2018年03月22日

ユニットそのまんま公演「檸檬のアラカルト」の挟み込み

ユニットそのまんま公演「檸檬のアラカルト」の挟み込みは、
3月27日(火)の21時までに
160部を東山センター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よろしくお願いします。

※本番は3月30日(金)〜4月1日(日)の4回公演です。
posted by Higashiyama Center at 13:21| Comment(0) | 挟み込み情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

fullsize公演(3rd.step 東山のおススメ)

若手育成企画"fullsize"の第二回公演「southeast」の案内

この公演は、若い方にも観ていただきたい東山のおススメです。
若手育成企画として、16年前に初演された田辺の初期作品『southeast』に挑みます。
初期作品でも会場だった創造活動室での再演です。
ステージによって出演者が変わります。
A:「出演」岡田菜見 太田那優 黒木優介
B:「出演」久米陽子 永岩玲華 黒木優介
久しぶりの創造活動室での上演です。たくさんのご来場お待ちしています。


【日時】3/23(金)19:00〜A
     24(土)13:00〜B/18:00〜A
     25(日)11:30〜B
 (受付開始、整理券発行は開演の40分前、開場は開演の30分前)
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 前売・当日共 一般1,800円 ペアチケット3,200円
    ユース(25歳以下/要証明)1,200円
    W観劇チケット3,200円
【予約取扱い】
  公式サイト http://mogamos.link/fullsize1803
  メール fullsize.kyoto@gmail.com
 電話 080-8912-7211

fullsize.jpg

posted by Higashiyama Center at 16:19| Comment(0) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

fullsize公演「southeast」の挟み込み

fullsize公演「southeast」の挟み込みは、
3月20日(火)の21時までに
150部を東山センター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よろしくお願いします。

※本番は3月23日(金)〜25日(日)の4回公演です。

posted by Higashiyama Center at 21:23| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

劇団飛び道具公演「緑の花」の挟み込み

劇団飛び道具公演「緑の花」の挟み込みは、
3月13日(火)の14時〜 一斉で行います。
部数は300部です。
*後バサミをご希望の方は、13日(火)21時までに作業が終了するように
東山センター受付までお越しください。

挟み込み作業は東山センターで行います。
よろしくお願いします。
※本番は3月15日(木)〜18日(日)の6回公演です。

posted by Higashiyama Center at 14:16| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

劇団飛び道具公演(3rd.step 東山のおススメ)

劇団飛び道具公演「緑の花」の案内

この公演は、若い方にも観ていただきたい東山のおススメです。
今回は、お子さんがいる方にも観劇いただけるよう
託児付き公演の日があります。(3/17のみ)
ご予約は3月10日までのチケット。
小さなお子様がいらっしゃるお客様、是非ともご利用ください。
久しぶりの創造活動室での上演です。たくさんのご来場お待ちしています。

【日時】3/15(木)18:30〜
     16(金)14:00〜/18:30〜
17(土)11:00〜/15:00〜
      18(日)13:00〜
    (開場は開演の30分前)
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 前売・当日共 一般2,500円 学生1,000円
   (学生料金は受付時に学生証をご提示ください)
   *17日の公演は託児付き公演です。
   託児料金:お子さま1名につき1,000円 
   託児付きペアチケット:5,500円(観劇チケット2枚と託児2名まで)
   ご希望の方は、件名を「託児付き予約」とし、midori@tobidougu.jpまで
   メールをお願いします。託児予約は3月10日までです。

【予約取扱い・問い合わせ】
  公式サイト http://tobidougu.jp/ticket/
  メール midori@tobidougu.jp

劇団飛び道具.jpg

posted by Higashiyama Center at 13:57| Comment(0) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

アートスペース 木であそぼう♪

アートスペースAコースは3/4(日)が今年度最後の活動となりました。
この回をもって卒業する参加メンバーの好きな木工をつかった活動を行いました。
木を切ったり、やすりをかけて、グルーガンや両面テープをつかって接着して
思い思いの立体作品を作っていきました。
木の枝や松ぼっくりなども素材として用意すると、それらを利用して
パチンコ台を作る参加メンバーもいました。
ずっと使ってみたかったグルーガンを手に、楽しんでいる参加者もいました。 

180306_1.jpg 180306_2.jpg
  
もともとの木の形をいかして、何に見えるかを想像して制作に向かう人もいて、
それぞれ思い思いの作品を作り上げました。
アシスタントからは
「今年度初めての木工活動でも参加メンバーはすんなり受け入れ
それぞれスムーズに作っていて驚いた」という声を聞きました。

180306_3.jpg 180306_4.jpg 

今回で卒業の参加者には、最後にスタッフ一同からアルバムを贈呈しました。
10年以上参加した軌跡をたどれるアルバムとなっています。
スタッフ一同でアルバムを作りながら、その期間に思いを馳せ、
思い出話にも花が咲きました。

posted by Higashiyama Center at 17:42| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

SKB蔵出し公演@stage Support Plan

SKB蔵出し公演「風景」

創活番で初の創作活動を行います
スタッフが創る不思議な公演をご覧ください。

かりそめ表.jpg

【日時】3月10日(土) 
⚫️空間観賞「風景」 17時〜
⚫️風景芝居「かりそめ」日の入りと共に開演(18時頃)
 1ステージのみ
※17時から開演までは自由に舞台セットを見られる空間観劇の時間になります

【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 無料
【お問い合わせ】 京都市東山青少年活動センター  tel:075-541-0619

posted by Higashiyama Center at 17:11| Comment(0) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

スタジオパフォーマンス終了

先ほど、ダンススタディーズ1#2の修了公演が無事終了しました。
今回の公演では、参加者も演出を担ったシーン構成を試みました。
まず、開演30分前からダンサー2人が将棋をすることから始まります。
将棋をしている2人にとっては、30分が案外短かったそうですが、
お客さまが来場し座っていく客席を感じながら、将棋を指しています。
そして"夜明け”というタイトルでの5つの演出からなるステージ。
今年は、ナレーションも交え、よりお客様に見やすいようにと工夫しました。
回を重ねるごとにどんどん進化するダンサーのからだ。
ダンサーとして初心者である彼らが、ここまで魅力的なからだで動くことが
できたことは、これまでの成果であり、自分たちでつかみ取ったものでした。
最後まで、全員で突き進んでいく姿に、3ヵ月間の長いような、
でも短かったような時間をどんな風に自分やメンバーと向き合い、
決して簡単ではなかった作品創りの日々を過ごしてきたのかを
ご来場いただいたお客様に感じていただくことができました。
公演アンケートからもそういったことを感じ、
心を動かされたという声をたくさん聴くことができました。

180304.jpg

今年で2年目(2回目)の開催でしたが、入場者数は、3回で135となりました。
この企画にご協力いただいたみなさま、
そして、ご来場いただいたみなさま、すべての方々に感謝いたします。

posted by Higashiyama Center at 18:43| Comment(0) | ▼ダンススタディーズ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

スタジオパフォーマンス初日終了

今日から始まった、ダンススタディーズ1のスタジオパフォーマンス。
2回の公演を無事に終えました。
初回が始まる前の午前中、昨日のゲネプロ後に色々と参考になる意見を
ダンサーの方々からいただき、一晩考えてきた参加者たち。
各シーンでそれぞれが具体的にどういう動きをするか、
再度確認する時間を設けました。
初めての公演を前に、緊張感も伺えます。

180303_1.jpg 180303_2.jpg 180303_3.jpg

無事に1回目が終了し、2回目までの間の時間、
まだまだ模索する参加者とナビゲーター。
お客さんが入った中で踊りどう感じたか、改善点なども踏まえた
意見交換や動きの確認。
さらにこうしたら?という提案も出ていました。
いよいよ2回目。1回目よりも「もっといいものにしたい!」という思いが
観ていても伝わってきます。
それぞれなりの挑戦でもあり、全員で臨む挑戦的なステージでもありました。
とてもいい表情で、1回目よりも楽しんで踊ることができていたと思います。

2回の公演が終了し、全員で舞台の真ん中で、足をマッサージしながら
ふりかえりをしていました。
隣のメンバーの足をマッサージしながらの、和気あいあいとした雰囲気が
見ていても心地のいいものでした。

180303_4.jpg 180303_5.jpg 180303_6.jpg

明日の最終回に向かって、さらなる挑戦は続きます。
ぜひ、彼らの最後のパフォーマンスを目撃してください。
当日券もあります。ご来場お待ちしております。

posted by Higashiyama Center at 21:15| Comment(0) | ▼ダンススタディーズ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

ダンススタディーズ1 ゲネプロ終了

本日は明日の本番を前にゲネプロを行いました。
本番に近い形で通すことによって、より目前の課題が浮かび上がります。
今日は朝からずっと稽古をしていて、
それぞれのシーンの気になる部分を話し合ったり、
ゲネプロ数分前に変更をする等、まだまだ作品創りへの挑戦は続いています。

ゲネプロの直前,参加者それぞれの顔に緊張が滲んでいました。
みんなで意見を出し合い、時々厳しい意見をもらいつつも
和やかな空気が印象的な普段とはうって変わり、
真剣な表情で汗を流しながら踊る姿に引き込まれます。

20180302.jpg 20180302_2.jpg 20180302_3.jpg

ゲネプロには、ココロからだンスWSナビゲーターを務めていただいた
佐藤健大郎さんとダンサーの方に観ていただくことができました。
ダンサーの方からは、
「面白かった。私にとって魅力的な身体をもっている。
明日はもっと全力で踊ってほしい。」
とエールをいただきました。
佐藤さんからは、「身体の使い方の工夫がもっとできるのでは?」と
まだ更に目指せることを知ることができました。
その後、それぞれのシーンについて、参加者からの質問に
自分ならどう考えるかを話していただきました。

20180302_4.jpg 20180302_5.jpg 20180302_6.jpg

みんな(ナビゲーター含め)、初めてナビゲーター以外のダンサーに
観ていただいたので、とても参考になったようで、
その後の稽古にも意識されているのがよくわかりました。

いよいよ、明日初日です。
当日券はありますので、ぜひご来場ください。

posted by Higashiyama Center at 21:41| Comment(0) | ▼ダンススタディーズ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

SKB蔵出し公演 風景芝居「かりそめ」の挟み込み

SKB蔵出し公演 風景芝居「かりそめ」の挟み込みは、
3月8日(木)の21時までに
80部をセンター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よろしくお願いします。

※本番は3月10日(土)の1回公演です。

posted by Higashiyama Center at 17:35| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

若者文化市―そよカフェと春巻きスタンド ラップ&ロール

京都市ユースサービスのセンター協同事業“若者文化市”に、
青少年がその場でドリップコーヒーを淹れる「そよカフェ」と
焼き立てが食べられる“春巻きスタンド ラップ&ロール”が出店していました。

そよカフェでは、フェアトレード輸入の
“ハチドリのひとしずく”“有機栽培 インタグコーヒー”の2種類のコーヒー豆を
お楽しみいただきました。
ケータリングに、LOCAL ~baking treats~さんのケーキも販売していました。
ラップ&ロールでは、白ネギや豚肉やしめじと合わせ、
中華風に味付けしたラップアンドロールの定番を販売しました。

どれも大盛況で、数に限りのあったケーキと春巻きは14時頃には売り切れ!
になっていました。
会場では、淹れたてのコーヒーの香りと春巻きを焼く時の匂いで
自然とおなかが空く空間になっていました。
食べ物の売り切れが続く中、そよカフェでは、閉店時間の16時まで
2種類のコーヒーとカフェオレの販売を続けていました!
11月に東山青少年活動センターで行ったイベント「ワカモノ文化市」よりも
かなり多くの方に飲んでいただくことができました。

180227_1.jpg 180227_2.jpg 180227_3.jpg

「美味しかった!」という笑顔に励まされ、カフェスタッフも最後まで
頑張って丁寧に淹れていました。
ご購入いただいたみなさまありがとうございました。

posted by Higashiyama Center at 13:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

ダンススタディーズ1修了公演の挟み込み

ダンススタディーズ1(#2)修了公演の挟み込みは、
3月2 日(金)の21時までに
150部をセンター事務所まで届けてください。
郵送でも構いません。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よろしくお願いします。
※本番は3月3日(土)〜4日(日)の3回公演です。

posted by Higashiyama Center at 13:15| Comment(0) | ▼ダンススタディーズ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

電波にのらないラジオ

2/17にコミュニティカフェを開催しました。
「電波にのらないラジオ」をテーマに、ゲストをお招きしました。
ゲストには、セクシャリティの分野を大学院で研究したのち、
青少年育成の仕事を経て、
現在は京都市内で務める会社員の方をお招きしました。
当日は、東山青少年活動センターのロビーに設置していた
@ゲストって何者?「会社員」に聞いてみよう
A恋人にむかつくときってどういう時?
B恋人と意見が違ったときどうする?
というアンケートの回答をもとにお話をしました。
アンケートに「わかる!」と共感したり
「自分はこう思う」と持論を展開したり・・・
特に盛り上がったのは、Aの「恋人にむかつくときってどういう時?」に
「作った料理に食べる前にソースをかけた」。
確かに愛情込めて作った料理に、味も確認せず、
それもソース!?(一方で、「とんかつとかソースの合う料理で、
つけなくてもおいしいとかなら先言ってほしい。」
「塩なら腹立つねんけどなぁ・・・」といった意見もありました)。

人間関係って難しいですね。それも育ってきた環境が違えば、
価値観も嗜好性も異なる。
それでも、家族や友人、恋人やパートナーができたり、
他者とかかわるタイミングは訪れます。
アンケートのBに意見が違ったときどうする? の回答に
「相手にあわせる」「話し合う」とありました。
また、「お互いが許せる範囲で折り合いをつける」
「まずは相手の心に寄り添って考える」という大人な意見も。
自分もそうしたい気持ちはあるし、そういう心づもりだけど、
いざその場面に遭遇した時、難しい。
研修やセミナーに行けばコミュニケーションスキルのようなことが
語られることがありますが、きっと何が正解とかないのだとは思います。
コミュニティカフェでは、開催日によってはテーマは設定したり
ゲストを招いたりしますが、そんな難しい話というよりも、
ドリップコーヒーを飲みながら、「ちょっと聞いて!」「それって難しいよね」
のようなちょっとした雑談ができる空間です。お気軽にお越しください。



posted by Higashiyama Center at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

若者文化市準備その2

連日の創作が続いています。
少しずつ形になってきて、スタッフのイメージがわかってきました。
言葉で説明を聞いていたのと、形で見るのでは大違い。
みんなお互いの創作物を見ては、なるほど〜と言ってます。
まだまだ途中ではありますが、一生懸命頑張って取り組んだ成果は
見えてきています。

180218_3.jpg 180218_6.jpg 180218.jpg

大きなオブジェを作るチームは交代しながら作業を進めています。
空間全体の雰囲気を変えようと、大きなタペストリー?的なものを
作ったりもしています。

180218_4.jpg 180218_2.jpg 180218_5.jpg

1週間をきり、焦りながら、でもこだわりを持って取り組んでいます。

posted by Higashiyama Center at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする