の創造を軸にして劇場自体がアーティストと一緒に
作っていく、見巧者を育てて(増やして)いきたいという想いを
聞かせていただきました。


170520_7.jpg 170520_4.jpg 170520_3.jpg

後半は、全員の顔が見えるようなテーブルの配置を変えて、スタート。
滑川さんより、ご自身の長期にわたる様々な体験や、舞台技術の仕事について
プロフィール紹介とともにお話しいただきました。
特に興味をひかれたのは、いい劇場と悪い劇場のお話でした。
以前は、全国の劇場を使う側として公演をしていたけれど、今は劇場として
受け入れる立場になった。
大事なのは、スタッフが使う側の思いをどこまでくみ取れるかであり、
これが技術の仕事だと。
もちろん劇場には禁止事項がたくさんあるので、できないこともあるけれど、
できる範囲の中で効果的な方法を提案すること、劇場のスタッフや技術担当者は、
経験があまりない利用者の方々に対して、感覚と理解度が大事
だとのことでした。
また、舞台技術に特化した講座をやっていきたいとの想いも
聞かせていただきました。

170520_8.jpg 170520_5.jpg 170520_6.jpg

最後に、全員が簡単な自己紹介と今日のお話を聞い質問があれば聞くことに。
質問に対しては、終了時間になっていたので、次回の初めにお答えするということで
1回目が無事終了しました。
posted by Higashiyama Center at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来のわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする